MacBook Pro

我が家のMacBook Proの出身地の話

 

長年使っていたパソコンが、いかんせん動きが怪しくなり。
とうとう、新しいパソコンを購入することになりまして、という話を前に書きまして。

あわせて読みたい
我が家にMacBook Proがやってくるまでの話。 長年使っていたノートパソコン、いかんせん動きが遅くなり。 大量に撮りためただけの写真を一生懸命整理したものの、どうにもこう...

前回は、注文したところまで。

注文した3日後に、「お客様の商品は配送中です」というメールがApple Storeからきました。

あれ、一週間後にお届け予定だったのに早いじゃない、早いじゃないとウキウキしながら、よーくメールを読んで見れば
お届け予定日は4日後、注文から1週間後。
つまりApple Storeの店員さんが言っていたのと同じ予定日数。

おや?

配達伝票番号が書かれていたので追跡してみると

海外で荷物をお預かりしました。

海外で?荷物を?????
担当店名が中国の深セン。

1分半ほど思考停止。

なるほど。

お届けは約一週間後です、という店員さんの言葉を聞いて、勝手に「あぁお盆休みだから?」なんて思ってた私がアホでした。
うちの子、中国から遥々送られてくるんだ……なんてこったい。
そんな遠くから来るとは。

メモリを通常の8GBから16GBに&USキーボードにカスタマイズしたからみたいで。

 

 

わーい!翌日には日本へ向けて出発!!
そこから毎日5回ぐらい進捗をチェックするも全く動きがなく。

出荷から3日後。

 

 

ついに日本への上陸を確認!!

待ち望んだMacBook Proを配達の人が持ってきてくれたのを見て「ち、小さいし、厚みも想像してたよりもない」と。
「本当に入っているのかな?」と心配になりつつ受け取りました。

 

ダンボール箱を開けると、そこにはもうこの箱が。

 

箱はMacBook Pro。

大丈夫かな。

 

入ってた〜〜〜!!!(当たり前)

本体の下には電源ケーブルと

 

電源本体が。

どこで本体を撮影しようかな、とりあえず蓋を開けてみよう。

へー、画面に薄紙が貼ってあるんだな、えーっとカメラ、カメラ……

カメラを手に振り向くと、

 

もうMacBook Proは1人で作業を開始していました。

まだ写真をとる準備してなかったのに、あわわわわ。
もう少し感動の対面を楽しもうと思ってたんだけど、思ってたけど、仕方ない。
途中で「日本語で使用する場合は日本語を選んでください」みたいに喋りだすし。びっくりした。

その後、移行アシスタントなるものを使用して今まで使っていたパソコン(Windows)からデータを移行しようとしたものの。

無謀にも、すべて丸ごと移行しようとしたため移行に約75時間かかるよ、みたいな表示が出まして。
それでも、新しいパソコンに舞い上がっていた私はポチっと移行開始ボタンを押しまして。
途中で、やっぱり80時間かかるかな、いややっぱり87時間51分かも、みたいな表示を見ているうちに正気に戻り。

最小限にしよう、と。メールだけにしようと。
そしたら2分で移行完了。

写真は、Amazonプライムに加入していると追加料金無しで使えるAmazonDriveという写真を預けられるサービスがあるので、そちらへ入れて必要であれば新しいパソコンへコピーすることに。

 

音楽はiTunesで管理してるから、きっとパパパっと移行できるに違いない、楽勝だ楽勝だ、と思ったら何だか訳がわからないことに。
iPhoneにパスワードが配信されて、それを入力するんですけどどうにもこうにも受け付けてもらえず。


結局、その日は断念。

翌日、なぜか簡単にiTunesへ入れまして。
よく分からない。結局、よく分からないんですけど。
もしかしたら、最初の入力が”ひらがな”設定になっていて、それで変になったのかな、うーん。謎。

とまぁ、初日から課題山積みのMacBook Pro生活が始まったのでした。
ちょっと後悔。私にはハイスペック過ぎたんじゃないか。

否、完全にハイスペック、と。

この後も、トラックパッドでつまづいた話(使いこなせない話)、Blue-rayはどうしたら見られるんだ?ってつまづいた話、いやぁでもやっぱり買ってよかったなと思った話などを書いていこうと思います。

 

あわせて読みたい
MacBook Proにキーボードカバーをつけた話 MacBook Proを購入し、電源の入れ方と切り方が分かったところで次に思ったのは 「キーボードが汚れる前にカバーをつけたい...

 

 

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。