文房具

mtと私が出会った話

 

もう数ヶ月も前の話なのですが。

マスキングテープが好き、マスキングテープが好きなんだ、大好きなんだ、って話を友人にしていたら、

「こんなムック本があるらしいよ」と教えてもらいました。

まったく知らなかったので、いやぁ、自分の好きなことは言っておくものだなぁ、とつくづく思いました。ありがたい。

mt SPECAIL BOOKには豪華特別付録が

40ページまるごとmtの話、そしてなんと。
マスキングテープ豪華7点セットが特別付録だったんです。

幅の広いものは購入したことがなかったので、どこへ使おうか楽しみ。
今使っているノートがシンプルなので、ノートに貼ろうかな。
丸いシールはmt CASA sealといって、窓ガラスや壁などに貼って使うこともできるそうです。すごいなぁ、使いみちが進化している。

mtのサイズは、3ミリ、6ミリ、9ミリ、15ミリ、20ミリ、25ミリ、30ミリ、35ミリ、45ミリ、50ミリがあるそうです。
そんなに種類が多かったとは。

DIYにも使えるものは460ミリというのもあるようで。

mtの工場では一日に約5万巻ものmtが生まれているというから驚き。
そして、今や20カ国以上に出荷されていると。凄い。
各国限定のものとかあるんでしょうかねぇ。

本では、マスキングテープの様々な使い方も紹介されています。

傘の柄に、キーボードのキーに、携帯に、開封した食物の封に、手帳に、壁にポストカードを貼るのに使ったり。

mtのマスキングテープが透ける性質を利用し、重ねて貼るとオリジナルの柄が楽しめるとか。うむむ、それは上級っぽい。まだ私はやったことがなくて。
ブックカバーと栞もいいなぁ、試してみよう。

mtの歴史と、初めて商品化されたもの

mtを作っているカモ井加工紙さんが、元はハエ取り紙を作られていて、その後に塗装などで使う工業用のマスキングテープを製造。

そのマスキングテープに色をつけたり可愛い柄をつけてmtというブランドがスタートした、というのはなんとな~く知っておりました。

mtが発売されたのが2008年とのこと。
へー、もっと前からあるのかと。

で、一番最初に発売されたmtの商品が紹介されていて……
待って!待って!!それ、うちにある!!!

そうそう、10色入りの【明るい色】の方を買ったんでした。もうひとつは【渋い色】の10色セット。
忘れもしません、渋谷にある東急百貨店(渋谷駅に近い東横店)に入っている伊東屋さんで偶然見つけたのでした。
本当は【渋い色】も欲しかったのですが、さすがに使い切れないだろうな、と。

だいぶ使ってしまって。(いや、10年経過してる割には使ってないですかね??でも、どこか使うのもったいないって思っている自分が)

そうですか、これが最初だったんですねぇ。気づいていませんでした。
そうかぁ、まったく使わずにとっておいたら将来お宝になったのかも?!?!

今も【明るい色】10色セットは販売されております。

次に目指すはmt lab.

私は主に文房具用のmtを購入しているのですが。
気がつけば、壁紙用、梱包にも使える強粘着タイプと色んな用途に使えるように開発を続けていらっしゃるのも素晴らしいなぁ、と。

そしていつか、蔵前にあるというmt lab.に行ってみたいなぁ。
こちらは予約優先で、2時間毎の入れ替え制とのこと。
店内には300種類ほどのマスキングテープや、限定テープ、量り売りなどなどがあるそうです。
間違いなく興奮しそうな感じ。

今年5月までは予約優先制だったそうですが、営業時間内に自由に出入り可能になったとか!やっほう!!

とか書きつつも、オンラインショップ販売限定テープに目が釘付けになる始末。

危ない、危ない。

 

マスキングテープの新しい使いみちが見つかりました!!

あわせて読みたい
私がバレットジャーナルもどきで使っている文房具先日、バレットジャーナルについて書きました。 http://syuzyu.com/2018/03/11/2018-03-11-bu...

 

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。