機械もの

Anker Soundcore 2を、もう1つ購入しようか悩んでいる件

ずーーーーっと欲しい物リストに入っていたAnker Soundcore 2。

えいや!と購入しました。もっと早く購入すればよかったし、2台あったらもっと素敵なんじゃないかと思う今日この頃です。

ちなみに、耳がいいわけではないので重低音がどうとか、そういう立派なことは書けませんのであしからず。

 

 

Anker Soundcore 2の仕様

仕様は予告なく変更されることがあるそうです

2021年7月時点

サイズ 約168 x 47 x 56mm
重さ 約414g
防水規格 IPX7
Bluetooth規格 V5.0
動作範囲 20m
充電時間 約3時間
再生可能時間 最大24時間(音量や内容によって異なるそうです)

 

防水規格については、【解説】防水・防塵性能を表すIPコードって? 規格の読み方やスマホ使用時の注意点などを説明しますが分かりやすかったです。

本体・付属品

ANKERのスピーカー

本体と、説明書と、充電用ケーブルが入っていました。

 

裏面

ANKERのスピーカー

充電ケーブルをさす場所

充電ケーブルさすところ。隣の丸いところはSoundLine AUXケーブルさすところらしいです。ちなみに、SoundLine AUXケーブルは別売りとのこと。

ANKERのスピーカー ANKERのスピーカー

操作パネル

 

ANKERのスピーカー

すごい好きなんです、ここ。古代文字みたいな、いや、全然違うけれど、普通に左から電源、音量(小)、再生/一時停止、音量(大)、Bluetoothだけど。

なんか、カッコいいデザイン。

一番左の白く点灯してるのが満充電とのこと。到着時、すでに満充電だったのですぐに使えて嬉しかったです。

赤の点灯は充電中、赤の点滅は要充電のサインとのこと。

なお、バッテリーの寿命を長く保つために、少なくとも45日に一度満充電してください、と説明書に書いてありました。

 

ANKERのスピーカー

 

説明書に”雷雨の激しい時はご使用を控えてください”と書いてあって、ほほー、そうなんだ気をつけよう。

電源オン/オフ

 

電源ボタンのアイコン このマークをクリックするとオン
このマークを1秒間長押しでオフ

 

Bluetoothペアリング

1.SoundCore2の電源を入れる

2.接続したい機器とSoundCore2を1m以内に置く

3.ブルートゥースのアイコン 1Bluetoothボタンをクリックするとペアリングモードに入る(その際、青いランプが点滅)

Bluetoothボタンを2秒間長押しすると、現在接続している機器とのペアリングを解除。再度ペアリングモードに戻る。

SoundCore2の電源を2回め以降に入れた時、自動的に最後に接続した機器と接続するため、青いランプが点灯しています。

例えばiPadと繋いで聞いていたけれどiPhoneと繋ぎたくなった場合は、Bluetoothボタンを長押しして、ペアリングをやりなおすということですね。

音楽の操作方法

 

再生ボタンのアイコン  クリックで再生/一時停止。ダブルクリックで次の曲
プラスのアイコン マイナスのアイコン 音量アップ/ダウン

 

気になる点

ホコリがつきやすい、かも?

操作面がツルっとではなく、しっとり?してるので。

多少ホコリがつきやすいかも、と思います。目視ではそんなに気にならないのですが、写真を撮ると「あ、ホコリ目立つな」みたいな。

 

電源ON/OFF時に音がでます

ON時にはブワァアアアア、ポン!みたいな音が。

OFF時にはジュウゥゥゥゥン↓みたいな音がします。

いや、個人の感想なので。たぶん、違うと思う。もっと素敵な音です。

ただ、ちょっと最初びっくりしました。起動時の音が大きかったので。

あと、ペアリングしたときも音がでます。ポポポン!みたいな。

 

重さも大きさも、自分の置きたかったところにピッタリだったので大満足。

1つでも十分だけれど。2つあったら左右においてもっと迫力ある音を楽しめそう。サマージャンボ宝くじ購入して当たったら買おう!

いや、宝くじ購入しないで(いつも300円しか当たらないから)即SoundCore 2を購入したほうがいいのでは?という気もしてきました。

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です