邦画ドラマ

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』3話のネタバレと感想

綾瀬はるかさん演じる刑事と、高橋一生さん演じる殺人犯の魂が入れ替わってしまったドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』。

ここでは、日高=外見は彩子、彩子=外見は日高、ということで書き進めていきたいと思います。

 

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』1話のネタバレと感想

ドラマ『天国と地獄〜サイコな2人〜』2話のネタバレと感想

 

予告

 

 

公式ホームページ&ツイッター

 

 

登場人物

役 名 役 柄
警視庁
望月 彩子
(もちづき あやこ)
警視庁捜査第一課の刑事。正義感が強く、あだ名は”ベッキー望月”。しかし第1話で殺人犯の日高と魂が入れ替わってしまう。
八巻 英雄
(やまき ひでお)
彩子の後輩であり、バディ。定時で帰るの大好き。彩子から”ゆとりハチマキ”と呼ばれている。
河原 三雄
(かわはら みつお)
警視庁捜査第一課の主任。彩子の先輩。どんな手を使っても犯人を捕まえるタイプ。セクハラ発言も多く、彩子からは”セク原”と陰で呼ばれている。
幅 健太郎
(はば けんたろう)
河原のバディ。河原を尊敬し慕っている。
五十嵐 公平
(いがらし こうへい)
警視庁捜査第一課・管理官。やらかしたことのある彩子には事件を担当させたくない。
十久河 広明
(とくがわ ひろあき)
警視庁捜査第一課長。
新田 将吾
(にった しょうご)
警視庁鑑識課。
コ・アース
日高 陽斗
(ひだか はると)
創薬ベンチャー企業「コ・アース」の代表取締役社長。しかし第1話で刑事の彩子と魂が入れ替わってしまう。
五木 樹里
(いつき じゅり)
日高の秘書。日高とは大学の同級生。
富樫 義貴
(とがし よしたか)
営業取締役
彩子の知人関係
渡辺 陸
(わたなべ りく)
彩子の同居人で家事を引き受けている。日雇いの派遣清掃員。って公式ホームページに書いてあるけれど、便利屋もやっているようです。
湯浅 和男
(ゆあさ かずお)
陸のアルバイト仲間。陸から”師匠”と呼ばれる清掃のプロ?

 

第3話のネタバレ&感想

日高のマンション

彩子に”ゆとりハチマキ”と呼ばれている八巻が、彩子と日高の魂が入れ替わったことに気づいたことで終わった第2話。

第3話は、その続きからです。

日高が”太陽と月が入れ替わった話”をしていたと八巻から聞いた彩子。洗面所の下からダンボールを持ち出すよう日高から言われた時、そのなかに奄美大島行きの飛行機のチケットの半券が入っていたことを思い出します。

八巻はスマホで奄美大島の『太陽と月が入れ替わった伝説』というページを見つけたようです。

『太陽と月が入れ替わった伝説』

知ってますか?本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだったんです。でも、太陽がシヤカナローの花を盗んだからーー。
月は月に、太陽は太陽になってしまった。2つの星の運命は入れ替わってしまったんです。

ある夜、まだ、ただの星の子でしかない”月”と”太陽”が一緒に眠っていました。

「今夜、どちらかの腹の上にシヤカナローの花が咲いたらそっちが昼に輝く星になろう。咲かなかった方が夜を照らす星になろう」と”月”と”太陽”はそう約束しました。

 

この伝説から言えば、シヤカナローという花があれば入れ替われるのでは?って話してる八巻を横目に、さっそくスーツケースを出してきて奄美大島へ行こうとする彩子。

ですが、日高の革手袋が見つかり、日高の指紋&殺害された被害者のDNAが出てきたら自分が捕まってしまう。しかも、日高の裏をかこうとしたことがバレて殺されかけた自分のために日高が手袋を証拠隠滅するとは考えられない、と。

こうなったら、警察より先に日高の革手袋を入手し(というか、証拠をかっさらい)、魂が元に戻ったらそれを証拠として日高を捕まえよう!と意気込む彩子。

証拠品を盗んだのがバレたら一発で免職だから、やりたくないという八巻。

「それぐらいバレないようにできるでしょ。いやってぐらい犯罪者見てるんだから」

いやいや、そういう問題では。

「バレますよ〜。周り全員刑事なんですよ」

確かに、八巻の言うことが正しい。

じゃあ、河原が証拠品として回収した手袋をすり替えよう!という彩子。

生き生きと喋る彩子に「なんか、懐かしいなぁこの感じ。いやぁ、日高がINした望月さんって綺麗で上品で、どうも望月さん感 薄くて」とか言っちゃう八巻。

「さっくりディスられてる私」とボヤく彩子。

どこのブランドのものなのかは自分が探ってみる、という彩子ですが、「でも、どうやってブランドを確認するんですか?」、「でも本人が本人の持ち物のこと聞くって」と、でもでもいう八巻。

「このままだと私は殺人犯として捕まるの。殺人犯を捕まえようとしただけなのに殺人犯にされるという世紀の冤罪が誕生するの。しかも真犯人は刑事になってやりたい放題。自分でぶっ殺して自分で捜査して一生捕まらない。そういう事態にだってなりかねない」

八巻のネクタイを、ぐいぐい締め上げながら喋る彩子。

映ってはなかったけれど、八巻が彩子に手を緩めるよう彩子の手を叩いていた音が最後に入っていたような?!

地下鉄

自分の携帯電話で”カーキ 革手袋”で検索する彩子。

すると、「手袋のすり替えでもするつもりですか?」と声をかけられます。まさかの日高とバッティング。

「手袋のブランドお教えしましょうか?」と言い出す日高に、「新しいのを買おうと思っているだけですよ。誰かさんが捨ててしまったもので」と返す彩子。

「おっ。何か言い方が私っぽくなってきましたねぇ」と茶化す日高。

ここで、第2話の最後で証拠品の革手袋(左手だけ)を道端で拾い上げた少年のシーン。少年は手袋を持って駆け出していきます。

コ・アース社

出社し、秘書の五木に自分の手袋のブランドを聞く彩子。なぜ自分に聞くのか?と不思議がる五木。そりゃそうだ。

警察

河原と幅は、日高には自宅から押収された手袋の他にカーキの手袋があることを上司に報告しています。

なんと、日高が行くカフェの店員などからカーキの手袋のことを証言してもらったとか。ひー。私、自慢にならないけれど、人様の持ち物とか覚えてないタイプなので。自分がカフェの店員でも、絶対証言できないなぁ。

そして、日高がトラックの上に手袋を落としてしまったこと。(本当は、彩子に問い詰められるのをかわそうと、わざと落としたんだけれど)

小岩まではトラックの上にあった革手袋が、宇都宮市ではなくなっていることから、この間に手袋が落ちたこと。この証拠がでれば、一発解決ということで各所に応援要請を頼むことになりました。

捜査協力依頼書の日付は令和3年2月1日。

ものすごい人数が動員されています。

八巻は、さっそく彩子に報告。彩子は、革手袋が”デンツのバイカラー”ということを突き止めたようです。しかし、カーキは現在販売されていない、と。

日高の秘書には、タグを切ってしまったと言ったら、速攻で調べてくれたんですって。仕事できるー!!

そして八巻に中古で同じものを購入するように指示します。中古で13,500円。八巻、すっかり巻き込まれています。

鑑識課

河原は集まった手袋を持って鑑識課へ。

そこには、なんと日高の姿。これから忙しくなるだろうから新田を手伝おうと思っているのだ、と河原に説明します。

河原は、手袋を回収できなかったミスを隠そうとしてるんじゃないか、と彩子(中身は日高)を疑っているようです。日高は、証拠品として集められた手袋はデータに残るから自分が抜くことはできないし、日高が手袋をしているのを夜に遠目にみただけで、どの手袋かは分からない。すり替えることもできないのだ、と。

その話を隠れて聞いていた八巻。河原に見つかってしまい、怪しげに笑う日高。

八巻は、日高が自分で手袋のすり替えを目論んでいるのではないかと彩子に電話で報告します。いや、もう、ドキドキですよ。

八巻、殺されちゃうんじゃないかと思って。大声で、べらべら喋ってるから、本当に心配。

八巻は、日高がやってくれるなら自分は何もしなくていいんじゃないか、と嬉しそう。しかし日高が証拠を回収したら、日高を逮捕できない!と彩子に言われてしまうのでした。

小学校

机のなかのものを全部出して、整理整頓しようと呼びかける教師の声。

手袋を拾った少年は、手袋の存在を忘れていたようです。

 

捜査要請から9日経過

もう出てこないだろう、と安心している八巻のところへ幅が3つほど手袋を持ってきます。

そのなかの1つに目を留める八巻。

西松山交番で回収したデンツカーキ革手袋・左。届出者は二見洋平(10歳)となっています。

慌てて自分が取り寄せた手袋と、こっそり照合する八巻。新田も日高も見ていないことを確認し、証拠品と中古品を入れ替えました。日高が手袋を確認すると、すぐに自分のだと分かったようです。

しかし、ラベルには”左”と書かれているのに、実際には右手の手袋が入っている、と新田に言う日高。やーまーきー!!!間違えちゃったようです。

新田は「ラベルの書き間違いじゃなーいー?」なんて軽く答えてます。「そうですね」と答える日高。安堵する八巻。そんな八巻を横目でこっそり見ている日高。

 

夜道

電話で彩子に手袋を回収できたと報告する八巻。だから、だから、証拠品の手袋を堂々と掲げながら喋らないで、ハラハラするから。後ろから襲われるんじゃないかと、ハラハラしちゃうから。

八巻は、日高がすり替えたことに気づいてないか心配しています。

「何?何かミスったの?」と鋭い彩子のツッコミに「ミ、ミスとまではいかないと思うんですけど」

右と左を間違えただけだもんね、うん。えーーー?!

日高から着信があったので、八巻との電話を切る彩子。っていうか、日高の登録”ひ”だけにしてる彩子が面白すぎる。まぁ、証拠が残ったら困りますものね。

彩子はマンションの屋上で話をしているのかな?

日高は手袋が回収されたが、自分のものではなかったこと。しかし同じブランドで、期間限定で生産されたものだからかなりな偶然だという日高。

彩子の反応を探ってますねぇ。驚いたふりしたり、一応は演技する彩子。

「あなたがすり替えたんですよねぇ?」と、いきなり核心をついてくる日高。自分にすり替えは不可能だ、と答える彩子。

「無理なんですよね。内部に協力者でもいない限りは」という日高。しかし、ラベルには左と書いてあったのに、中に入っていた手袋は右手だったことも彩子に伝えます。

八巻が、さっき言ってたのはこのことだったのか、と思い当たる彩子。警察は、結構ずさんなところあるから、という彩子の無理やりな回答に、一応は納得したふりをする日高。

電話を切ってから「絶対バレてんな」と独り言を言う彩子。

 

奄美大島

彩子は奄美大島で、シヤカナローについて学芸員?に聞いています。しかし、伝説だからよく分からないと言われてしまいます。

ふと展示された写真に目をとめる彩子。その下には、丸い石が展示されています。まさに、日高が凶器に使った、あの丸い石と同じような石。

彩子は、その石が取れるという海岸へ。

どこかで見たような光景だと思う彩子。1話の最初のシーンですよね、夜の海岸に立っている夢を見たときの光景。

足元の丸い石を拾い上げつつ、凶器は捨てたほうがいいのは分かっているがどうしても捨てられない、と言っていた日高を思い出します。

そこへ「ダメだよ持って帰っちゃ!悪いこと起こるよ持ってると」と地元の男性に声をかけられます。昔から、ここの石を持っていると呪われるという噂があるそうで。慌てて石を放り投げる彩子。

 

捜査本部

田所さん殺害事件に、新たな容疑者が浮かび上がったという報告がされています。

後藤文弥、29歳。エンタープライスデンデン千住店アルバイト。前科あり。傷害罪。

なるほど、田所さんが経営していたパチンコ店のアルバイトさんなんですね。可哀想に。日高が犯人なのに。

革手袋が出てこないことから、応援要請は取り消されることになり。しかも日高は捜査線上からはずれることになりそうです。

奄美大島の民宿”あま風”(かな?)

ホテルで大浴場に入ろうとした彩子。

やってしまいました、またも女性風呂に入ろうとしてしまい(前回は女性トイレに入ってしまった)。経営者から注意を受けてしまいます。

今回は通報しないけれど、という経営者にしおらしくしている彩子。

ふと、壁に宿泊者たちの写真が貼っているのが目に入る彩子。なんと、そのなかに1人で写っている日高の姿!

自分の写真を指差しながら、「この人、ここに泊まったんですか?」と言われ、「これ、あんたじゃないか」という経営者。そりゃそうだ。事情を知らない人から見たら、そうなるよね。

そこで彩子は、最近頭を打ってしまい記憶の一部がないととっさに嘘をつきました。

経営者は、可哀想に、だからボーッとして女湯に入っちゃったのか!と勝手に辻褄を合わせてくれます。

彩子は、なぜ自分はここに来たと言ってたか覚えてないか?と。一生懸命思い出そうとする経営者。そして緋美(あけび)という集落へ行くと言っていたことを思い出します。

そこへ八巻から電話が入ります。手袋に関する捜査協力が打ち切られたことを報告。

彩子は、八巻が右と左を間違えたことを指摘すると八巻は「大丈夫です。そこはもう乗り切ってます。大丈夫です」と答えるのでした。

彩子は日高の反応はどうだったのか?と聞くと、日高も一応人間だから、自分が犯罪者になる姿は見たくないのではないか、と答える八巻。

さてはて、日高を信じていいのか……思い悩む彩子。

捜査一課

パソコンに向かい地道に手袋を捜している河原。

まだ諦めていないのか?と声を掛ける日高に、お前がすり替えたかもしれないしなぁ、と答える河原。そして、すり替えたとしても手袋は2つあるからな、まだこの世のどこかにもう一つあるはずだ、というのでした。

 

捜査一課

お昼のお弁当を食べている日高。

「八巻さん。私、今まで卵焼きは薄味のだし巻きが好きだったんですよ。それが何だか全然美味しいと思えなくなって…何でだと思います?」と話しかけます。

八巻は「味覚は体に引っ張られるから望月さんの好みになるっていうか」。

やーまーきー!!!ペロって答えちゃってるけど、それ、自分は入れ替わりに気づいてますって宣言してるのと同じだからーーーー!

「ああ、やっぱりそういうことなんですかね」と答える日高。やっぱり、は、彩子の協力者は八巻なんだな、ってことも込みで喋ってますよね。こわいー。

もぐもぐしてた八巻。「んっ?えっ!今、俺、何か言いました?!」

何も答えない日高。

そこへ幅が嬉しそうに日高に駆け寄ってきて「望月さん、ありました。日高の手袋見つかりました!」と。

どうやら日高は幅に電話をして、インスタグラムには片手袋ばかりを集めたハッシュタグがあるから、ダメ元でそれを見てみたらどうか、と提案したようです。

#片手袋の世界

投稿数100件以上とか。

そういえば、トム・ハンクスさんって片手袋の写真をツイッターにアップされますよね?!

ま、それはさておき。

”すごくアートな感じだったのでついシャッターを押してしまった”というコメントとともに、手袋が写っています。ハッシュタグには、#埼玉と栃木の県境、なんていうのも見えますね。

幅は撮影者に連絡を取り、写真を撮った現場に連れてってくれることになったそうです。

河原は、本当にそれを教えたのか?と尋ねると「これで少しは信用してくれますか?」と答える日高。 胡散臭い感じがしている河原でしたが「望月、これが本当だったら全部チャラにしてやるよ」と言って出掛けていきました。

日高(中身は彩子)が捕まってしまうと焦る八巻。手袋が証拠となり日高が捕まれば自分たちが手袋を見失ったことを咎められないから「こんなにおめでたいことないんじゃないですか?それとも…何か私が知らないまずいことでも?」と笑顔で言う日高。

こーわーいー。

奄美大島 緋美集落

経営者から聞いた緋美集落へ行ってみる彩子。しかし、そこには朽ちた小さな船や草地が広がるだけのなにもない場所。

シヤカナローっぽい花もなく、ここに日高は何をしに来たんだろう?と訝しがる彩子。

そこへ民宿の経営者が声をかけます。彩子はシヤカナローの花は、今は何て呼ばれている花か知らないか?と尋ねます。

経営者は「勝手にサガリバナなんじゃないかと思ってる」と答えます。

けれども、サガリバナは夏しか咲かず冬にはないのだ、と。

 

捜査一課ロビー

河原が手袋を回収してきました。待ち構えていた八巻でしたが、当然手袋は渡してもらえずすぐに鑑定へ。

日高の指紋と99%マッチ。

ここから先は科捜研の仕事だから手袋には触れられないという新田。日高は科捜研でも手伝っているようで、白い白衣を着て仕事をしています。

 

日高のマンション

奄美大島から帰ってきた彩子が八巻と電話しています。

もう1つの手袋が見つかり、日高の指紋が検出されたこと。明日、被害者のDNAを鑑定するので科捜研に回されたことを知る彩子。

日高が何かしようとしているのでは?と聞きますが、手袋をインスタグラムで探して見るよう教えたのは日高で、河原に恩を売って自分の点数を上げ、彩子を逮捕させるのが最初からの目的だったのではないか、という八巻。

彩子は科捜研に忍び込んで取り替えられるのではないか?と言いますが。出てきた手袋は右、八巻が持っているのは左の手袋しかないのだ、と。

「バカ、じゃあ盗んじゃってよ。それならできるでしょ」「だから周り全員刑事なんです」

でました、本日2回目の「周り全員刑事なんです」。

自分が捕まってしまってもいいのか!左右を入れ違ったのは八巻のミスだ!と叫んでから、冷静になって謝る彩子。親切で手伝ってくれてるだけなのに、という彩子。

「明日の朝一番でやってみます。手袋入れ間違えたのは僕のミスですから」

しかし、手袋から試料が採取されたあとだったらどうすることもできない、その時は本当にごめんなさい、という八巻。

うっ。八巻。そこまで危険を犯して。うっ。

自分では何一つ動くことができない自分への無力感と同時に、もしかしたら日高が何か手を打ってくれてるんじゃないかと期待してしまう自分への愚かさに苦しむ彩子。

歩道橋

「どうしたもんですかねぇ、これから」と呟く日高。

ふと歩道橋の脇にある壁に「4」という赤いペンキで書かれた数字を見た日高。「し…」と怯えたように呟くと、φの文字や、あの漫画の少年?がフラッシュバック。

「そうですか、終わりじゃなかったんですか」

空に月はありませんでした。

 

彩子のマンション

彩子の夕飯にラップを掛けている陸。

そこへ”便利屋りっくん”のホームページに仕事の依頼が入ったと通知がきました。

日付は2月12日 金曜日の23:32。

 

日高がマンションへ戻ってきました。夕飯の横には、陸のメモ。

”バイト入りました。帰りは朝になります。夕飯、あっためて食べてね”

それを見て「ラッキーですね、これは」と呟く日高。

ペットボトルの水を一気飲みする日高。
日高が見た赤いペンキで書かれた4を消す陸。

こんな偶然ありますかね?

日高は陸が便利屋をやっているの知ってますよね。もしかして、日高が身元を隠して陸に頼んだ??

陸がペンキを消していると、湯浅が現れ「何してんだ?」と声を掛けます。振り向く陸の顔が怖いんですけど?!何か、怯えてる感じ?!?!?!

科捜研

朝一番で八巻が手袋を盗もうと科捜研へ行くと、扉の絵で河原が寝ています。

うわー、万が一のことを考えて徹夜してたのかなぁ。

そして鑑定が始まってしまいました。扉の外でガッカリする八巻。

 

日高のマンション

パスポートを手に、高跳びを考える彩子。

ちなみに日高の生年月日は1982年9月13日。パスポートのサインは漢字。有効期限は2028年の2月11日まであります。10年パスポートなんですね。

そこへ八巻から電話が。

被害者のDNAは不検出。手袋から採取された試料がバクテリアに分解され検出できなかった、と。科捜研の人によると、そういうこともあるらしい、と。

安堵する彩子。

もしかして、日高が細工したのではないか?と言い出す八巻。手伝うふりをして、どこかでバクテリアを混入させたのでは?と。

何かを試料に吹きかけている日高。

「日高って化学屋だしきっとこういうこと詳しいですよね。あえてわざと(手袋を)探させて、結果を潰すことを狙った、とか?」

さすがにそれはないんじゃないか、という彩子に、納得する八巻。彩子が八巻にお礼を伝えると、もとに戻って手柄取る時は絶対に僕との連名ですからね、という八巻。

日高は、本当に自分を救ってくれたんだろうか?しかし、日高の犯した罪は罪として裁かれるべきだ、と思う彩子。

 

そこへ日高から動画が送られてきました。

 

捜査一課

ホッとした表情で戻ってくる八巻。

すると、目黒区の東原町で殺人が起こったことを知ります。しかも、七番町デンデン社長宅殺人事件と同一犯の可能性が非常に高い、と。

「同一犯って…」とショックを受ける八巻に、後ろから「おはようございます。何かあったんですか?」と笑顔で話しかける日高。

 

日高のマンション

日高が送りつけてきた動画には、日高(外見は彩子)が殺人を犯している現場の動画が。

天井から逆さ吊りにされている人の姿。その人物は、ゴルフ場を作って大儲けしたから「頭全体をゴルフボールみたいに凸凹にしちゃいたいと思いま〜す」

いやいや、何かお菓子作るような感じで言われても。

ゴルフクラブで何度もその人物を殴る日高。

そして「あなたには一応、お伝えしておいた方がいいかと思いまして。これでもう元に戻ろうが戻るまいがあなたも殺人犯。どっちでも同じになっちゃいましたね。あなたは私で、私はあなたです。どうかお忘れなく」

顔に血しぶきが飛び散ったまま、笑顔すら浮かべてそういう日高。

ショックを受け、日高の目的が分からない彩子。

そこへインターホンが鳴り……。

彩子のマンション近く

陸は徹夜になってしまったようです。

マンション近くへ帰ってくると、ちょうどゴミ収集車が。慌てて自分の家(といっても、勝手に彩子の家に居候しているのですが)で出だしたゴミ袋だろうと思われるものを開け、ゴミを捨てようとする陸。

しかし、ゴミ袋の中から見えたのは血の飛び散った白いビニール(防護服)。「これ何なの。彩子ちゃん…」と呟く陸。

 

第3話の感想

果たして、日高が「終わりじゃなかったんですか」と言った意味とは?

4とは??

そういえば、第2話で彩子が見つけた住所と名前だけが書かれたリスト。

下から2番めに、四方忠良 東京都目黒区東原町3−7−17の人がいたなぁ!!4って四方の四?!

で、誰があそこに数字を書いたのか?

リストは日高が作ったものじゃなくて、誰かが日高に指示しているのか?

指示してるんだとしたら、デンデン社長の田所さんを殺害するときの数字は何だったのか??

田所仁志 (1人目の被害者)
志知由美子
柳楽健一
戸塚登
市川学
藤島悟
久米正彦
大山美里
四方忠良 4(2人目の被害者)
宍戸直樹

いや、数字じゃない可能性もあるのか。

四方さんは4だったけど、田所さんは田とか??それとも、田所仁志さんの仁の右側に二が入っているから2とか?!?!?!?!?!?!

上から三番目の柳楽健一さんだったら1になるのか?!?!?!??!??

いや、絶対違うな。

そもそも、このリストには3年前に殺害された一ノ瀬正造さんの名前がないしな。

 

でもって、陸の師匠・湯浅が登場したのは偶然なのか??

日高が奄美大島に行った目的は??

まだまだ謎が多いのでした。

それにしても、彩子が裏切らないように彩子の体で殺人をするってのが、また、もう恐ろしい。裏切らないだけでなく、日高には殺さなければいけない事情があったからとはいえ。どこまでも一蓮托生というか、足を引っ張る日高。

来週の展開も予測不能です。

 

 

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です