アニメ

アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」ネタバレ

アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」の流れを書いていこうと思います。第3話に続き過去のお話です。

 

アニメ『魔道祖師』第1話「禁断の召喚」

アニメ『魔道祖師』第2話「運命の再会」

アニメ『魔道祖師』第3話「出逢い」

 

 

公式ホームページ、公式ツイッター

 

 

どこで見られるのか?

Amazonプライム・ビデオのほかには、TOKYO MX、BS11、WOWWOW、ABEMAなどなど

オリジナル版と放送版があるらしい

 

 

個人的に、この情報を頭に入れたいと思います

相関図など

公式ホームページにはPDF版のスターターブックも用意されていました。

用語

自分が今まで見ていて分からなかった用語をまとめました。あくまで、個人調べなので間違っているかもしれません。五十音順です。

献舍(けんしゃ) 血で陣を描き、自分の命と引き換えに邪神などを再び世に復活させる禁術。

それによって召喚された者は、召喚者の願いを叶えないと呪いに身体を蝕まれて転生できない。

五大世家(ごだいせいか) 仙門のなかでも優れている5つの仙門

・雲夢江氏(うんむジャンし)

・姑蘇藍氏(こそランし)

・蘭陵金氏(らんりょうジンし)

・清河聶氏(せいがニエし)

・岐山温氏(きざんウェンし)

邪祟(じゃすい) 妖魔のこと??
紫電(しでん) 江澄のムチ。奪舎した者を紫電で打つと魂を取り出せる。
仙門(せんもん) 妖魔などを退治する仙師(せんし)たちが属する。仙師たちは、それぞれ属する仙門があるらしい。
縛仙網(ばくせんもう) 人や妖魔を捕まえられる網らしい。お値段が高いらしい。
夜狩り(よかり) 妖魔は夜に出ることが多いことから、そう呼ばれるらしい。
乱葬崗(らんそうこう) 夷陵にある無縁墓地

 

五大世家(ごだいせいか)

ホームグラウンド 家  紋
雲夢江氏(うんむジャンし) 雲夢・蓮花塢 蓮の花
姑蘇藍氏(こそランし) 姑蘇・雲深不知処 雲紋
蘭陵金氏(らんりょうジンし) 蘭陵・金麟台 牡丹・金星雪浪
清河聶氏(せいがニエし) 清河・不浄世 獣頭
岐山温氏(きざんウェンし) 岐山・不夜天 太陽

 

第4話あらすじ

 

第4話の登場人物

魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 江氏宗主の旧友の子供で、息子同然に扱われている。
江澄(ジャン・チョン) 魏無羨とは義兄弟。
金子軒(ジン・ズーシュエン) 蘭陵金氏(らんりょうジンし)の仙師。金氏の跡継ぎ。
藍忘機(ラン・ワンジー) 藍啓仁(ラン・チーレン)の自慢の弟子。兄と共に藍氏双璧と呼ばれている。藍湛(ラン・ジャン)、またの名を含光君(がんこうくん)。琴が武器。
藍曦臣 (ラン・シーチェン) 藍忘機の兄。

 

第4話「不穏な湖」の流れ

今日は座学ではなく、彩衣町(さいいちょう)という湖の近くの街へ来ているようです。羽根を伸ばしまくっている魏無羨。

 

美味しそうに氷を食べてますね。

「これぞまさに千載一遇。天の助けだ。石頭(藍忘機)は魔物退治。藍ジジイは清河聶氏(せいがニエし)の清談会(せいだんかい/会合のようです)に。幸運到来、邪魔者はいない」と嬉しそうに江澄に話している魏無羨。

「幸運?藍ジジイ(藍忘機の叔父・藍啓仁のことかな?)が戻ってきたら無事では済まないぞ。尻ぬぐいさせるな」

「へっ。お前、俺の尻ぬぐいなんて慣れっこだろ。それに先の心配なんかしてどうする。そのときに考えればいい。美しい景色に、濃厚で口溶けのいい”かき氷”もあるんだぞ、楽しまなくっちゃ」

可愛多氷品閣というお店にいるようです。実際に可愛多というブランドがあって、その会社とのコラボなんだとか。「可愛多 魔道祖師」で検索するとYou TubeでCMが見られるかも。

と思ったら。公式ツイッターで公開されました!

 

すると、何かの香りがしたようでクンクンと鼻を動かす魏無羨。「もち米の酒か!」と言って船を漕いで出掛けてしまいました。

橋の上には2人の男性。

藍忘機と、藍忘機の兄・藍曦臣。

 

なぜ彼らまで連れてきたのか、と兄に聞く藍忘機。

「江氏宗主の一番弟子(魏無羨)とご子息(江澄)は雲夢でも評判だ。決して遊ぶだけではあるまい。それに江氏の一番弟子に来てもらいたいとお前も思っていたのではないか?だから連れてきた」「ありえません」

お酒を探しつつ船を漕ぐ魏無羨に、売り子のお姉さんが新鮮な枇杷があると声を掛けます。「ありがとう、お姉さん。あとで寄らせてもらうよ」とよそ見をしていたら、別の船とぶつかってしまいました。

ぶつかった相手は金子軒。お酒を飲んでいたので顔にかかってしまったようで。

 

お酒を弁償するという魏無羨に、金子軒は断り「雲夢江氏(うんむジャンし)が寄り付かなければ、だ」と意味深なことをいいます。

「それはどういう意味だ」握りこぶしの魏無羨。魏無羨の姉弟子にあたる江厭離 (ジャン・イエンリー)は金子軒の許嫁なんですよね。

そこへ聶懐桑が仲裁に入ります。

一触即発な雰囲気のところに、また金子軒の船が揺れます。また魏無羨がぶつけてきたのかと怒る金子軒。すると水面下から聶懐桑に向かって水鬼たちが襲いかります。あちらこちらに出没する水鬼たち。先ほど魏無羨に声をかけた売り子のお姉さんも、水鬼に水面へと引きずり込まれそうになっています。それを助ける魏無羨。

水鬼によって船を傾けられてしまう聶懐桑を救ったのは藍曦臣。藍忘機は札を水鬼たちに貼り付け、一気に沈めました。逃げていく水鬼たち。

藍曦臣は聶懐桑は剣に乗れないだろうからここに残り、他の人達は碧霊湖(へきれいこ)へ向かうよう指示を出します。

碧霊湖

このアニメ、自然描写も美しいですよねぇ。

今まで彩衣町には水鬼が現れたことはないようです。湖に陣をしくと10数体の水鬼があがってきました。しかし彩衣町の人が水鬼になった訳ではないようです。通常は水鬼は命を落とした場所にいて、そこからは動かないとか。はて、ではこの水鬼たちはどこから来たのか?

「魏の若様と藍忘機から逃げるとは、相当凶暴な奴らだ」という兄上。

網だけでは捕らえられそうにない。風水の羅盤のように邪祟の方角が分かればいいのに、とぶつぶつ言ってる魏無羨。江澄は、また突拍子もないこと考えてるんだろう!と。

剣に乗るのも元々は突拍子もないことだし、それに碧霊湖は怨念が強くて水鬼だらけ。数体捕まえても拉致があかない。怨念を操って根絶やしにすればいい!と、懲りない魏無羨。

江澄は雅正集(がせいしゅう/3話で魏無羨が罰として3回書き写しを命じられた藍氏の家訓)を写しても懲りないか!と叱られます。慌てて自分の口を抑える魏無羨。

ふと隣を走る藍忘機の船を見る魏無羨。急に藍忘機の船の方へ自分の船を近寄せると、思いっきり舵で水面を叩きます。とっさに兄の船へと飛び移る藍忘機。

飛び移ったのを見届けると、藍忘機の船をひっくり返す魏無羨。どうやら藍忘機の船の下にはビッシリと水鬼がくっついていたようです。瞬時に水鬼を退治する藍忘機。

兄上が魏無羨に、なぜ気づいたのか?と聞くと、1人しか乗っていないのに船が異常に沈んでいたから船底が怪しいのではないか、と。

そして、藍忘機にワザとではなかったこと、水鬼はずる賢く藍忘機に教えたら逃げられるから、と。魏無羨に答えない藍忘機に、無視するなよ!とか言ってたら、藍忘機は右手をさっと上げて魏無羨を黙らせます。

ほどなく水面が荒れはじめました。

兄弟は刀を抜くと2人でクルクルと周りはじめ、魔物に青い光を放ちます。しかし、まだ攻撃を仕掛けてくる魔物。

魏無羨も刀を抜き、魔物に斬りつけると攻撃がやみました。

「いい剣だ。名前は?」と魏無羨に聞く藍忘機。「随便(ずいべん)」と答える魏無羨。

 

「剣には霊が宿る。無礼ではないか」と藍忘機が言うと、

「この剣は江おじさんから貰ったんだけど、いい名前が浮かばなくて。おじさんに考えてもらおうと思って適当に随便って言ってたら、おじさんまでそう呼んだ。鞘にも書いてある」

「ふざけてる」「どこがだよ。最高の名だよ。お前みたいな石頭をからかうにはな」

って余裕で会話している間に、2人の剣は共に魔物を倒すお仕事。

しかし、まだ完全に倒したわけではなかったようで。江澄の背後から、黒くて細長い巨大なひじきのようなものが水面下から襲いかかろうとします。

江澄、魏無羨、藍の若様たちの剣でやっつけます。助けられた蘇涉(スー・ショー)が藍忘機にお礼を言いました。

網を引き上げてみますが、かかったはずの水鬼がいません。そのうち、空が暗くなってきました。

すると今までとは比べ物にならないほど大きな怪物・水行淵(すいこうえん)が出現し巨大な竜巻のように暴れます。

水面に投げ出されてしまう蘇涉たちを救うのが先だ、という兄上。兄上と金子軒と江澄、魏無羨と藍忘機に分かれて救出に向かいます。

剣に乗り、なんとか1人を救出する魏無羨。しかし、しつこく黒い糸が魏無羨たちを追ってきます。江澄が上空から助けに来て、あと少しで手を掴んでくれそうなところまで来たのに魏無羨は黒い糸に絡まれ水面へと落ちていきます。

水底に沈んでいく魏無羨、遠のく意識。

しかし藍忘機が助けに来てくれました。

 

「藍湛(らんじゃん)、助けるのなら何で襟を掴むんだ。首が苦しいだろう」

「他人には触れない」「ふっ。もう親しい仲だろう。何が他人だよ」「馴れ馴れしい」

えっと、藍忘機は姓+字で、藍湛は本名であり家族や親しい人が呼ぶ名前なのですね。

魏無羨は姓+字で、魏嬰が本名。うー。どうにも、この辺が何回聞いても覚えられない私。

 

藍忘機が「兄上、水行淵は彩衣町の民を苦しめます」というと、兄上は「水行淵は退治が困難だ。一時的に碧霊湖に封じ込め、叔父上が帰ってきてから相談しよう」。

魏無羨は、水行淵は人を生贄にして育つ。しかし彩衣町の人たちは泳ぎが達者な人が多く、水行淵が育ったのはなぜかと不思議がります。別の場所から追い払われたのではないか、と。

どうやら、岐山温氏がこちらへ水行淵を追い払ったことが兄上には分かっていたようです。

 

陸に近づいてきたところで、命を助けてもらったお礼だと売り子のお姉さんが魏無羨に枇杷を投げてくれました。魏無羨は「ありがたくいただこう。美人さんの枇杷はすごく甘そうだなぁ」

「もうお兄さんたら男前な上に口も甘い」 隣では江澄が「またカッコつけやがって」とぶつぶつ。

魏無羨は「お姉さん、あそこの人も男前かい?」と藍忘機を指差します。

「お兄さんよりもねー!」と言われてしまう魏無羨。「じゃあ褒めてやって。(背を向ける藍忘機、顔を手で覆う江澄、微笑んでいる兄上)見てくれ、照れちゃって可愛いだろう。枇杷をやってくれる?俺だけがもらうと、あいつが嫉妬するからさ。なぁ、藍湛。姑蘇訛りはいいなぁ。悪口言う時は何ていうんだ?」「くだらん」

「忘機、枇杷が食べたいか?一籠買って帰ろうか」という兄上。「結構です」と答える藍忘機。

 

なんか、あれですよね。兄上は弟が魏無羨のことを気にしてること見抜いてますよね。最後の会話とか、めっちゃ可愛いんだけど。

個人的には4話をみて、ようやく見続けられる自信がでてきました。面白いかも!って。それまでは人名なのか、地名なのか、どんな関係性なのか、分からないことが多すぎて。

通常は大雑把に状況把握できれば見続けるのは得意な方だと思っていたのに、なかなか掴めなくて挫けそうになっていましたが。これなら続きが見たい!と。そして、第1話から感想を書き始めて、こういう関係だったのね、ということも分かり、ますますこの先が楽しみになってきました。

 

これまでに分かったこと

玄正(げんせい)18年 姑蘇藍氏のホームグラウンド・雲深不知処(うんしんふちしょ)で学ぶ魏無羨。 2話
怨念を使って邪祟をやっつけたらどうか、と自分の考えを述べて雅正集(がせいしゅう)の礼則編を3回写す罰を受ける。1ヶ月、藍忘機に見張られながら書き写す。 3話
温氏が藍氏の領地に水行淵(すいこうえん)という怪物を追いやる。藍氏の兄弟、魏無羨、江澄、金凌たちにより、水行淵を碧霊湖に閉じ込める。
この頃、すでに温氏は
4話
玄正20年 温氏が横行し、各仙門が一致団結して温氏をやっつける。 1話
魏無羨は育ててもらった江氏(ジャンし)を滅亡寸前まで追い詰めたらしい。 1話
いつの頃の話かは現在不明ながら、金凌の両親を殺したのは魏無羨。金凌の叔父が江澄。 2話
玄正25年 温氏をやっつける戦いに貢献した魏無羨だったが、力が強すぎて人々から恐れられていた。弟弟子であり若宗主の江澄(ジャンチョン)に根城を破壊され身も滅びる。その際に持っていた陰虎符を壊す魏無羨。 1話
13年後 莫玄羽は自分の恨みを果たすため、魏無羨を召喚し自身は命を落とす。

莫家の裏山に屍が現れたり屋敷に入り込むため、藍氏に退治してくれるよう依頼する。

1話
魏無羨は自分だとばれないように、密かに藍氏の仙師たちをアシストしつつ邪祟を倒すのを手伝う。 1話
自分が手にかけてしまった夫婦の子供が金凌だと知る。
自分を殺した一番の功労者である江澄(ジャン・チョン)との再会。
二番目の功労者である金光善の隠し子が自分を召喚したことを知る。

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。