韓国ドラマ

韓国ドラマ『アイテム〜運命に導かれし2人〜』第5話ネタバレ感想

韓国映画『神と共に』『工作 黒金星』や、ドラマ『宮』『魔王』にも出ているチュ・ジフンさん。

                   

 

そのチュ・ジフンさん主演ドラマ『アイテム〜運命に導かれし2人〜』

 

検事役ということですが、ストーリーは単なる検事モノではなく不思議な力を持ったアイテムが登場するようなのです。

 

プロファイラー役として出演するチン・セヨンさんは『オクニョ 運命の女』『不滅の恋人』などに出演されてる方。この女優さん好きなんです。

ゴンたちが、事件は超常現象によるものではないかと思い始めてきたところです。

 

登場人物

カン・ゴン チョンへ地方検察庁勤務だったがソウル中央地検勤務へ戻る。
3年前、チョ会長を拘置所送りにしたため腹いせに地方へ飛ばされていた。
カン・ダイン カン・ゴンの姪っ子。ゴンと一緒に住んでいる。第1話でブレスレットを拾う。小学校3年生。
チョ・セファン会長 ファウォングループの会長。何か事件を起こし逮捕され、拘置所から出てきたばかり。謎のアイテムを所有している。ゴンに恨みを持っている。
ユ室長 チョ会長の部下。たぶん、汚れ仕事をたくさんやっている。
ナム・チョルスン ”希望の木”財団の理事長。現在、行方不明中だったが、自分の別荘で殺されているのをソヨンが第2話で見つける。聖書の一部が遺体の目に貼られていた。
キム・ジェジュン ソウル高裁 部長判事。倉庫の天井から吊り下げられた状態の遺体が発見された。聖書の一部が遺体の舌から発見された。
シン・ソヨン プロファイラー。29歳。父親と2人暮らし。ゴンたちと同じマンションに住む。ソヨンの父親はゴンの部下。
シン・グチョル ソヨンの父。係長。ゴンの部下。
ソ・ヨハン ソヨンと同じチームの若い刑事。4話にして、ようやく言葉を発す。
ハン・ユナ検事 ゴンの同期だと思われる。チョ会長と謎の関係。
ク・ドンヨン神父 ”希望の木”財団の理事長と、ソウル高裁 部長判事のキム・ジェジュンを赤い光のムチのようなもので殺害。動機は不明。
コ・デス 第1話でゴンから逃亡。第4話で再会するも、またも逃亡成功。ブレスレットを”俺のだ”と執拗に繰り返す。祖母曰く、優しい子だったのにある時から変わってしまったらしい。

 

第5話ネタバレあらすじ

小学校

姪っ子のダインを送りに来たゴン。ダインはメモ帳に、今日は早く帰ってきて欲しいと書きました。

ダインは理由を言いませんでしたが、分かったと応じるゴン。

車へ戻ろうとしたゴンに、ユン分析官から電話がかかってきます。

デジタル科学捜査センター 映像分析室

ユン分析官はデジタル科学捜査センターの映像分析室の人。キム部長が殺害される前の画像解析をしていた結果がでたようです。

建物へ入ろうとすると、ゴンを呼び止める人が。同期のハン・ユナ検事。タメ口で話しかけられたので「年上の俺にタメ口とはなユナも大きくなった」というゴン。このときのジフンさん、『宮』のツッパってた王子役を思い出して、にこにこしてしまう私。

「今日のヒールは10センチなの」と返すユナ。そしてコーヒーでもどうかと誘うのですが、キム部長判事殺害の手がかりがでたから映像分析室へ行くのだと断るゴン。

気をつけてゴン!彼女は会長と何かしらの繫がりがあるから!!!と叫ぶ私。

ユン分析官は、キムが乗っていた車の車内が一瞬光ったのはカメラなどのフラッシュの光ではなく一種のEMPではないかと。EMPとは電子機器を無効化する強力電磁波だそうです。しかしそれはかなり高度な技術だし、個人では使えないと。ほー…。一定時間だけ干渉し、普通に戻るのは変だ、とも。ほー……。

そして、映像をアップにすることで運転手が年配の男性ということが分かりました。ただし、もともと解析度が低い映像なので鮮明に顔はでていません。

裏道

どこぞの裏道で車を止め、自動車から下りてくる会長。目立たないようになのか帽子&フードをかぶっています。

室長から怪力ブレスレット男の行方が掴めていないことを聞くと、「ファウォンと警察、どちらの防犯カメラが多い?今日中に私の前に連れてきなさい」と命じるのでした。

大変、室長また首絞められちゃう(泣)

教会

ソヨンが教会へやってきました。子どもたちが嬉しそうに集まってきます。

も、もしかして。もしかして、あの神父の教会?!

そう、あの殺人犯であり、謎の赤い光のムチのようなもので既に2人殺害している親父のいる教会でした。

知り合いだったのか!

神父の部屋で菊花茶を入れてもらうソヨン。その美味しさを褒めると、店でも開くかな、とおどける神父。

ソヨンが教会へ来たのは、神父に誕生日プレゼントを渡すためでもあったようです。十字架の後ろにペテロとハングル語で刻まれたロザリオを渡すソヨンに、「アンジェラ大切にする」という神父。

神父は、ソヨンがまだ精神安定剤を飲んでいるのを心配しています。ソヨンは飲まないと不安で仕事にも集中できない様子。

「神父様はもう平気ですか?私は相変わらずです。時間が止まったみたい。世間には忘れ去られたけど…」

この2人は、なにか事件の被害者なのですね。

「アンジェラ、すべては神の御心だ。祈りなさい」という神父。壁には”ドリームワールド火災 遺族会”という大弾幕を持って大勢の人が写る写真が。ドリームワールド、という施設で何かあったのでしょうか……。

ソウル地検

正体不明の青い光、被害者の全身に出来た線状の赤い痕跡。

ゴンはシン係長に、刑事時代にこのような事件を扱ったことがあるか?と聞いてみます。係長は初めて見たし、なぜキム部長判事を逆さに吊るしたのだろう、自分は特別だとでも?と。

このドラマ、ちょいちょい会話が成立していない気がするんですよね。たぶん、字幕で表せる字数に対してセリフの情報量が多いからだと思うのですが。

ゴンは、ブレスレット怪力男のことを思い出します「言っただろ、俺は特別だと」と言いながら片手で軽々ゴンを宙に浮かせた怪力男。

もし凶器が超人的な力を持つ特別なものだとしたら?と係長に聞くゴン。戸惑う係長。もし特別な物で殺したなら過去に類を見ない事件では?車を運転していた男を探せば分かるかもしれない、と係長に引き続き捜索を依頼します。

被害者2名の遺体から聖書の一部が見つかったことから、聖書は署名的な行動で殺人は続くとゴンは見ているようです。そしてシン係長の娘から話を聞きに行くと出かけていきました。

 

人影のないところ

ダインがイジメっ子3人に囲まれています。

両親が死にダインだけ生き残ったのは気味が悪いだの、バカな上に運がないだの。そして、ダインが大切にしている鍵盤ハーモニカを取り上げたらお金を持ってくるかもしれないと言い出しました。

取り上げられそうになり抵抗するダイン。ブレスレットが光り、男子生徒1名が投げ飛ばされます。ブレスレットから光が消えるのを見て驚くダイン。

警察署

1人目の被害者 ナム・チョルスン 財団理事長 2人目の被害者 キム・ジェジュン 高裁判事
死亡推定時刻 2019/11/24 20:00 死亡推定時刻 2019/12/01 23:00
別荘へ行ったあとに行方不明。翌日、海外在住の家族からの通報で捜査に着手。 出前人が動画を撮るも犯人の姿を見ていない

 

箴言(しんげん)6章16節から19節の聖書の一部が遺体から発見された。

”主が憎み忌み嫌うものが7つある。高ぶる目、偽りの舌、罪なき人の血を流す手、悪を企てる心、悪事へと走る足、偽りを述べる証人、兄弟を引き裂く者”

ナムは目から(高ぶる目)、キムは口から(偽りの舌)聖書の一部が発見された。この順番で行くなら、あと5件の殺人が起こるとプロファイリングしたソヨン。

被害者は2人とも名声の高い人物だったが、不正の証拠が遺体と共に発見されている。1人目は別荘の洗面台の裏に遺体が隠されていたが、2人目は”本格的な展示”。

2つの事件の間隔は1週間であり、3件目の犯行も1週間以内に起こる可能性が高く、より殺害方法も大胆になるだろう、と。

会議が終了すると、ゴンがソヨンを訪ねてきました。

キム部長判事殺害で不審な点を聞かれたソヨン。

・動機は感情的なのに現場に乱れがない

・犯行時間の異様な短さ

・過剰なほど手を加える犯行の非効率性

・遺体を高いところから吊り下げたのは遺棄ではなく展示。劇的に見せれば噂が広がり、犯人は誰かを怯えさせたいのだと思う。

「(連続殺人の)可能性は高い。計画性があり、証拠を残さず、遺体でメッセージを伝えています。何より2人から…」と言いかけたソヨンに、指パッチンをして「箴言(しんげん)6章16節から19節」というゴン。

事件が大きくなるのが犯人の狙いだろう、というソヨン。

そんな2人の会話を物陰から聞いている若手刑事ソ・ヨハン。何だ、何だ、単なる嫉妬か?それとも何か関係してるのか??会長の手下とか??????

会長の自宅

お!今日は池ではなく、ちゃんとした部屋で音楽を聞いています。

ピンクのポラロイドカメラも近くにおいてありますね。すると会長の目が光り、ポラロイドカメラから写真が1枚出てきました。

ポラロイドカメラと会長の目が連動しているのは何故なんだろう。いつか分かるのかな。

「人生は退屈だが、これのおかげで楽しい」

お金持ちなのに退屈なのかぁ。私だったら、どんなにお金があっても物欲が止まりそうになくて楽しいんじゃないかなぁ。

会長はユ室長へ電話をし「今夜”物”を取り返しに行く」と言っています。

ゴンの自宅

ゴンとダインの写真をジグソーパズルにしたようです。

しかしダインは昼間に起きたことが気になって集中していません。そんなダインの様子が気になり、学校で何かあったのかと聞きますが何も答えないダイン。深くは追求しないゴン。

自宅の近くでは「俺のだ。俺のだった」と、ぶつぶつ呟くブレスレット怪力男。前回、ゴンに待ち伏せされたときゴンの財布を盗み自宅住所を入手した怪力男。

いや、ブレスレットは今ダインが持ってるから正確には元怪力男。ブレスレットを取り返しに来た、のか?そもそも、ダインが持っているって知っているわけじゃないのか。

マンションの屋上

ベンチに腰掛けているソヨンにソ・ヨハンから電話が。どうやらソヨンは職場にカバンを置いたまま帰宅してしまった様子。

よくプロファイラーが務まる、とからかうヨハン。車で家に届けに行くから、あと10分ほどで到着するそうです。

また捜査資料を読んでいるゴン。そこへ前勤務していたチョンへ地方検察庁のチェ捜査官から電話が。ダインを起こしちゃいけないと思ったのか、家の外に出て屋上で電話を取るゴン。

店の従業員が悪魔だと言ったきり、恐怖で震えていた。これ以上の供述は無理だろうというチェ捜査官。

はて、いきなり、何のことだ?店というと、第1話で出てきた7080のこと?コ・デスのことを聞こうと思ったのかな?

電話を切ると、そこにソヨンがいたことに気づきます。ソヨンに報告書を読んだこと、超自然的な力によるものだと思うのか?と聞くゴン。ソヨンは常識では説明できない面が多すぎるといいました。

え?そうなの?さっきまで、連続殺人だろうということはチーム長たちにも説明していたけれど。超自然的なものと思ってるそぶりは、1つもなかったよね???なんだか、このドラマちょっと飛躍してるときがあるような。でもまぁ、この5話の最後でソヨンがそう思っていた節があることは分かるんですけど。うーむ。

たとえ共犯者がいても犯行時間が短すぎること、あんなに高い場所に遺体を吊るす方法も道具も予想がつかないというソヨン。

ゴンは、それが可能なものを見たこと。それはブレスレットとソヨンが死ぬ夢にも出てきた、と。ブレスレットの持ち主を捜しているが行方不明なことも。

すると、ゴンたちの姿を近くの公園から見上げているコ・デス。「俺のだ、俺のもの」と繰り返すデス。レンガを手に歩きだすと、いきなり謎の男たちに襲われます。

異変を感じたゴンが下を見ると、デスが襲われているのが見えました。腕輪の男だから、警察に連絡して欲しいというとゴンは公園へと向います。

デスを襲ったのは会長。室長のメガネを通して映像が送られてきているようで楽しんでいます。そこへ現れたゴン。捕まえろ、と命令を出す会長。

室長がデスを追い詰め手首を確認するも腕輪はなく、挙げ句デスに逃げられてしまいます。ひー、室長が殺されてしまうぅぅうう。

ソヨンは咄嗟に自分の車にパトランプをつけ、警察が来たかのように装います。撤収を命じる会長。「私が動く」と。

物音に気づいて起きてしまったのか、眠れていなかったのか、ダインがベランダから外を見るとゴンおじさんが誰かに襲われているのを見てしまいます。

デスは逃走中、ソ・ヨハンの車に轢かれそうに。ソヨンと電話をしていたのか「先輩、丸刈りの男ですか?」と聞くヨハン。そして事件の手がかりとなる人物と知り追いかけはじめるヨハン。

ソヨンの自宅

ソヨンが仕事の資料を広げっぱなしで部屋から居なくなったので、こんな夜中にどこに行ったんだとぶつぶつ言うお父さん。

しかしソヨンのノートに「もしも特別な力が存在するなら」というメモがあるのを見て慌てて家を出ていくお父さん。

このドラマ、ちょっと惜しいですよね。細かい繋ぎがなぁ。お父さん、まずは娘さんに電話しませんか??いくらゴンが超自然的な力によるものかもと言っていたことと、娘も同じことを思ってるんだと知ったとしても、今すぐに危険が迫ってるなんて思うかなぁ。

それと、そのメモがあることでソヨンも超自然的な力によるものと考えていたんだなってことがようやく分かりますよね。

なんか説明が後手後手というか、登場人物の名前だってお父さんとソ・ヨハンだって4話でようやく判明したし。神父の名前にいたっては、まだ5話になってもでてこないし。まぁ、神父だって分かってるから呼び名には困らないんですけど。もしかしたら、韓国語では分かっていたのかもしれないけれど。うーん。

と書きつつ、でも謎が気になるし、神父は逮捕されるのか気になるし、果たしてゴンが夢で見た通りゴンとソヨンはアイテムを使うことになってしまうのか気になるので、最後まで見ようと思います。

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。