映画・ドラマ

ドラマ『アリバイ崩し承ります』特別編「時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ」後編を見ました

ドラマ『アリバイ崩し承ります』の特別編がAbemaTVで独占配信されるというので、さっそく見てみました。主人公の美谷時乃が、どうやってアリバイ崩しができるようになっていったのか?も分かる内容です。ネタバレしつつ後編の感想を。

前編は、こちらです

2020年7月22日に発売予定のBlu-ray&DVDには、この特別編も収録されているそうです。

 

AbemaTVの視聴方法

視聴する場合、利用料はかかりませんが通信費は見る人の負担になります。また、番組によっては無料で見られるものと、有料で見られるものがありますのでご注意ください。

個人情報などの登録は一切なく、すぐ見られるのがありがたい!

パソコンから

AbemaTVの公式サイトで見たいドラマを選択し、再生ボタンを押して見る。以上。簡単!

AbemaTVの公式サイトはこちらから

Abmemaプレミアムというサービスに加入すると月額960円(2020年4月現在)で
・作品が見放題(一部対象外あり)
・広告なしで見られる
・初回登録は1ヶ月無料

といった特典がつくそうです。

再生ボタンが押せない場合

私がパソコンで見ようとした時は、後編はすぐに見られた(再生ボタン▷が表示された)ものの、前編が翌朝の3時15分開始となっていました。えー!!午前3時まで起きていられない。どうしたものか……。

諦めきれず、画面左側にある”番組表”をクリックし、番組表から「アリバイ崩し承ります 【前編】時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ」を探しクリック⇒「通知を受け取る」と「マイビデオに追加」という選択肢が画面右側に2つ出てくる⇒「マイビデオに追加」をクリック⇒!!見られるようになった!!ので、お試しください。

後編を見ようと、上記の方法を試してみましたがうまくいきませんでした。残念。番組が「プレミアム」対象の場合はプレミアムのサービスに加入すれば見られるようです。1ヶ月は無料なので、試してみるのもいいのかも?

スマートフォンから

iPhone、iPadの方はAPP Storeから、Androidをご使用の方はGoogle PlayからAbemaTVのアプリをダンロードしてご利用ください。

 

キャスト

登場人物 役どころ
美谷 時乃
(みたに ときの)
美谷時計店の店主。時計修理の他にも、アリバイ崩しを得意とする。20歳
美谷 時生
(みたに ときお)
時乃のお祖父さん。美谷時計店の前店主。時乃にアリバイ崩しの方法を伝授する。
察時 美幸
(さじ よしゆき)
那野県警察本部 刑事部 管理官。霞が関から那野県へ着任。45歳。美谷時乃に部屋を借りている。
海渡 雄馬
(とかい ゆうま)
那野県警察本部 刑事部 捜査一課 刑事。職場の皆さんからは「ジュニア」と呼ばれている。25歳

 

ここから先はネタバレを含みます。未見の方はご注意ください!

特別編『時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ』〜前編のあらすじ〜

アリバイ崩しをする祖父に憧れていた美谷時乃。祖父は時乃のためにアリバイ崩しのための練習ノートを作成してくれます。

中学1年生の時、その練習ノートをすべて解き終わっため祖父は実技でアリバイ崩しを教えてくれることに。なんと、犯人役を祖父が演じるというのです。

犯行内容は、美谷時計店にある振子時計を止める、というもの。ただ、その時間に祖父には鉄壁のアリバイが!果たして、実技第一弾を時乃は解くことができるんでしょうか?

ドラマ『アリバイ崩し承ります』特別編「時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ」前編を見ましたドラマ『アリバイ崩し承ります』が終了してしまいました。毎週土曜日を楽しみにしていたのに残念。主人公の推理も、察時さんとジュニアの仲良いん...

特別編『時計屋探偵とお祖父さんのアリバイ』〜後編〜

美谷時計店

「写真のネガの順番から、祖父が壁時計と写った写真は、犯行前日の夜にあった祖父の誕生日会のあとだったということが分かります」

「つまりこの写真は、間違いなく犯行当日の日中に撮影された、ということだな」と唸る察時さん。

「そのあと私が考えたのは、写真の写真を撮ったのではないか?ということでした」

「写真の写真?」

回想

「この写真、おじいちゃんの足元と左手が写ってないの変じゃない?」

「おっほほー」と喜ぶおじいちゃん。

「つまり、おじいちゃんは予めこういう風な写真を撮って現像しておいた。で、犯行当日もう一度この写真をカメラで撮ってネガの位置が後ろに来るようにした。だから、この部分が切れちゃってるんじゃない?」

「なるほどー。時乃は本当に賢い子だね」

「じゃあ正解?」

「うーん、その前にね、もうちょっと写真をこれでよーく見てご覧」

「これ…あー!これ私が誕生日の日におじいちゃんにプレゼントしたハンカチ?じゃあ実際に犯行当日に撮った写真ってことかぁ。うーーん。なら写真の方にトリックを仕掛けるのは無理かぁ」

「んー?」

「分かった!なら、仕掛けたのは(店にある)振子時計の方!振子時計を止めたのはおじいちゃんじゃないんだ!」

「あー、なるほどねぇ。でも、じいちゃん共犯者を使うようなそんなズルは絶対にしませんよ」

優しいなぁ、時乃の推理を褒めてから指摘するおじいちゃん。

「共犯者じゃないなら……うーん」

店にある大きな振子時計の枠に手をかける時乃。

「おいおい、あまりベタベタ指紋つけないでおくれよ」

「ドライアイスかな。振子時計は角度がつくと動かなくなるでしょ?だからおじいちゃんは予め振子時計にドライアイスをつけておいて、それが溶けたときに振子時計の角度がついて動かなくなるようにしたとか!」

「あのね、指の油も気をつけてくれと言ってるのがドライアイスなんか使うわけないでしょ!まったくもぉ。ははは」

「あー!じゃあ、店の時計と家の時計を全部進めてた!私が3時30分とか20分とか思っていた時間がそもそも間違っていた」

「なるほどねぇ。壁だけでも40台あるんだよぉ。ふふ」

「全部、まぁ、それを私が見てない間に元に戻すのが無理かぁ」

「まあね、焦らずゆ〜っくり考えてご覧なさい。行き詰まったときには、元に戻るのもありだからね」

「分かった。だったら明日、学校が終わったあとにその壁時計がある公園に行ってくる!」

「え?え?」

「現場を見れば何か思いつくかもしれないから」

「うーーん、そりゃいいが、でも暗くなるまでにはちゃんと帰ってきてくれるんだよ」

「分かってるよ。おじいちゃんのアリバイ、必ず崩してみせるからね」

公園にて

野外舞台のようなところに大きな壁時計があり、その前で検証する時乃。

「この辺に立って〜…こう。うーーん」

「位置は大体合ってるんだけどなぁ」

「やっぱり足と左手が写ってないの、変だ」そういって、ふと自分の左手の前にある柱に目を止めます。

「あ!もしかして?」

カバンの中から分度器を取り出し、おじいちゃんの写真にあててみます。何か角度が気になるようです。

「やっぱり!そういうことかぁ!」

どうやら謎が解けたようです。

ふと時計を見ると、4時40分になるところ。「やばい!帰んなきゃ!!」

夜道を歩いていると、いかにも悪そうな2人組が道端にいます。

案の定、自分たちと遊びに行かないかとナンパしてくるのですが、そこへ現れたのが雄馬!

「よっ!」

「こないだの?」

そう、時計の修理で美谷時計店にきた雄馬は時乃と会っていたのでした。

一瞬で2人組をやっつける雄馬。強いんだなぁ!「痛ぇな、ちくしょー!」「覚えてろよ!」と負け犬の遠吠えにふさわしいセリフをはいて立ち去る2人組。

お礼を言う時乃に、こんなところで何をしているのか?と聞く雄馬。

「おじいちゃんの」と言いかけますが、アリバイ崩しのことは他言無用だったことを思い出し口ごもる時乃。

「おじいちゃん?そうか、おじいちゃんと喧嘩して家出しちまったか」

「は?」

「分かるよ、その気持。でもおじいちゃんの気持ちもちょっとは考えてやれよ。ほーら、言い訳するな。たく、しょうがねぇなぁ俺が間に入ってやるか」

「へ?」

ええ、ジュニアの勘違いっぷりは高校生の時から変わってないようです。

美谷時計店

「だからまぁ、本人も反省していることですし。な!」

「…はい」

「だから今回は俺の顔に免じて許してやってもらえませんか」

「あ、ありがとうございます」よくわからないけれど、とりあえずお礼をいうおじいちゃん。

雄馬が帰ると「まったく、どれだけ心配したことか」

「本当にごめんなさい」

「危ないことは、おじいちゃんの心臓に悪いからやめておくれといつも言っていたよね」

「…はい」

「まぁ無事だったから、よかったけれど。それで収穫はあったのかい?」

「うん。この写真のトリックが、やっと分かったよ」

 

アリバイ崩し

「時を戻すことができました。おじいちゃんのアリバイは崩れました」

「すごいね、聞かせていただきましょうかね」

「はい。この写真の時計は右に傾いています。正確に言うとカメラが左に傾いているんだね。この写真が犯行当日に撮られたことは、間違いない。でも、その時間は3時25分じゃなくて2時20分。おじいちゃんは、この角度分だけ傾いて写真を撮ったんだよね」

「それ証拠はあるのかい?」

「あるよ、だってこの時計、長針と短針の位置がおかしいもの」

場所が現代に戻り、時乃が察時さんにアリバイ崩しの説明をしているシーンへ。

「この壁時計の目盛りには数字がありませんから2時20分の時に1目盛り分傾けると、いっけん3時25分に見えます。でも、長針が進んだ分だけ短針も進みますから20分と25分では長針と短針の角度の差に2.5度のズレが生じることになります」

「な〜るほど〜」唸る察時さん。「君はその角度を分度器で確かめたって訳か!」

「はい。そしてこのアリバイ工作のために祖父が作ったのが、この不思議な台なんです!」

前編の冒頭で出てきた不思議な台を持ち出す時乃。

「あ〜、だから時間を動かす道具なんだ!」

「祖父は犯行当日、まずこの写真を撮るための準備をして…」

ロープを柱にくくりつけ、台をセットするおじいちゃん。そして、通りがかりの女学生に撮影を頼みます。孫娘をびっくりさせたいんだ、と。

「台とロープは、絶対に写さないようにお願いしますよ!」

台形の台に両足を乗せ、左手でロープを掴み、右手で必死にピースするおじいちゃん。

「それから、タクシーで家まで荷物を運んで私が学校から帰ってくる前にまた出掛けていって……宣言通り3時25分に戻ってきて、振り子時計を止めたんです」

そして、過去にシーンが戻り。

「って、いうのが私の推理なんだけど。どう?」

「よくまぁ2.5度のちっちゃなトリックを見破ったねぇ。完璧だよ」

「やったー!」

「すごい、すごい。やぁ、驚いたねぇ。これでわしもアリバイ作りも根底から覆されてしまいました。免許皆伝だよ。でもね、これからはちゃんと門限は守るんだよ!」

「はいはい」「はいは一回!」「はい」

そしておじいちゃんにお茶を入れる時乃。「ありがとう、いただきます。おお、お茶の入れ方も随分上手になったねぇ!美味〜」

そして、お茶を入れてもらってる察時さん。

「はい、どうぞ」「ありがとう」

時乃のお茶が美味しいのは、おじいちゃんに鍛えられた?!からなんですね。察時さん、味わってくださいね。

「言われてみれば、(おじいちゃんの)口元になんだか力が入っているような感じがするな」

「必死にバランス取ってたんでしょうね」

「もしかして!おじいさんが筋トレしてたのって!」

「はい、それもこの写真のための体作りでした」

そうかぁ、いつか時乃が練習ノートを解き終え、実技に入るときのことも考えていたんだねぇおじいちゃん。

「すごいなぁ!君のおじいさんは」

「ほんと、呆れちゃいますよね」

「でも嬉しかっただろうな。そうやって準備したアリバイを、君が見事崩して見せて」

「ですね」

ボーーーーーーン

壁時計が1つ鳴ります。

ずずずーっとお茶をすする察時さん。「いやー、うまい」

「でも、雄馬さんの勘違いにはびっくりしましたけどね」

「今とまったく変わってないな」

「優しいところなんでしょうけどねぇ」

そこへ噂をしていた雄馬登場。

「よぅ、時乃〜」

飲んでいたお茶を吹き出す察時さん。「うわ〜」

「管理官…」

どうやら腕時計のクリーニングを頼みに来たようです。

「あ!この時計!」

「覚えてるか、最初にこの店で修理を頼んだ時計だ」

オメガの高そうな時計をだしてきました。

「もちろんです」

「あの時の時乃は荒れてたよなぁ。家でなんかしちゃって♪」察時さんの知らない時乃を知ってるかのような口ぶり。まぁ、そうなんですけど。それは誤解ってことは、もう察時さん知っちゃってるんだけどなぁ。

「そうですねぇ(苦笑い)」

「どうしよう、あの話いっちゃおうかな。言っちゃお。あの家出事件のあとな、その時計を引き取りに来た時、実は俺、時乃のじいちゃんに時乃の将来のこと頼まれたんだよ」

「え?」

「なんだ、その話は?」察時さん笑ってます。

「いやぁ、俺もびっくりしたんですけどねぇ」

家出騒動(と勝手に雄馬が誤解した)の件にお礼を言うおじいちゃんに、未来の刑事として当然のことをしたまでだ、とのたまう雄馬。

「この町の安全を守ってみせますよ」

「そうですか、あなたのような方が刑事になってくれれば時乃も喜ぶでしょうねぇ」

「え?」

「どうか、いい刑事さんになって将来のみんなを守ってやってください」

「こぉおお、困ったなぁ。うん、まぁ、考えないこともないですけど(キリリ)」

「お願いします」

いやいやいや、時乃を頼みますじゃなくて、みんな、みんなのことを頼みますだからーーー!

「そんな話、いきなりするかねぇ。当時まだ時乃中1っすよ」

「あ、あの…」

「じゃ、クリーニング頼むな。管理官も、あんまり時乃の仕事の邪魔しないように!」

そしてまた2人で「ん?」「ん?」と顔を近づけて、鼻を擦り合わせて、威嚇し合うのでした。仲悪いのか、良いのか分からなくなりますね。

雄馬が店を出ると、「あの勘違いも、ここからかぁ」と察時さん。

「まぁ、いいところなんでしょうけどね」と一応フォローする時乃。

ふふふ、と笑う察時さん。

 

感想

おじいちゃん自ら実技試験とは、すごいなぁと思いました。もっともっと、孫の時乃に教えたかったこともあるだろうし、一緒に謎も解きたかっただろうし、ねぇ。

でもまぁ、免許皆伝が中1で、現在20歳。おじいちゃんが亡くなったのは、確か半年前と言っていた気もするから。まぁまぁ一緒に居られてってことなのかな。

ちゃんと一人前の時計技師にもなってるし。偉いなぁ、時乃。

おじいちゃんとの番外編、また見てみたい気もするし。新しいシリーズを見てみたい気もするので、またこのメンバーが集まることを楽しみにしたいと思います。

まぁ、雄馬の片想いが実ることはなさそうだけど、ふふふ。

 

ドラマ『アリバイ崩し承ります』#1「死者のアリバイ」を見ました

ドラマ『アリバイ崩し承ります』#4「山荘のアリバイ」を見ました

ドラマ『アリバイ崩し承ります』細かい設定についてのメモ

 

 

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。