アニメ

アニメ『魔道祖師』第6話「帰着」ネタバレ感想

アニメ『魔道祖師』第6話「帰着」をネタバレしつつ感想を書いていこうと思います。

 

アニメ『魔道祖師』第1話「禁断の召喚」

アニメ『魔道祖師』第2話「運命の再会」

アニメ『魔道祖師』第3話「出逢い」

アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」

アニメ『魔道祖師』第5話「邪の道」

 

 

公式ホームページ、公式ツイッター

 

 

どこで見られるのか?

Amazonプライム・ビデオのほかには、TOKYO MX、BS11、WOWWOW、ABEMAなどなど

オリジナル版と放送版があるらしい

 

 

個人的に、この情報を頭に入れたいと思います

相関図など

公式ホームページにはPDF版のスターターブックも用意されていました。

用語

自分が今まで見ていて分からなかった用語をまとめました。あくまで、個人調べなので間違っているかもしれません。五十音順です。

献舍(けんしゃ) 血で陣を描き、自分の命と引き換えに邪神などを再び世に復活させる禁術。

それによって召喚された者は、召喚者の願いを叶えないと呪いに身体を蝕まれて転生できない。

五大世家(ごだいせいか) 仙門のなかでも優れている5つの仙門

・雲夢江氏(うんむジャンし)

・姑蘇藍氏(こそランし)

・蘭陵金氏(らんりょうジンし)

・清河聶氏(せいがニエし)

・岐山温氏(きざんウェンし)

邪祟(じゃすい) 妖魔のこと??
紫電(しでん) 江澄のムチ。奪舎した者を紫電で打つと魂を取り出せる。
仙門(せんもん) 妖魔などを退治する仙師(せんし)たちが属する。仙師たちは、それぞれ属する仙門があるらしい。
縛仙網(ばくせんもう) 人や妖魔を捕まえられる網らしい。お値段が高いらしい。
問霊(もんれい) 琴で屍から生前に抱いていた恨みなどを聞き出すらしい。藍忘機の技量は群を抜いているらしい。
夜狩り(よかり) 妖魔は夜に出ることが多いことから、そう呼ばれるらしい。
乱葬崗(らんそうこう) 夷陵にある無縁墓地

 

五大世家(ごだいせいか)

ホームグラウンド 家  紋
雲夢江氏(うんむジャンし) 雲夢・蓮花塢 蓮の花
姑蘇藍氏(こそランし) 姑蘇・雲深不知処 雲紋
蘭陵金氏(らんりょうジンし) 蘭陵・金麟台 牡丹・金星雪浪
清河聶氏(せいがニエし) 清河・不浄世 獣頭
岐山温氏(きざんウェンし) 岐山・不夜天 太陽

 

第6話あらすじ

 

第6話の登場人物

魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 江氏宗主の旧友の子供で、息子同然に扱われている。
江澄(ジャン・チョン) 江楓眠と虞紫鴛の息子。魏無羨とは義兄弟。
江楓眠 (ジャン・フォンミエン) 江氏の宗主。
虞紫鴛 (ユー・ズーユエン) 江楓眠の妻。
江厭離 (ジャン・イエンリー) 江楓眠と虞紫鴛の娘。江澄の姉。金子軒の許嫁。
金子軒(ジン・ズーシュエン) 蘭陵金氏(らんりょうジンし)の仙師。金氏の跡継ぎ。
藍忘機(ラン・ワンジー) 藍啓仁(ラン・チーレン)の自慢の弟子。兄と共に藍氏双璧と呼ばれている。藍湛(ラン・ジャン)、またの名を含光君(がんこうくん)。琴が武器。
藍啓仁(ラン・チーレン) 藍忘機と藍曦臣の叔父。魏無羨たちを教えている。

 

 

第6話「帰着」の流れ

藍氏の歴史

藍啓仁による講義が始まっています。

姑蘇藍氏の祖先・藍安(らんあん)は寺で生まれ読経の声を聞き育った。聡明でよく学び卓越した素質を持ち合わせ教えを説けば賢人が多く集まり、悟りにかけても名を轟かせた。若干二十歳で伽藍の”藍”を姓とし俗人に。

楽師を生業として隠密に通じ琴や笛を使った。(なるほど、だから琴が出てくるのですね)そして仙師の道を求めて姑蘇に立ち寄り、天定めし者と道侶(どうりょ)となった。2人で苦難を共にし藍氏の礎を築く。道侶が亡くなると藍安は寺へ戻り、そこで没した。

それを聞いていた魏無羨は、祖先が和尚だから藍氏には風情というものが分からないんだな、とか江澄に話しています。

 

仙人のごとき藍安が見初めたという”天定めし者”とはどんな人だろう?と隣で噂をしているのは金氏の人たち。「今の仙門百家にも麗しい女戦士は多い。金子軒は誰が一番だと思います?」と聞かれてるのに無視して歩いていく金子軒。

「野暮なことを聞くな。許嫁だと答えるに決まってるだろう」「あ。許嫁?どこの女戦士だ?きっと才色兼備だろうなぁ」と無責任に噂をしています。

「もういいだろう」という金子軒に「どうしてだよ?金(じん)兄は姉さんのどこが不満なんだよ?」

すると、金氏の人たちが「え?江厭離 (ジャン・イエンリー)が許嫁?それで不機嫌なのか」とか小声で噂してます。バッチリ聞こえてますけどね。

 

「どこが満足なのか本人に聞いてみればいい」と返す金子軒。「私は間違ってない。そんなに大事なら、お前が嫁にしたらどうだ?実の息子より宗主に大切にされているんだろう?」

金子軒の胸ぐらをつかみ思いっきり殴る魏無羨。

祠堂

庭で蟻の巣を掘っていた?魏無羨。そこへ藍忘機が通りかかったので声を掛けますが、無視されてしまいます。

「誰が怒らせたんだ?」という魏無羨に「お前に決まってる。お前の顔も見たくないんだろう」「ところで金子軒は?あいつは自分の顔が好きだからな。鏡を見てどう思うか楽しみだ(どうやら、顔を殴ったようですね)」

 

そこへ「愚息がお世話になっています」という声が聞こえました。どうやら雲夢江氏の宗主である江楓眠 (ジャン・フォンミエン)が来たようです。

第4話で、魏無羨に刀をくれたという人ですね。

 

「あれ、江おじさんだ。姉さんも来てるのかな?」という魏無羨に「情けないお前を見に来るわけがない」と言われ、チェっといってる魏無羨。

「次からは無茶な真似はやめろ」という江澄。

江楓眠が2人に近づいてきて「阿羨(アーシェン)、立つんだ。帰ろ」と優しく声を掛けました。その様子を、なんとも切ない表情で見つめる江澄。

 

実子である自分よりも父親が目にかけているのが魏無羨なんでしょうか…。

蓮花塢

船の到着を待っている女性が江厭離(ジャン・イエンリー)。「姉さん、ただいま!」と嬉しそうに帰ってきた魏無羨。

「座学は1年間のはず。もう戻ってきたの?」「姉さんのことが恋しくてさぁ」と、お菓子のお土産を渡すのでした。そして、蓮根と骨付き肉の汁物ある?とか聞いちゃってる魏無羨。

 

錬武場(かな?)

「あんな簡単な陣も破れないの?凶暴な霊に遭遇したら死ぬわよ」とか激を飛ばしている女性。

弟子たちが修行をサボっているのは、1番弟子(魏無羨)の真似か?「あの男は懲りずに姑蘇でも騒ぎを起こした」とお冠です。

そこへ「母上」と娘が声を掛けたので、一瞬表情が柔らかくなるも。その後ろに、魏無羨がいるのを見て渋い顔になりました。

江楓眠は、どこまで修練できるかは弟子たち次第だから強いては逆効果になるのでは、と。「そうやって甘やかすから、うちの弟子はうだつが上がらないのよ!特に一番弟子わね。喧嘩が原因で宗主が呼び出されるなんて!そんな話は前代未聞だわ!」

そして蘭陵金氏(らんりょうジンし)と親戚になるのを知っていながら金子軒と喧嘩したことを叱ります。しかし娘が母の手を取り「母上、怒らないで。阿澄(アーチョン)はとても優秀で藍先生も褒めていたそうよ」と。

息子が褒められたことを聞き「あの子もやっとやる気をみせたわね。金珠(ジンジュー)・銀珠(インジュー)行くわよ」とその場を去っていきました。

魏無羨は弟弟子たちと久しぶりの再開を喜んでいます。「藍忘機に3歩以内まで近づくと凍るんだって?」「それじゃ妖怪だろ」「じゃあ姑蘇藍氏の三千条の掟は?」「ああ、それは本当だ。岩にびっしり刻まれてた」と、姑蘇藍氏の噂話。

 

東屋

一人お酒を飲んでいる虞紫鴛に、「三娘(サンニアン)」と声を掛ける江楓眠。

「こんな遅くにどうしたの。何か用?」とそっけない虞紫鴛。江楓眠は小箱を虞紫鴛に渡します。

箱を少し開け、中に簪が入っていることをチラっと確認すると「無駄な買い物をしたわね」「光沢が美しいと思って、この簪を買ってきた」

何も言わない虞紫鴛に「姑蘇で金宗主と阿離(アーリン)の縁談について話してきた」と。その縁談は、もともとは金子軒の母親と虞紫鴛が決めたことだそうです。

しかし金宗主と話をして、婚約を解消したという江楓眠。驚く虞紫鴛。

しかし、「あの子たちは相思相愛だと思っていた。どうもそれは違ったようだ。無理強いはさせられない」

「少なくとも阿離は金子軒が好きよ。金子軒に何か言われた?子供に何が分かるの。阿離は良い子だから、きっと金子軒も好きになるわ。それに私たち母親同士だけでなくお互いの実家もいい関係を築いているわ。江氏と金氏が親戚になって何が悪いの?」

「だが一生を共にするのはあの子たちだ。心が通じていないのに大人の意向を押し付け結婚させるというのか」「私たちのように?」「三娘、そういう意味ではない」「魏嬰がもたらすのは災いばかりだわ」「またその話か。阿羨は関係ないだろう」

机を叩き「関係ないですって?娘の婚約を破談にさせたのよ!あの厄介者を連れてきてから、あなたは変わってしまった。これがもし江澄だったら、あなたすぐに姑蘇へ行った?絶対いかない。阿離の縁談を潰した魏嬰が今度は一体何をしでかすかしら。ふん。でも構わない。宗主がちゃーんと尻拭いしてくれるものね」と東屋を出ていってしまいます。

遠くから、その東屋を見ている魏無羨。

どうも自分が義姉の縁談を潰してしまったことは聞こえてしまったようです。気を落として歩いていると、義姉が中庭?にいるのを見かけます。黙って去ろうとしますが「阿羨あなたなの?」と声を掛ける江厭離。

「ごめんよ姉さん、俺」と言うと「バカね。あなたのせいじゃない」「でも姉さんを傷つけた」「阿羨、ねぇ座って」とお茶を入れてくれます。

 

「母上はずっと言ってた。蘭陵金氏の若様が将来の夫だって。数回合っただけだけど、颯爽とした姿を見れば誰だって心が動くわ。でもよく考えると本当はさほど好きじゃないのかも。金の若様とは添い遂げたいと思う。だけど心が通じ合わないなら…」そして笑うと「阿羨、金の若様に何か言われて喧嘩になったんでしょ?」「あいつが気に食わないだけさ」と答える魏無羨。

「この子ったら。私はずっと見守ってきたの。ごまかさないで。あなたは気に食わないだけで殴るような子じゃない。阿羨、あなたは悪くない。金の若様は素敵。でも私が求めるのは心が通じ合う人。互いを愛おしみ添い遂げられる人」「姉さん、あんな孔雀男はダメだ!すごく傲慢だし。姉さんなら、もっといい相手がいる」という魏無羨。

くしゃみしてる金子軒の後ろ姿。

季節は移ろい、一年後。

雉狩りをしている魏無羨。雉を仕留め意気揚々と街を歩いている魏無羨。すると船が帰ってくるのが見えました。

ようやく江澄が戻ってきたようです。

すると魏無羨が水に浮いています。棒でつんつんする江澄。

盛大に水しぶきを上げて浮上する魏無羨。

「やっと戻ってきたのか。姑蘇の女の子が気に入って戻らないかと思った」という魏無羨に「お前とは違う」という江澄。

もうすぐ年に一度の清談会(せいだんかい)が開かれる予定で、初日に弓術比べがあるそうです。今年は岐山温氏(きざんウェンし)が主催で不夜天(ふやてん)で行われるとか。みんなは弓術の腕を磨いているのに、魏無羨だけは狩りをしていたようですね。きっとまた虞紫鴛が怒ってるんだろうなぁ。

それにしても、阿羨(アーシェン)って呼び方可愛いですね。ようやく、名前が何パターンもあるという世界観?に慣れてきました。

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。