アニメ

アニメ『魔道祖師』羨雲編 第2話「呪いの印」ネタバレ感想

アニメ『魔道祖師』も羨雲(せんうん)編に入りました。

”献舎の術”で蘇った魏無羨、いよいよ藍忘機と一緒に鬼腕の謎に近づいていきます。

 

 

公式ホームページ、公式ツイッター

 

 

どこで見られるのか?

Amazonプライム・ビデオのほかには、TOKYO MX、BS11、WOWWOW、ABEMAなどなど

オリジナル版と放送版があるらしい

 

 

個人的に、この情報を頭に入れたいと思います

相関図など

公式ホームページにはPDF版のスターターブックも用意されていました。

用語

自分が今まで見ていて分からなかった用語をまとめました。あくまで、個人調べなので間違っているかもしれません。五十音順です。

献舍(けんしゃ) 血で陣を描き、自分の命と引き換えに邪神などを再び世に復活させる禁術。それによって召喚された者は、召喚者の願いを叶えないと呪いに身体を蝕まれて転生できない。
魏無羨は、莫玄羽によって献舎で蘇った。
五大世家(ごだいせいか) 仙門のなかでも優れている5つの仙門

・雲夢江氏(うんむジャンし)

・姑蘇藍氏(こそランし)

・蘭陵金氏(らんりょうジンし)

・清河聶氏(せいがニエし)

・岐山温氏(きざんウェンし)

邪祟(じゃすい) 妖魔のこと??
紫電(しでん) 江澄のムチ。奪舎した者を紫電で打つと魂を取り出せる。江澄は母親から譲り受けた。
仙門(せんもん) 妖魔などを退治する仙師(せんし)たちが属する。仙師たちは、それぞれ属する仙門があるらしい。
縛仙網(ばくせんもう) 人や妖魔を捕まえられる網らしい。お値段が高いらしい。
抹額(まっこう) 姑蘇藍氏の仙師たちが額にまいている細い鉢巻。
問霊(もんれい) 琴で屍から生前に抱いていた恨みなどを聞き出すらしい。藍忘機の技量は群を抜いているらしい。
夜狩り(よかり) 妖魔は夜に出ることが多いことから、そう呼ばれるらしい。
乱葬崗(らんそうこう) 夷陵にある無縁墓地

 

 

五大世家(ごだいせいか)

ホームグラウンド 家  紋
雲夢江氏(うんむジャンし) 雲夢・蓮花塢 蓮の花
姑蘇藍氏(こそランし) 姑蘇・雲深不知処 雲紋
蘭陵金氏(らんりょうジンし) 蘭陵・金麟台 牡丹・金星雪浪
清河聶氏(せいがニエし) 清河・不浄世 獣頭
岐山温氏(きざんウェンし) 岐山・不夜天 太陽

 

 

『魔道祖師』前塵編について

アニメ『魔道祖師』第1話「禁断の召喚」
アニメ『魔道祖師』第2話「運命の再会」
アニメ『魔道祖師』第3話「出逢い」
アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」
アニメ『魔道祖師』第5話「邪の道」
アニメ『魔道祖師』第6話「帰着」
アニメ『魔道祖師』第7話「清談会の競い」
アニメ『魔道祖師』第8話「温氏君臨」
アニメ『魔道祖師』第9話「同舟の二人」
アニメ『魔道祖師』第10話「双傑の約束」
アニメ『魔道祖師』第11話「悲しき別れ」
アニメ『魔道祖師』第12話「温家の姉弟」
アニメ『魔道祖師』第13話「死地へ」
アニメ『魔道祖師』第14話「闇に響く笛の音」
アニメ『魔道祖師』第15話「老祖誕生」

 

『魔道祖師』羨雲編について

アニメ『魔道祖師』羨雲編 第1話「連携」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第3話「人食い石堂」ネタバレ感想

 

中国ドラマ『陳情令』について

ついに手を出してしまいました…ネタバレ感想、どこまで書けるか分かりませんが、まずは中国ドラマ『陳情令』第1話「目覚め」ネタバレとか用語とか感想とかを書きました。

 

羨雲編 第2話あらすじ

 

羨雲編 第2話の登場人物

魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 江氏前宗主・江楓眠の旧友の子供で、息子同然に扱われていた。
死んだはずだったが莫玄羽によって魂が蘇り、体は莫玄羽になっている。
江澄(ジャン・チョン) 江氏宗主。江氏前宗主・江楓眠と虞紫鴛の息子。魏無羨とは義兄弟。
藍忘機(ラン・ワンジー) 藍啓仁(ラン・チーレン)の自慢の弟子。兄と共に藍氏双璧と呼ばれている。藍湛(ラン・ジャン)、またの名を含光君(がんこうくん)。琴が武器。
藍啓仁(ラン・チーレン) 藍曦臣と藍忘機の叔父。前宗主の弟。
藍曦臣(ラン・シーチェン) 藍忘機の兄。
温若寒(ウェン・ルオハン) 温家宗主。
金光瑤 (ジン・グアンヤオ) 金氏の宗主。聶明玦、藍曦臣とは義兄弟の仲。「三尊」と呼ばれる。
金子軒(ジン・ズーシュエン) 蘭陵金氏の前宗主・金光善の嫡男。魏無羨を”献舎の術”で蘇らせた莫玄羽とは異母兄弟。
金子勲(ジン・ズーシュン) 金子軒の従兄弟。
江厭離(ジャン・イエンリー) 金子軒の妻。金凌の母親。江澄の姉。

 

 

羨雲編 第2話「呪いの印」の流れ

森の中

暗い森の中を2人の男性が慌てて逃げています。

すると黒いモヤモヤとしたものが2人の後ろから立ち上り…男性の悲鳴が。はて、誰なんでしょう??

金鱗台

蘭陵金氏の本拠地である金鱗台。

金氏宗主である金光瑤が手紙を読んでいます。

「半径500里に怨念の動きあり、か。魂を呼ぶだけなのにどうして。二の兄君、藍忘機が持ち帰った腕にはどんないわくがあるのです?」と問いかけます。

1話で、藍忘機と魏無羨が姑蘇藍氏の本拠地である雲深不知処で腕を押さえつけることに成功してましたね。そのときのことが、どうやら金凌に伝えられたようです。

二の兄君と問いかけられたのは、藍忘機の実兄・藍曦臣。

「めったに見ないほど凶暴だが藍忘機と叔父上(藍啓仁)がいれば問題ないだろう」と答えます。藍曦臣は、弟が連れてきた客人が魏無羨だとは知らないのでした。

懐蒼山(かいそうさん)

「邪祟が悪さをする山か」と言って夜の暗い森の中を歩くのは金凌。

「この程度の怨念、大したことない」といって一人山奥へ走っていきます。

藍忘機と魏無羨も懐蒼山へ来ていました。

「(見張り台の)櫓で確認された怨念は半径500里なら襲ってくる。だけどここは…」という魏無羨に「あまりにも静かだ」と答える藍忘機。くっ、渋い。

魏無羨は、ふっと笑うと「異変の裏には妖魔ありだな」。

2人で進んでいくと藍忘機が踏んだところが青く光り、なにか異変を感じて止まる2人。魏無羨は(この辺り、なにか潜んでるな)と感じるのです。

 

その頃、金凌は「邪祟め、どこに隠れた。観念して出てこい!」というと物陰から何かうめき声のような声が後ろから聞こえてきました。

金凌は「姚(やお)宗主、門弟と山に入ったはずじゃあ…何してるんです?」と。するといきなり白目になり、金凌に襲いかかるのです。

「何をするんだ!」という金凌の声は藍忘機と魏無羨にも聞こえたのかな?異変に気づいた藍忘機、飛んできた刀を手にします。

その刀は”歳華(さいか)”で、金凌の刀だと気づいた魏無羨は金凌の元へと駆けつけます。

姚宗主から逃げようとするも、つまづいて地面に倒れてしまう金凌。そこへ刀で襲いかかる姚宗主。

斬られると目を閉じた金凌でしたが、赤い光が姚宗主の刀を弾き飛ばしました。姚宗主と金凌の間に入る魏無羨。その前に藍忘機が立ちふさがり、姚宗主の額に青白い光を放ちます。

仰向けに倒れる姚宗主。

魏無羨の手を払いのける金凌。金凌は魏無羨とは知らず、外見の莫玄羽だと思いこんでいます。金凌は知らせを受けて、邪祟を退治しに来たんだとか。そして魏無羨に「今、正気か?」と。莫玄羽は、痴れ者として知られているのでそう聞いたのでしょうね。

「いい後ろ盾を見つけたな」と藍忘機が莫玄羽(魂は魏無羨)をかばってくれたことを皮肉っています。

姚宗主は目を覚ますと、自分の手が血に染まっていることに驚きます。金凌を襲ったことも覚えてないようです。

金凌は姚宗主が錯乱したのだと思ったようですが、魏無羨は怨念の瘴気を吸いすぎて幻覚を見てたのだろう、と。

姚宗主は魏無羨を見るなり「お前、莫玄羽だな!(まぁ、たしかに外見はそうなんですけどね)まさか夷陵老祖の忌々しい鬼道を修めるなんて!蘭陵金氏の血筋をひいてるくせに、家名を汚すとは思わないのか!」と。

莫玄羽は蘭陵金氏の前宗主・金光善の庶子なのですが破門されて莫家に戻ってきていたという設定です。

魏無羨はなぜ自分が夷陵老祖のマネをしなくてはいけないのか。それに鬼道を修めたとしても姚宗主には関係ないとつっぱねます。

姚宗主は藍忘機にも、なぜ魏無羨を庇うのか?と。藍忘機は「彼は姑蘇藍氏の客人で邪祟をのぞくため私が招いた。異論がおありか?」と宗主を黙らせます。

懐蒼山の麓にある村

男性が懐蒼山の状況について報告を受けています。

怨念とは関係なく異常な現象が起こり多くの仙師が邪祟退治に山へ入っていると聞いた男性。「好きにさせておけ。懐蒼山は簡単に出入りできない場所だ。捜索を続けろ。怨念の根源を見つけ出して、災いのもとを断つ」と伝えます。

懐蒼山

倒れていた姚宗主の門弟2人の様子を見ている藍忘機。瘴気で気を失っているが、半時後には目を覚ますと。

金凌は、怨念による幻覚を自分が見なかったことを不思議に思っているようです。

魏無羨は「効力が優れているからだろうなぁ」というと「そうかなぁ。言われなくても、自分で分かるけど」とまんざらでもな表情の金凌。

「本気にしたのか?それ、雲夢江氏の”清心(せいしん)の鈴”だろう?」という魏無羨。金凌は自分が腰から下げていた鈴を持ち上げ「そうか、”清心の鈴”は頭を冴えさせて幻覚を消すのか」と。

魏無羨が金凌の傷に薬を塗ろうとすると逃げ出す金凌。「やめろ痴れ者め。近づくんじゃない。怪しい薬を塗るつもりなんだろう」とか言ってます。そんな2人の様子を見て、ふっ、と笑った感じの藍忘機。

逃げた金凌を呼び止める魏無羨。「今度は何だ!」と言いつつ、ちゃんと止まる金凌。魏無羨は金凌に近づくと、その足元に落ちている多くの葉っぱが血で濡れていることに注目。血がどす黒いことから、かなり時間が経過しているようです。

草陰を探すと櫓を守っていた弟子が殺されていました。

魏無羨は傷口から見て凶暴な怨霊の攻撃で死んだと推測。しかし、この山の中で起きるわけがない、と不思議なことを言うのです。

すると突然、上空でカラスたちが騒ぎ出しました。草陰が何かザワザワと動くのを見て一人だけ逃げ出す姚宗主。

すると大きなヤマタノオロチみたいなのが魏無羨たちに襲いかかってきます。金凌曰く、南で出没する量人蛇(りょうじんじゃ)で、金氏の狩場にもいるそうです。勇ましく蛇に向かっていく金凌お坊ちゃま。

しかし頭に気を取られ、後方から尻尾で襲われてピンチ!そこで魏無羨が鬼道発動。

 

一瞬で量人蛇を押さえます。そこに藍忘機の剣も加わり、蛇を仕留めることが出来ました。

2人で屠戮玄武 (とりくげんぶ)を倒したことを思い出す藍忘機。(前塵編 第9話

 

櫓を守っていた仙師たちを襲ったのは丸い歯型で、量人蛇の牙は2本。つまり量人蛇が幻覚を見せていたわけではないという魏無羨。しかし藍忘機は、ここは妙な場所だから量人蛇が変異した可能性も指摘。

魏無羨は百鳳山(ひゃくほうざん)の狩猟で変異した量人蛇が見つかったことを思い出します。ん?って顔で藍忘機に見られたので、慌てて「あぁあ、いや、耳にしただけだよ。噂で聞いたんだ。えへへへ」と動揺する魏無羨。

すると、逃げていた姚宗主がひょっこり木陰より姿を表し「思い出したぞ。その量人蛇が原因で蘭陵金氏の金子軒(金凌の父親)と夷陵老祖(魏無羨)が小競り合いになって、江厭離(金凌の母親)が魏無羨を守らなければ争いが起きていた、とか余計なことを言い出しました。

回想

江厭離(金凌の母親)が「阿羨(アーシエン)は弟です(注:実弟ではありません)。弟を辱められて黙ってはいられません」と、金氏の人達の前で庇っています。

 

懐蒼山

江厭離(金凌の母親)が魏無羨を庇ったのに、どんな最期を迎えた?という姚宗主。悔しそうな顔をして走っていく金凌。

子供の頃、「母知らず。礼儀知らず」と自分を罵った子どもたちの声が脳内に蘇る金凌。魏無羨を庇った母親が死んでしまった悔しさ。刀で辺りの藪?を斬りつけていると…なぜか悲鳴を上げる金凌。

慌てて魏無羨が駆けつけると、多数の人影。しかし、一体一体細い枝のようなものに囲まれ、動きはありません。

「これは何だ?」という魏無羨に、藍忘機は黙って琴を弾きます。

その一音でモヤが晴れました。

魏無羨は「やっぱりな」といい、この懐蒼山には困屍陣(こんしじん)が敷かれている、と。

困屍陣は屍の動きを封じて怨念を抑え込み、山の麓から離れてないのに怨念の強さが異なるんだとか。陣で生まれた怨念が蓄積されて五感を鈍らせ幻覚を見せたんだと。山に入ると出られないという言い伝えは、困屍陣が人だけでなく獣や妖邪まで捕らえるからだそうで。この亡骸は、11年前に消えた村人たち。

「たかが亡骸さ。怖くなんかないさ」と強がる金凌に苦笑する魏無羨。

しかし怨念を押さえているはずなのに、なぜ櫓からここの怨念が察知できたのかと不思議がる魏無羨。藍忘機は、おそらく困屍陣の影響を受けない妖邪が現れたのだろう、と。

すると聞こえてくる何かの叫び声のようなもの。

突然、頭部だけが金凌に襲いかかってきます。またもそれを助けてあげる魏無羨。魏無羨の前に立ちはだかり、琴を鳴らす藍忘機。

魏無羨が頭部を押さえつけ、御札を貼ったので動きを封じることができました。

陣が敷かれているのに、なぜ亡骸の首だけが動き回るのか?という金凌。「邪鬼が強いからだ。どんな陣だって万能じゃないさ。この陣が含光君(藍忘機)を山に閉じ込めて置けるとおもうか?」

おっと、さり気なく俺の彼氏すごいからアピールですかね。

そんな魏無羨の言葉には何も反応せず「これが下手人か」という藍忘機。櫓を守っていた仙師たちを噛み殺したのと同じ歯型だ、という魏無羨。

「鬼腕が指し示していた先に(1話の話)、この首があったなんてなぁ。へっ。偶然か?でも鬼腕ほど凶暴じゃないようだ」という魏無羨。

「同一人物の可能性も捨てきれないな」という藍忘機に、「この首には”駆魂(くこん)”の印はない。ここからは含光君に任せるよ」という魏無羨。

”駆魂(くこん)”とは魂が取りつくのを防ぐ印だそうで、鬼腕にはその印があったと1話で出てきましたね。

藍忘機が琴で”問霊”を行うと、蘭陵金氏の衣装を着た男性がホログラムのように浮かび上がってきます。

「魏無羨、たかが下僕の子のくせにお前はどこまで横暴なのだ!」と言われ、生前の魏無羨がその人物に向かって何か術をかけ始めました。

「温寧(ウェン・ニン)の死を、その体で償ってもらおう!」という魏無羨。体に無数の黒い痣ができる男性。”千瘡百孔(せんそうひゃっこう)の呪い”だとか。

「早くこの呪いを解け、でないと!」と言ったところで、鬼将軍となった温寧が男性に襲いかかります。

男性は金子勲だったことが判明。金子勲は金子軒の従兄弟なので、金凌からすると叔父さんにあたるようです。

藍忘機は袋の中に首を吸い込みました。

「まさかここにあったとは」という藍忘機。13年前、金子勲の亡骸を探したけれど棺の中は空っぽだったこと。亡骸を探したのは何かを確かめるためだったようで。

そこで金凌が”千瘡百孔の呪い”とは何か、説明を求めます。ありがとう金凌お坊ちゃま!私も知りたかった。

初めはなんともないけれど、痛みを感じ始めると頭を除く全身の丸い痣ができて腸(はらわた)が腐って死ぬ残酷な呪いなんだとか。

金子勲は魏無羨を怒らせたことがあるから、こんな恐ろしい呪いをかけたのだという宗主。ちょこちょこ出てきては魏無羨をディスるこの人、なんなの。

しかし金子勲は横暴で敵も多かったから、魏無羨の仕業とは限らないという現在の魏無羨。ふむ、つまり、自分がやっていないということ??

宗主は「魏無羨は生前罪を重ねていた。死んだあとも弟子どもが報復と称し、あちこちで墓を暴きまくっている。金子勲の墓も荒らされたんだ!邪道の術など、ろくでもないものばかりだ!」と。

「言い争いをするだけ無駄だ。そんなことより、奴の胴体を見つければ分かるはず」という魏無羨。

呪われた者の体は腐らず、痣が残るんですって。ただし、呪いをかけた人がその術を解くor死ねば別なんだとか。つまり藍忘機が金子勲の体を探していたのは、痣が残っているかどうかを確認したかったんですね。

金凌は、魏無羨は死んだから叔父である金子勲の体に痣はないのではないかと。しかし、体が見つからないことには証拠がありません。

魏無羨は、金子勲の墓を暴いたのは鬼道の弟子ではなく、金子勲の体にはまだ痣が残っていたことを隠蔽したかった人がいるのだろう、と。

金凌、少し混乱しています。つまり叔父に”千瘡百孔の呪い”の呪いをかけたのは魏無羨ではないということに。そして藍忘機に向かい、「夷陵老祖とは不仲だったのはずでは。それなのに、なんで奴を庇う?」と聞きます。

藍忘機は「庇ってはいない。証拠もないのに罪を着せるのは不公平だ。確かに魏嬰(ウェイ・イン)は鬼道を修めたが、汚い手を使うことは彼の流儀に反する」と答えます。

驚いた顔で藍忘機を見ている魏無羨。

そこへ、何か鎖を引きずるような音が聞こえてきます。

鬼将軍登場。

しかし、藍忘機は別の場所に目を配っていました。物陰に潜む男性の姿。この人、さっき麓の村で謎の男性に報告してた人かな。

謎の男性は「なんで奴らまでいる」とぶつくさ言ってると、背後から藍忘機の剣が飛んできます。慌てて逃げようとするも藍忘機の陣に捕まってしまいました。

「何者だ。なぜ後をつけた」と質問する藍忘機。しかし謎の男性は自害してしまいました。

一方、金凌は鬼将軍と戦っています。「やめろ、お前には無理だ」と止める魏無羨。金凌は花火を打ち上げ、助けを求めたようです。

 

前塵編に続きエンディングテーマを担当するAimerさんの曲、いいですよねぇ。

前塵編で使われた『季路』も、今回のエンディングテーマ『cold rain』も入っているアルバム購入しちゃいました。

『地球儀』という曲も、めちゃめちゃ好きです。

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です