アニメ

アニメ『魔道祖師』第9話「同舟の二人」ネタバレ感想

アニメ『魔道祖師』第9話「同舟の二人」をネタバレしつつ感想を書いていこうと思います。

アニメ『魔道祖師』第1話「禁断の召喚」
アニメ『魔道祖師』第2話「運命の再会」
アニメ『魔道祖師』第3話「出逢い」
アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」
アニメ『魔道祖師』第5話「邪の道」
アニメ『魔道祖師』第6話「帰着」
アニメ『魔道祖師』第7話「清談会の競い」
アニメ『魔道祖師』第8話「温氏君臨」

 

 

 

公式ホームページ、公式ツイッター

 

 

どこで見られるのか?

Amazonプライム・ビデオのほかには、TOKYO MX、BS11、WOWWOW、ABEMAなどなど

オリジナル版と放送版があるらしい

 

 

個人的に、この情報を頭に入れたいと思います

相関図など

公式ホームページにはPDF版のスターターブックも用意されていました。

用語

自分が今まで見ていて分からなかった用語をまとめました。あくまで、個人調べなので間違っているかもしれません。五十音順です。

献舍(けんしゃ) 血で陣を描き、自分の命と引き換えに邪神などを再び世に復活させる禁術。

それによって召喚された者は、召喚者の願いを叶えないと呪いに身体を蝕まれて転生できない。

五大世家(ごだいせいか) 仙門のなかでも優れている5つの仙門

・雲夢江氏(うんむジャンし)

・姑蘇藍氏(こそランし)

・蘭陵金氏(らんりょうジンし)

・清河聶氏(せいがニエし)

・岐山温氏(きざんウェンし)

邪祟(じゃすい) 妖魔のこと??
紫電(しでん) 江澄のムチ。奪舎した者を紫電で打つと魂を取り出せる。
仙門(せんもん) 妖魔などを退治する仙師(せんし)たちが属する。仙師たちは、それぞれ属する仙門があるらしい。
縛仙網(ばくせんもう) 人や妖魔を捕まえられる網らしい。お値段が高いらしい。
抹額(まっこう) 姑蘇藍氏の仙師たちが額にまいている細い鉢巻。
問霊(もんれい) 琴で屍から生前に抱いていた恨みなどを聞き出すらしい。藍忘機の技量は群を抜いているらしい。
夜狩り(よかり) 妖魔は夜に出ることが多いことから、そう呼ばれるらしい。
乱葬崗(らんそうこう) 夷陵にある無縁墓地

 

五大世家(ごだいせいか)

ホームグラウンド 家  紋
雲夢江氏(うんむジャンし) 雲夢・蓮花塢 蓮の花
姑蘇藍氏(こそランし) 姑蘇・雲深不知処 雲紋
蘭陵金氏(らんりょうジンし) 蘭陵・金麟台 牡丹・金星雪浪
清河聶氏(せいがニエし) 清河・不浄世 獣頭
岐山温氏(きざんウェンし) 岐山・不夜天 太陽

 

 

第9話あらすじ

 

第9話の登場人物

魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 江氏宗主・江楓眠の旧友の子供で、息子同然に扱われている。
江澄(ジャン・チョン) 江氏宗主・江楓眠と虞紫鴛の息子。魏無羨とは義兄弟。
金子軒(ジン・ズーシュエン) 蘭陵金氏(らんりょうジンし)の仙師。金氏の跡継ぎ。
藍忘機(ラン・ワンジー) 藍啓仁(ラン・チーレン)の自慢の弟子。兄と共に藍氏双璧と呼ばれている。藍湛(ラン・ジャン)、またの名を含光君(がんこうくん)。琴が武器。
蘇渉(スー・ショー) 姑蘇藍氏の弟子だったが、独立して秣陵蘇氏の宗主となる。
温晁(ウェン・チャオ) 温家宗主・温若寒の息子。女好き。
王霊嬌 (ワン・リンジャオ) 温晁の愛人。温晁の正室の侍女だった。
羅青羊(ルオ・チンヤン) 女性の修士。温晁に一方的に気に入られてしまい、一方的に王霊嬌から敵視されている。愛称は綿綿。

 

 

第9話「同舟の二人」の流れ

洞窟

洞窟内で暴れだす屠戮玄武(とりくげんぶ)。

皆が屠戮玄武に気を取られている間に、王霊嬌が部下に命じて羅青羊に焼きを入れようとしています。ヤンキーか。

焼きごてと羅青羊の間に入り、代わりに自分が焼印される魏無羨。

またも暴れだした屠戮玄武に、温晁たちは走り出し洞窟の入口を塞いでしまいます。そして雲夢江氏を始め他の仙師たちも温家に歯向かったとして、暮渓山(ぼけいざん)を包囲し洞窟から出てきたものを問答無用で殺すよう命令する温晁。

洞窟に取り残された魏無羨たち。

綿綿は泣きながらお礼を言いに来ました。そして自分の香り袋の中には薬草が入っているから使えるかもしれない、と渡します。

洞窟内に閉じ込められたと思いきや、藍忘機は新しい楓の葉があるから湖と繋がっているかもしれない、と冷静な判断。

泳ぎが得意な江澄と魏無羨が水に潜り抜け道を探ったところ、通れるところが見つかったようです。魏無羨が陣を張り、その間に取り残された人たちを逃がそうとします。

しかし陣の効力が切れてしまったところに、なぜか魏無羨の腕に矢が刺さってしまいます。狙ったのは、かつて姑蘇藍氏で修行をしていた蘇渉(スー・ショー)。蘇渉は怪物を狙ったのだと言い訳しますが、あの藍忘機に「貴様!」と言われるぐらいな感じです。

魏無羨の腕から血が流れ、屠戮玄武がその匂いで魏無羨を追いかけ始めます。江澄には、あとから行くから皆を連れて行くように言う魏無羨。かなり腕が痛むようです。

屠戮玄武に捕まるすんでのところで、藍忘機が助けに来てくれました。しかし、屠戮玄武に足を噛まれ振り回されてしまう藍忘機。なかなか牙から足を抜くことができません。

ようやく抜け出られたものの、怪物の口にキャッチされそうになり……今度は魏無羨がすんでのところで藍忘機を救い出します。なんとか2人で身を隠す場所へと移動。

魏無羨は自分の衣を脱いで細く裂くと藍忘機の足に包帯代わりにします。綿綿がくれた薬草も役に立ちそうです。

藍忘機は魏無羨の胸に焼きごてが押された跡を黙って見つめていたかと思えば、そこを手で押さえ「痛むのなら、もう無茶はするな」と。かなり藍忘機も疲弊しています。

「仕方ないだろ。綿綿は女の子だぞ。顔の烙印は一生消えない。気の毒だ。薬草は限られている大切にしよう。俺の傷よりお前の足を治さないと」そういって藍忘機の足に薬を塗ってあげる魏無羨。

惚れる。なんて優しい子なんだ。

「身体についた烙印も一生消えることはないぞ」「へっ。男だし傷ぐらい」

痛みに耐える藍忘機を見て(藍湛は偏屈だな。また痩せ我慢か)と思う魏無羨。布が足りないからと藍忘機の額から抹額(まっこう)を取ります。嫌がる藍忘機。

「足より抹額が大事か?」と抹額を引っ張りっこする2人。すると、藍忘機が吐血。

藍忘機はそれを見て「よし!毒素は吐いたな」といって抹額を放しました。なるほど、これが狙いだったんですね。「溜め込むと身体に悪い。だから言ったろ、無理するなって。姑蘇藍氏は身なりを何より重んじてたなぁ。抹額を外しただけで激怒するなんて」とからかう魏無羨の腕を叩く藍忘機。さっき弓が刺さった場所では?!

「藍湛!まったくお前ってやつは、生死を共にしたのに叩くことないだろぉ!どれだけ抹額が大切なんだ!」とぶーたれる魏無羨。「ありがとう、感謝する」と囁くように言う藍忘機。

屠戮玄武とは

屠戮玄武は警戒心が強く、水に入れば見つかってしまうだろうから倒さないと脱出できないという魏無羨。

藍忘機は屠戮玄武の皮は硬いが顎の下の鱗は柔らかいので、そこが弱点だといいます。しかし古書によれば、400年前の岐山に現れ大暴れしたが大勢の戦士でも倒せなかったとか。怪我をした2人では勝つのは難しい、と。

江澄が助けを呼びに行くには、一番近いのは姑蘇藍氏の拠点・雲深不知処。しかしそこは温家に焼かれてしまっています。くっ、温家め!

「皆は、無事なんだろう?」と尋ねる魏無羨。藍忘機が大粒の涙を流すのを見て驚きます。父親は瀕死、兄は行方不明だと答える藍忘機。

「なぁ、藍湛」「黙れ。魏嬰、お前は本当に嫌なやつだ」

しゅんとする魏無羨。

藍忘機は3日待って助けが来なければ屠戮玄武を始末しよう、と提案。

 

江澄走る

洞窟をでた江澄は蘇渉を殴ります。そこへ温晁が江澄たちを殺そうと矢を放つよう命じました。

なんとかその攻撃をしのぎ、痛みを押して昼夜歩く江澄。

 

屠戮玄武との対決

ワイヤーのようなもので大きな岩を切ってみせる藍忘機。姑蘇藍氏の弦殺術(げんさつじゅつ)というそうです。ワイヤーのように見えたのは琴の弦なんですって。

まずは洞窟の上から下がっている岩に弦を張り巡らす2人。そして水に潜り、囮となる魏無羨。しかし水に潜った魏無羨は謎の赤い光の中に剣があるのを見つけます。何とか引き抜こうとしている魏無羨を飲み込む屠戮玄武。

藍忘機は弦を引くと屠戮玄武の上を飛び回ります。飲み込まれた魏無羨は刀で屠戮玄武を内側から刺します。外から弦で屠戮玄武の首を切り刻む藍忘機。

なんとか屠戮玄武を倒しましたが、魏無羨は水の底に剣と共に沈んでいってしまいました。

 

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。