アニメ

アニメ『魔道祖師』第8話「温氏君臨」ネタバレ感想

うさぎ

アニメ『魔道祖師』第8話「温氏君臨」をネタバレしつつ感想を書いていこうと思います。

アニメ『魔道祖師』第1話「禁断の召喚」
アニメ『魔道祖師』第2話「運命の再会」
アニメ『魔道祖師』第3話「出逢い」
アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」
アニメ『魔道祖師』第5話「邪の道」
アニメ『魔道祖師』第6話「帰着」
アニメ『魔道祖師』第7話「清談会の競い」

 

 

 

公式ホームページ、公式ツイッター

 

 

どこで見られるのか?

Amazonプライム・ビデオのほかには、TOKYO MX、BS11、WOWWOW、ABEMAなどなど

オリジナル版と放送版があるらしい

 

 

個人的に、この情報を頭に入れたいと思います

相関図など

公式ホームページにはPDF版のスターターブックも用意されていました。

用語

自分が今まで見ていて分からなかった用語をまとめました。あくまで、個人調べなので間違っているかもしれません。五十音順です。

献舍(けんしゃ) 血で陣を描き、自分の命と引き換えに邪神などを再び世に復活させる禁術。

それによって召喚された者は、召喚者の願いを叶えないと呪いに身体を蝕まれて転生できない。

五大世家(ごだいせいか) 仙門のなかでも優れている5つの仙門

・雲夢江氏(うんむジャンし)

・姑蘇藍氏(こそランし)

・蘭陵金氏(らんりょうジンし)

・清河聶氏(せいがニエし)

・岐山温氏(きざんウェンし)

邪祟(じゃすい) 妖魔のこと??
紫電(しでん) 江澄のムチ。奪舎した者を紫電で打つと魂を取り出せる。
仙門(せんもん) 妖魔などを退治する仙師(せんし)たちが属する。仙師たちは、それぞれ属する仙門があるらしい。
縛仙網(ばくせんもう) 人や妖魔を捕まえられる網らしい。お値段が高いらしい。
抹額(まっこう) 姑蘇藍氏の仙師たちが額にまいている細い鉢巻。
問霊(もんれい) 琴で屍から生前に抱いていた恨みなどを聞き出すらしい。藍忘機の技量は群を抜いているらしい。
夜狩り(よかり) 妖魔は夜に出ることが多いことから、そう呼ばれるらしい。
乱葬崗(らんそうこう) 夷陵にある無縁墓地

 

五大世家(ごだいせいか)

ホームグラウンド 家  紋
雲夢江氏(うんむジャンし) 雲夢・蓮花塢 蓮の花
姑蘇藍氏(こそランし) 姑蘇・雲深不知処 雲紋
蘭陵金氏(らんりょうジンし) 蘭陵・金麟台 牡丹・金星雪浪
清河聶氏(せいがニエし) 清河・不浄世 獣頭
岐山温氏(きざんウェンし) 岐山・不夜天 太陽

 

第8話あらすじ

 

第8話の登場人物

魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 江氏宗主の旧友の子供で、息子同然に扱われている。
江澄(ジャン・チョン) 江楓眠と虞紫鴛の息子。魏無羨とは義兄弟。
江楓眠 (ジャン・フォンミエン) 江氏の宗主。
虞紫鴛(ユー・ズーユエン) 江楓眠 の妻。江澄の母。
金子軒(ジン・ズーシュエン) 蘭陵金氏(らんりょうジンし)の仙師。金氏の跡継ぎ。
藍忘機(ラン・ワンジー) 藍啓仁(ラン・チーレン)の自慢の弟子。兄と共に藍氏双璧と呼ばれている。藍湛(ラン・ジャン)、またの名を含光君(がんこうくん)。琴が武器。
温若寒(ウェン・ルオハン) 岐山温氏の宗主。
温晁(ウェン・チャオ) 温若寒の息子。女好き。
王霊嬌 (ワン・リンジャオ) 温晁の愛人。温晁の正室の侍女だった。

 

 

第8話「温氏降臨」の流れ

不夜天城

主催者でありながら、弓術大会では散々な成績だった温氏。温晁(ウェン・チャオ)が扉の前に跪き、四大世家の師弟たちに陥れられ良い成績を残せなかったと詫びています。

扉が開き、岐山温氏の宗主・温若寒(ウェン・ルオハン)登場。

 

怯える息子に、温若寒は四大世家が身の程知らずとは。そろそろ仙門の秩序を教えてやるときがきた、と。

玄正(げんせい)19年

温氏は数十の仙門を次々と傘下に収め、批判する者たちを血祭りにして粛清。仙門百家は怒りをこらえるしかなかった。

その年、温若寒の長男・温旭(ウェン・シュー)は姑蘇藍氏の本拠地である雲深不知処を焼き討ち。姑蘇藍氏の宗主・青蘅君(せいこうくん)は重症を負い、長男・藍曦臣(ラン・シーチェン)は行方不明となってしまう。

って、一気に、さらっとナレーションで言われてしまいました!えー!まだ藍氏の宗主にお目にかかっていないし、兄上は!!兄上はご無事なのですか!!!

燃え盛る炎の前で、怒りに燃える藍忘機。

1ヶ月後。

温氏は”教育がなっていない”という理不尽な理由をつけ、仙門に対して各家の師弟を岐山へ来るよう命令。

江氏

江澄の母・虞紫鴛(ユー・ズーユエン)が机を叩いて怒っています。この人、怒ってないシーンの方が珍しいのかな。

温若寒は、阿澄(あーちょん/江澄のこと)か阿離(あーりん/江澄の姉・江厭離)のどちらかを寄越すよう言ってきたことに明らかに人質だと怒っています。

江澄が自分が行く、というと「当然でしょ、姉に行かせるわけがない」と。プンスカしてる母のことは気にせず、魏無羨に蓮の花から蓮の実を取り出してあげてる江厭離。

母親は、下僕じゃないんだから止めなさい!と怒ってます。

江楓眠は、魏無羨も一緒に行くかどうかは本人に決めさせようと思っているようです。「俺行くよ」という魏無羨に「気楽なものね。行くも行かぬも自由。所詮は他人の息子、江宗主あなたは根っからのお人好しなのよ…」と怒りが止まらない虞紫鴛。

止めに入った江澄に、魏無羨とはつるむなと言ったはずだ、この先何を起こすか分からない。江澄は将来江氏の主になるのにちっとも成長していない、一生魏無羨に勝てそうにない、と言って出ていってしまう虞紫鴛。

怒りを堪える江澄。

 

岐山

各家から師弟が集まりました。女性も集められていて、江氏は横暴すぎるという魏無羨。

現れた温晁は、女性と一緒です。

元は温晁の妻の侍女だった女性だ、と聶懐桑が教えてくれました。ってか、懐桑なんで魏無羨の背中に隠れてるの、めっちゃ可愛いな。

温晁は、さっそく蘭陵金氏の女性・羅青羊(ルオ・ナンヤン)に目をつけたようです。

魏無羨が、ふと藍忘機の方を見ると、なんだか具合が悪いのか様子が変です。

そこへ、剣を渡すように温氏の部下が言いました。修行者にとって剣は肌身離さず持つものだ!と声を上げた男性に、温氏の部下・温逐流 (ウェン・ジューリウ)が襲いかかります。

弾き飛ばされた男性をキャッチする藍忘機。でも、何だか痛そう。結局男性は死んでしまいました。駆けつけた魏無羨は、男性から金丹(きんたん)が消えていることに気づきます。

金丹が何か?は、

仙師の霊力の源。長い修行を得て体内に生まれる。一度破壊されると二度と復元することはできない。

とWikipediaが教えてくれました。

 

怒りをおさえて剣を渡す魏無羨。頑固者の藍忘機も剣を素直に渡すのを見て、やっぱりおかしいと思う魏無羨。

刀を回収した温晁は、温門菁華録(うぇんもんせいかろく)を全員に配布し温氏の歴代の宗主や名士が残した名言集。唯一の規則となるから、内容をしっかり覚えるよう命令。

ぱらぱらっと本をめくり「これはいいかもな」とつぶやく魏無羨。

 

刀を回収されたのに怪物を倒すようお題が出たようです。その途中で、魏無羨は雲深不知処が先月焼き討ちにあったことを知りました。

藍宗主は昏睡状態、藍忘機が足を痛めているのは蔵書閣を焼こうとした温氏を阻もうとしたら足を折られてしまったのだとか。温氏横暴すぎ!!!

魏無羨は藍忘機に近づくと、無理をするなおぶってやるといいますが「断る」と言われてしまいました。

そこへ「探せ!さぼるな!」みたいに威張る温氏の部下。

江澄は、自分たちの身も危ういんだから余計な口を出すな、と魏無羨に言います。

そこに王霊嬌が現れ、怪物がいるという洞窟がこの近くにあるから隈なく探すよう命令してきます。若様の足手まといになったら容赦しないわよ!と。手には焼きごてを持っています。

そのとき、女性の「やめてください、若様」という声が茂みから聞こえてきます。

女性を口説こうとしていますが、魏無羨が現れ「待った!無理強いは楽しくない。違うか、若様。ま、そう慌てるな。俺がもっといいものを見せてやる」と懐から極上の春画だ、と。

まんまと温晁が見ようとすると、王霊嬌が走ってきて洞窟の入口が見つかったと報告に来ます。王霊嬌は青羊をすごい勢いで睨んでました。

青羊が落とした香袋を渡しながら「綿綿」と愛称で呼ぶ魏無羨。その名前で呼ばないで!と言われ、じゃあ本名を教えてくれという魏無羨。まずは自分から名前を名乗るべきだと言われ、自己紹介している魏無羨。それを遠くから見ている藍忘機。「俺の名前は遠道(ウェンタオ)だ」と。

藍忘機は「詩で遊ぶとは」と呆れたようにつぶやき、どこかへ行ってしまいます。

詩?はて??と思っていた私に、こちらのページで説明がありました。

ありがたい。

「あ!綿綿と遠道を思う、か」という聶懐桑。「誰が思うのよ!図々しい!」そういって走っていく青羊。

洞窟

洞窟の中にいる魔物を退治するため集められた各家の師弟たち。

一向に魔物が現れないので、誰かを吊るしてその血を餌におびき寄せろ!という温晁。ここぞとばかりに王霊嬌が青羊を指名します。

別の奴でもいいじゃないかと言ったものの王霊嬌を怒らせると面倒だと思ったのか温晁は青羊を庇ったものは、一生この洞窟から出られないと脅します。

羊青は金子軒と藍忘機の後ろに隠れました。自ら青羊を縛り上げないのならば、金氏と藍氏は戻らなくていい、と最終通告をする温晁。それでも動かない金子軒に、ちょっとは度胸があるんだな、と独り言を言う魏無羨。

1人の藍氏の人間が青羊を捕らえようとしますが、藍忘機が止めさせました。「お前ら歯向かったな!殺してしまえ!」と命令する温晁。武器を持たない金子軒と藍忘機に襲いかかる部下たち。

そこに魏無羨が「家名の威を借りて虐げるは不届き者なり。皆殺しにすべし。殺したあと、その首をはね皆に唾を吐かせ、後世に警告すべし。分かったか?」と。

「はぁ?魏無羨、そんな大それたでまかせをよくも吐いたな!」という温晁。

その言葉は一門を創設した温卯(ウェン・マオ)のものだそうです。それを猛言よばわりするとは、なんて奴だ、と笑い飛ばす魏無羨。さらに「温氏の名士を侮辱した者は、切り捨てよ、と。ふむ、よろしい。お前、死んでいいぞ?」

「殺してやる!」と剣を振りかざして魏無羨に向かっていく温晁。魏無羨は、温晁から簡単に剣を取り上げると温晁の首にあてます。さすがの温逐流も若様を人質に取られては金丹を取れない様子。

そうこうしてると、魔物が目を覚ましました。

まるでネッシーのよう、亀なんだそうです。剣を構える魏無羨でしたが、このゴタゴタのすきをついて王霊嬌が青羊に焼きごてを当てようとしています。あと少しで青羊の肌に焼きごてが…というところで、魏無羨の投げた剣が飛んできて青羊を押さえていた男性にあたります。飛んでくる焼きごてと、青羊の前に立ちはだかる魏無羨。

次の瞬間、わめき声が……

次週へつづく!!!

いやぁ、びっくりしました。まさかの雲深不知処が焼き討ちにあうとは!なぜ藍氏は狙われたのでしょう?四大世家の、まず最初という意味だったのか。それとも別の理由が。そして、何度も書くけどまさかそれがナレーションだけで終わってしまうとは。

兄上が心配です。

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。