アニメ

中国アニメ『天官賜福』第2話「隠された明光廟」のネタバレ感想

ドラマ『陳情令』と同じく原作は墨香銅臭(モーシャントンシウ)さんの『天官賜福』。

アニメ吹替版の第2話をネタバレしつつ感想を書いていきます。

 

 

公式ホームページ

 

公式ツイッター

 

吹替版は、どこで見られるのか?

 

すでに円盤発売も決定!

いやぁ、驚きました。吹替版がスタートする日に、もう円盤の発売が決定していたんです。

完全生産限定版特典

◆三方背BOX
◆ブックレット
◆中国語音声・日本語字幕収録 ※オープニング・エンディングは日本版の内容
◆特典映像
・日本語吹替版オープニング映像
・日本語吹替版ノンクレジットエンディング映像
・PV・CM集

Amazon

アマゾン限定の上下巻セットには

1.メーカー特典:「応援店特典放送告知ポスター」

2.上下巻購入メーカー特典:「上下巻収納BOX

3.上下巻購入Amazonオリジナル特典:F3キャラファインキャンバスアート」

が付いてくるようです。

注文方法など必ず公式ホームページにて確認をお願い致します。

ANIPLEX+

 

ANIPLEX+ 連動購入特典は、ポストカードブックと缶入り死霊蝶付箋だそうです。

なお、連動購入特典は【下巻】の発売日に一括送付されるとか。

注文方法など必ず公式ホームページにて確認をお願い致します。

アニメイト

『【Blu-ray】TV 天官賜福 完全生産限定版』上・下巻を連動購入すると

アニメイト特典:ミニキャラアクリルスタンド(連動購入)、紙製ミニ屏風(連動購入)

注文方法など必ず公式ホームページにて確認をお願い致します。

 

 

フィギュアも発売予定!

ねんどろいど

デフォルメフィギュア

2021年12月発売予定ですが、もう予約はできるようです。

 

 中国版オープニング

 

日本語吹替版キャスト

 

『天官賜福』とは?

3つの領域(天界・人間界・鬼界)からなる世界のお話。

仙楽国の太子・謝憐(シエ・リェン)は修行を積み、17歳で飛昇(ひしょう)し神官となった。神官の使命は人々を救い、功徳を得ること。しかし彼は二度も天界から追放されてしまう。

800年後、謝憐(シエ・リェン)は三度目の飛昇を果たす。しかし“三界の笑い者”といわれる彼に祈りを捧げる者はおらず、人々の住む下界に降りてこつこつとガラクタ集めをしながら功徳を集め、神官として出直すことに。

ある日、謝憐は“三郎(サンラン)”と名乗る不思議な家出少年と出会い……。

全12話。

 

第2話の登場人物

謝憐(シエ・リェン)

もとは仙楽国の太子。修行を積み、17歳の時に飛昇し神官になる。
今回、3度めの飛昇をするも天界の人々は…。
南風(ナンフォン) 中天庭の武官。南陽(ナンヤン)将軍・風信の部下。謝憐が与君山の調査をするときに志願して手助けをする。
扶揺(フーヤオ) 中天庭の武官。玄真将軍・慕情(ムー・チン)の部下。南風とは仲が悪い。
謝憐が与君山の調査をするときに志願して手助けをする。
小彭(シャオポン) 仲間とともに鬼花婿を捕まえ、賞金をもらおうとしている。
小蛍(シャオイン) 小彭(シャオポン)たちが鬼花婿を捕まえるため、花嫁に化けるよう依頼するも断る。
小彭(シャオポン)にからまれたところを謝憐(シエ・リェン)たちに救われ、お礼に謝憐が花嫁っぽく見えるようお化粧などを手伝ってくれる。

 

第2話「隠された明光廟」の流れ

与君山

花嫁に扮し、鬼花婿を誘い出して捕らえようとしている謝憐(シエ・リェン)。途中で鄙奴(ひど)が現れたため、南風(ナンフォン)と扶揺(フーヤオ)は輿の担ぎ手たちを連れて山を下りました。

一人で輿に残り鬼花婿と対面しようとする謝憐(シエ・リェン)。迎えに来たのは1人の男性。血の雨が降ってきたので、赤い傘を差して謝憐(シエ・リェン)が濡れないようにしてくれます。

(軽い足取りは少年のようだが、何事にも動じない力強さを感じる。彼が鬼花婿?)と思う謝憐(シエ・リェン)。

森を抜け、謝憐(シエ・リェン)の前に立つと繋いでいた手を離し、謝憐(シエ・リェン)の顔にかかるベールをあげようとする男性。

謝憐(シエ・リェン)は男性を捕まえようとしますが、男性が口元をほころばせると銀色の蝶が沢山現れました。そして姿を消す男性。

謝憐(シエ・リェン)は男性が鬼花婿であれば狼たちは手下なはずなのに男性を見て怯えたこと。山に張られていた陣は鬼花婿が敷いたはずなのに、いとも簡単に破ったこと。もし鬼花婿でないなら、なぜ輿から自分を連れ出したのか?と考えています。

 

山道

小彭(シャオポン)と仲間たちが歩いています。

あちこちで狼が死んでいたので不気味すぎると怯える仲間。しかし小彭(シャオポン)は「不気味な方が金になる。そして金が入れば贅沢三昧できるってもんよ!」

すると、何か物陰で動く気配。鬼花婿だと追いかける小彭(シャオポン)たち。

明光(ミングァン)廟

謝憐(シエ・リェン)の前に銀色の蝶が現れました。その蝶の後をついていくと辿り着いたのは明光廟。

第1話に出てきた茶屋の店主は明光廟はないと言っていたのに、と。

廟の中へ入ってみると何か異臭がしたようで鼻を押さえる謝憐(シエ・リェン)。この100年で攫われた17名の花嫁たちが向かい合うように二列になって並んでいました。

すると怪しげな風が吹きはじめ、

♪嫁入り娘 嫁入り娘 花轎(かきょう)に乗ってくる嫁入り娘〜

♪目を潤ませ 丘を越える 面紗(めんしゃ)の裏で笑うなかれ

第1話で聞こえてきた曲が聞こえてきます。

すると静かに廟の扉が開き、何かが入ってくる足音が。慌てて花嫁たちの列に交じる謝憐(シエ・リェン)。

風で自分のベールがまくれ顔を見られてしまった謝憐(シエ・リェン)は攻撃態勢に入ります。しかし相手は黒い霧で、廟の外へと逃げていってしまいました。

すると前から小彭(シャオポン)と仲間たちが走ってきます。鬼花婿を捕まえ賞金はみんなで山分けだ!とか騒いでいます。

謝憐(シエ・リェン)が立っているのに気づいた小彭(シャオポン)。「お嬢さんは鬼花婿に攫われたのか?大丈夫、助けに来た」と松明を持って近づいてきます。

周りが暗すぎて、自分の話しかけている相手が謝憐(シエ・リェン)だとは気づいていません。

すると仲間たちが「明光廟?こんなところにあったか?」とざわつき始めます。

「動いてはいけない」という謝憐(シエ・リェン)に「お、お前、男か?!」と松明を近づける小彭(シャオポン)。

「あのときの!」「来る途中、何かに遭遇したか?」「へっ、教えるもんか。この前の片も付いてねぇのに」とすごむ小彭(シャオポン)。

 

すると、轟音と共に木が揺らぎました。

1話に続き、南風が衝撃波を出したようです。

「ここへ来る途中、何か不審なものを(急に柔らかい口調になって)見なかった?」

その笑顔はズルいって、と笑う私。

小彭(シャオポン)たちは、鬼花婿を追っかけてきたら明光廟に到着したのだと説明。

南風は、輿の担ぎ手たちを安全な場所へ避難させてから戻って来たけれど不審なものは何も見なかったと言います。扶揺も近くを見てきたけれど何もない、と報告。

謝憐(シエ・リェン)は鬼花婿と戦ったばかりだから、まだ近くにいるはず。だから小彭(シャオポン)たちの中に紛れ込んでいるのかもと言います。

しかし全員知った顔だから疑うなら調べてみろという小彭(シャオポン)。南風が松明を持って小彭(シャオポン)たちを照らすと、全員見知った顔だと答えました。

誰かに取り憑いたのでは?と扶揺が言うと、謝憐(シエ・リェン)は実体があったからそれはない、と答えます。

鬼花婿の等級が凶なら形を変え、別の姿で潜んでいる可能性があるかもという話になりました。すると、「誰か居るぞ!」という声。

その間に、1人こっそりと廟の方へと歩いていく男性の姿。

小彭(シャオポン)が怪しげな人物を捕らえてみると

 

小蛍(シャオイン)でした。どうしても心配になって様子を見に来たのだと言います。鬼花婿なのかと疑われ「違うわ。旅のお方!私は小蛍(シャオイン)。お化粧や髪を直しましたよね!」と叫びます。

え……と固まる小彭(シャオポン)たち。

 

ヒソヒソと「そんな趣味があるとは」「普通じゃないだろ」と噂される謝憐(シエ・リェン)。

画面には女装大佬と書いてありますね。ウェブ翻訳にかけてみたら「女装の大人」。女装が趣味な人、という感じなのでしょうかね??

「いやぁ、これも任務、任務なんだよぉ〜。2人とも頼むぅ〜……なんとか言ってくれぇ」と南風と扶揺に助けを求めますが

 

南風「何か言いたいことは?」

扶揺「ないな」

謝憐(シエ・リェン)「頼りになる2人が……」

 

すると、廟の方から花嫁が沢山いる!と声がしました。謝憐(シエ・リェン)たちは賞金目当てで、自分たちを追い払うつもりだったんだろうという小彭(シャオポン)。

南風が止めるのも聞かず廟へと走っていきます。

「まったくなんて奴らなんだ」という南風に「落ち着いて。彼らにケガをさせ巡回の神官に見つかったら大変だ」という謝憐(シエ・リェン)。

って、扶揺、なぜ、その表情なの。うぷぷ。

謝憐(シエ・リェン)たちも廟の中へ入り「今すぐここから出るんだ。中は風が入らず邪気も強い、とても危険だ」と警告。

それを無視して、花嫁たちに近づく小彭(シャオポン)たち。

それにしても死んでから随分たつのに腐ってないのはどうしてなんだ?と不思議がる仲間。小彭(シャオポン)は「そんなの知るか。たとえ死体だろうと家族が賞金を出すはずだ!いいか、新しいのを選べよぉ。古い花嫁じゃ家族も死んでて金にならんからな!」と指示を出します。

「止めるんだ!陰の気に触れてしまうぞ!」という謝憐(シエ・リェン)の言葉なんぞ聞かない小彭(シャオポン)。花嫁のベールを取ると、すごい美人さんでした。

もったいない、いい女じゃないか。だが見てると気味が悪くなってきた、とかいう人も。

小彭(シャオポン)は「情けない、どけ!」というと花嫁の顔を触り始めます。

居ても立っても居られず、小蛍(シャオイン)が止めに入りますが小彭(シャオポン)に突き飛ばされてしまいました。

小蛍(シャオイン)を庇う謝憐(シエ・リェン)。すると、誰かが小彭(シャオポン)のおでこに何かをぶつけます。窓の外に、包帯を巻いた何者かがいたようです。追いかける男たち。

先ほど謝憐(シエ・リェン)が通ってきた道のようです。(この臭い…)と思った謝憐(シエ・リェン)は「危険だ!入るな!」と止めるも「ビビってて金が入るか!俺たちだけで行くぞ!」と走っていく小彭(シャオポン)たち。

 

ほどなく、大きな悲鳴がして「やべえぜ」「血だ、血だらけだ、どこもかしこも」と叫びながら戻ってきました。謝憐(シエ・リェン)には彼らが無傷なことが分かっていたようです。

そして松明を借りると林の中へと放り込みました。

どうやら木から死体がぶら下がっていて、血が滴っているんだとか。

 

南風は「鬼花婿は青鬼と関係しているのか。手こずるかもな」と。「青鬼とは?」と聞く謝憐(シエ・リェン)。

「絶の等級に近い鬼です。死体を吊り下げて森を作りたがる」という扶揺。

「鄙奴(ひど)に襲われた時、二手に分かれましたが方角から言って太子殿下はさっきここを通ったはずです。何か気づきませんでしたか?」という南風。

輿の中に誰か入って来て自分を連れ出したこと、危険極まりない陣をいとも簡単に破ったのだ、と説明する謝憐(シエ・リェン)。

「絶に近いその青鬼が彼なのか?」という謝憐(シエ・リェン)に「分かりません、そいつの特徴は?」と聞く南風。

「銀の蝶。水晶のように輝き、幻想的」と答えた謝憐(シエ・リェン)。いきなり扶揺が「ここを離れないと!」と走り出しました。

「鬼花婿の件が解決していない」という謝憐(シエ・リェン)に「鬼花婿や青鬼どころじゃないでしょう。蝶の主が、だれか知らないんですか?」「ああ、誰なんだ?」

扶揺は深い溜息をつくと「とにかく今は説明してる暇はありません。天界に報告します」「ならば行け」「?!」「1つ、彼に悪意はなかった。2つ、それほど恐ろしい相手ならばみんなを置いてはいけない。南風と残る。君は救援を呼んでくれ」

走り出す南風。

小彭(シャオポン)たちは鬼花婿を捕まえたようです。

「違う!その子は鬼花婿じゃない。悪いことは何もしてない、その子はただの!」と駆けてくる小蛍。

ただの化け物だろう、と鬼花婿の包帯を取ろうとする小彭(シャオポン)。

謝憐(シエ・リェン)は「やめろ」と割って入りました。

「鬼花婿ではない。本物はまだ近くにいる」

小彭(シャオポン)は謝憐(シエ・リェン)たちも鬼花婿の仲間で、あの花嫁もお前たちの仕業だろうと言い出しました。

「正義を気取ってるくせに、陰では悪の限りを尽くすとは!俺が天に代わって…」と小彭(シャオポン)が言いかけたところで、謝憐(シエ・リェン)の包帯がうなりました。

南風も前に出て、小彭(シャオポン)の仲間たちと一触即発、と思いきや。

怪しげな風が吹いてきたので「長居は無用だ。ここを離れよう」という謝憐(シエ・リェン)。

小蛍は謝憐(シエ・リェン)にお礼を言います。

 

森に吊られていた死体は、この包帯の少年とは無関係だという小蛍。少年は山に住んでいるが、お腹が空くと麓へ下りてきて食べ物を盗んでいく。小蛍の家にも盗みに入ったが、顔に傷もあり気の毒だと手当をしてあげたんだとか。

しかし見た目が不気味なので村人に意地悪をされてしまった。そこで少年を山へ返し、数日おきに小蛍が山へと食料を届けていたんだ、と。

謝憐(シエ・リェン)は、ここの他にも明光廟がないか?と尋ねます。

すると以前はあったけれど、建てるたびに火事にあってしまった。明光将軍では鎮められず、南陽(ナンヤン)将軍を祀ったと説明する小蛍。

謝憐(シエ・リェン)は、ここを動かないように小蛍へ指示。そして南風から法力をもらいます。(もらう、でいいのかな??)

「なんです?」「あとで話す。明光廟に戻るぞ」

すると小彭(シャオポン)の仲間が駆け寄ってきて、自分たちをここに置き去りにするつもりか!と南風に詰め寄ります。

ムカ!っとして殴って静かにさせる南風。

 

謝憐(シエ・リェン)は明光廟で18人の花嫁を鎮めるそうです。

「17人では?」という南風に「前は17人だったが今は18人だ。そのなかの1人が鬼花婿だ」と。謝憐(シエ・リェン)が追ったのは、ただの黒い霧。小彭(シャオポン)の仲間にも不審人物はおらず、少年も鬼花婿ではなかった。

つまり、鬼花婿も花嫁に扮していたのだ、と。明光廟が何度も火事になったのは偶然ではなく、誰かの仕業。火を放つのは、大抵が恨みから。なぜ与君山に陣が張られ、明光廟が保存されていたのか?なぜ明光将軍の像が、これほど立派に彫られていたのか?笑みを見せてはいけないと歌で花嫁に警告したのは、彼女たちの幸せに嫉妬したから。

これらをすべて繋げると、可能性は1つ。

「嫉妬、独占欲、憎しみ。鬼花婿は……男じゃない。愛が報われず恨みをつのらせた…女?」

 

しかし、すでに花嫁たちの死体は小彭(シャオポン)の仲間たちによって連れさられていました。その死体が立ち上がり、男たちの方へ歩いていこうとしています。

謝憐(シエ・リェン)の包帯に殴られ気絶していた小彭(シャオポン)。立ち上がると小蛍の背中から木の棒で殴ろうと近づきます。棒を振り上げたところで、何かの気配に気づき怯えて悲鳴をあげ…。

 

第1話《  》第3話

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。