アニメ

アニメ『魔道祖師』羨雲編 第3話「人食い石堂」ネタバレ感想

アニメ『魔道祖師』も羨雲(せんうん)編に入りました。

”献舎の術”で莫玄羽として蘇った魏無羨、いよいよ藍忘機と一緒に鬼腕の謎に近づいていきます。

 

 

公式ホームページ、公式ツイッター

 

 

どこで見られるのか?

Amazonプライム・ビデオのほかには、TOKYO MX、BS11、WOWWOW、ABEMAなどなど

オリジナル版と放送版があるらしい

 

 

個人的に、この情報を頭に入れたいと思います

相関図など

公式ホームページにはPDF版のスターターブックも用意されていました。

用語

自分が今まで見ていて分からなかった用語をまとめました。あくまで、個人調べなので間違っているかもしれません。五十音順です。

献舍(けんしゃ) 血で陣を描き、自分の命と引き換えに邪神などを再び世に復活させる禁術。それによって召喚された者は、召喚者の願いを叶えないと呪いに身体を蝕まれて転生できない。
魏無羨は、莫玄羽によって献舎で蘇った。
五大世家(ごだいせいか) 仙門のなかでも優れている5つの仙門

・雲夢江氏(うんむジャンし)

・姑蘇藍氏(こそランし)

・蘭陵金氏(らんりょうジンし)

・清河聶氏(せいがニエし)

・岐山温氏(きざんウェンし)

邪祟(じゃすい) 妖魔のこと??
紫電(しでん) 江澄のムチ。奪舎した者を紫電で打つと魂を取り出せる。江澄は母親から譲り受けた。
仙門(せんもん) 妖魔などを退治する仙師(せんし)たちが属する。仙師たちは、それぞれ属する仙門があるらしい。
縛仙網(ばくせんもう) 人や妖魔を捕まえられる網らしい。お値段が高いらしい。
抹額(まっこう) 姑蘇藍氏の仙師たちが額にまいている細い鉢巻。
問霊(もんれい) 琴で屍から生前に抱いていた恨みなどを聞き出すらしい。藍忘機の技量は群を抜いているらしい。
夜狩り(よかり) 妖魔は夜に出ることが多いことから、そう呼ばれるらしい。
乱葬崗(らんそうこう) 夷陵にある無縁墓地

 

 

五大世家(ごだいせいか)

ホームグラウンド 家  紋
雲夢江氏(うんむジャンし) 雲夢・蓮花塢 蓮の花
姑蘇藍氏(こそランし) 姑蘇・雲深不知処 雲紋
蘭陵金氏(らんりょうジンし) 蘭陵・金麟台 牡丹・金星雪浪
清河聶氏(せいがニエし) 清河・不浄世 獣頭
岐山温氏(きざんウェンし) 岐山・不夜天 太陽

 

 

『魔道祖師』前塵編について

アニメ『魔道祖師』第1話「禁断の召喚」
アニメ『魔道祖師』第2話「運命の再会」
アニメ『魔道祖師』第3話「出逢い」
アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」
アニメ『魔道祖師』第5話「邪の道」
アニメ『魔道祖師』第6話「帰着」
アニメ『魔道祖師』第7話「清談会の競い」
アニメ『魔道祖師』第8話「温氏君臨」
アニメ『魔道祖師』第9話「同舟の二人」
アニメ『魔道祖師』第10話「双傑の約束」
アニメ『魔道祖師』第11話「悲しき別れ」
アニメ『魔道祖師』第12話「温家の姉弟」
アニメ『魔道祖師』第13話「死地へ」
アニメ『魔道祖師』第14話「闇に響く笛の音」
アニメ『魔道祖師』第15話「老祖誕生」

 

『魔道祖師』羨雲編について

アニメ『魔道祖師』羨雲編 第1話「連携」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第2話「呪いの印」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第4話「忘れ形見」ネタバレ感想

 

中国ドラマ『陳情令』について

ついに手を出してしまいました…ネタバレ感想、どこまで書けるか分かりませんが、まずは中国ドラマ『陳情令』第1話「目覚め」ネタバレとか用語とか感想とかを書きました。

 

羨雲編 第3話あらすじ

 

 

羨雲編 第3話の登場人物

魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 江氏前宗主・江楓眠の旧友の子供で、息子同然に扱われていた。
死んだはずだったが莫玄羽によって魂が蘇り、体は莫玄羽になっている。
江澄(ジャン・チョン) 江氏宗主。江氏前宗主・江楓眠と虞紫鴛の息子。魏無羨とは義兄弟。
藍忘機(ラン・ワンジー) 藍啓仁(ラン・チーレン)の自慢の弟子。兄と共に藍氏双璧と呼ばれている。藍湛(ラン・ジャン)、またの名を含光君(がんこうくん)。琴が武器。
藍曦臣(ラン・シーチェン) 藍忘機の兄。
金光瑤 (ジン・グアンヤオ) 金氏の宗主。聶明玦、藍曦臣とは義兄弟の仲。「三尊」と呼ばれる。
金子軒(ジン・ズーシュエン) 蘭陵金氏の前宗主・金光善の嫡男。魏無羨を”献舎の術”で蘇らせた莫玄羽とは異母兄弟。
金子勲(ジン・ズーシュン) 金子軒の従兄弟。
藍思追(ラン・スージュイ) 姑蘇藍氏の弟子。聡明。穏やか。
藍景儀(ラン・ジンイー) 姑蘇藍氏の弟子。物言いがストレートで、ちょっと短気なところも?
聶懐桑(ニエ・ホワイサン) 聶家宗主。前宗主・聶明玦とは異母兄弟。

 

 

羨雲編 第3話「人食い石堂」の流れ

懐蒼山

懐蒼山には屍の動きを封じて怨念を抑え込む”困屍陣(こんしじん)”という陣がはられていました。

しかも鬼将軍が現れ、金凌は応援を呼ぶため信号を打ち上げます。

魏無羨は鬼将軍に「行くぞ!」と声をかけ「来い!」と鬼道で鬼将軍を導こうとします。しかし、別方向へ行こうとする鬼将軍。

鬼将軍の前に現れたのは金凌の叔父である江澄(ジャン・チョン)。紫電(しでん)と呼ばれるムチで鬼将軍をぶつ江澄。

 

紫電は、江澄が母親から譲り受けた武器です。

逃げる鬼将軍を紫電で掴まえますが巨木をぶつけられ、鬼将軍を見失う江澄。部下たちに行方を探させます。

江澄は藍忘機に向かい、なぜ大梵山(だいぼんざん)(前塵編 第2話)でも今回も鬼将軍を逃すのか?と。

何も言わない藍忘機に、半笑いで「まさか話すことはないと?」という江澄。それに対し魏無羨は「含光君は、もともと寡黙だ」って答えたのがめっちゃツボでした。それに、寡黙ということを莫玄羽(モー・シュエンユー)が知ってるのも本当は、ん?ってなりますよね。なんで知ってるの?と。

藍忘機は、いつ莫玄羽が魏無羨だって気づいたのかなぁ。気になる。

魏無羨の声というか莫玄羽が現れたので「またおまえか。一度だけでなく二度となると偶然では片付けられないぞ」という江澄。

「偶然ってどういうことだよ?」という魏無羨に、無言で紫電を光らせる江澄。「うわ、またやるつもりか?(前塵編 第2話)。紫電で奪舎(だっしゃ)されてないと分かっただろう」

奪舎というのは、無理やり相手の体を乗っ取って生き返ることだそうで。魏無羨は、莫玄羽(モー・シュエンユー)に復讐をお願いされて蘇っている(献舎/けんしゃ)ので、紫電で打たれても魂を取り出されないわけですね。

そこに魏無羨を庇うよう無言で立つ藍忘機。寡黙。

「藍忘機、あえて私を敵に回したいのか?」という江澄に、「叔父上、莫玄羽は姑蘇藍氏の客人らしいよ」と囁く金凌。

「客人だと?!」めっちゃ驚く江澄。そして大笑いすると「笑わせるな、そんな得体のしれないものが客とは。正統派が聞いて呆れる。せいぜい私の手に落ちないことだな」そういうと去っていく江澄。

そして金凌に「一人で夜狩りに行くなと言ったはずだ。面倒かけるな!」と叱っています。

「こりゃまいったなぁ、江宗主に目をつけられたら命がいくつあっても足りない」と誤魔化す魏無羨。「私と一緒にいれば手出しはしてこない」という藍忘機。くっ。カッコいい。

そして村人の死体を調べた藍忘機。どの亡骸にも縫った後があるようですが、位置が違う事がわかります。羨雲編 第1話で麓の村にいた女性は亡骸を切断するのを見て錯乱してしまったようです。

なぜ切断して再び縫ったのかと不思議がる魏無羨に、藍忘機は「首と違い胴体に殺気はない」と教えます。「そうか、なるほど。切断して怨念を散らし別の亡骸と縫い合わせて殺気を鎮めた」と。

そして亡骸に不思議な模様があるのを見つける魏無羨。魏無羨も藍忘機も見たことがないそうです。怨念を抑え込む陣の形にそっくりだけど、フモンの書き方が違ってるんだとか。これなら大量の怨念を吸収できるな、という魏無羨。

「凶暴な屍になる」という藍忘機に「うん、長くは持たないが威力は強い。数日もあれば、かなり凶暴な屍を作れる」と答える魏無羨。

「11年前に(村人たちの)亡骸を切断し怨念を押さえられるか試した者がいた」という藍忘機。

魏無羨「懐蒼山は辺鄙な場所で困屍陣(こんしじん・屍の動きを封じて怨念を抑え込む)で守られている。金子勲(ジン・ズーシュン)の首が暴れなきゃ、この山の秘密は謎に包まれたままだったはず」

藍忘機「金子勲の首は実に興味深いな」

魏無羨「困屍陣のなかで暴れ回るような首が11年もおとなしくしてるか?唯一考えられるとしたら…」

 

藍忘機「あの首は、ここ数日で出現した」

魏無羨「ちょうどその頃、含光君が鬼腕を雲深不知処に持ち帰った。奇遇だなぁ。随分手が混んでるじゃないか?含光君に何かを調べさせたいんだなぁ」

 

謎の人物

「なぜ藍忘機が懐蒼山に現れたんだ?」と部下に聞く謎の男性。

部下は「分かりません。刺客も自害してしまいまして」と答えます。「今はみだりに動くな。懐蒼山に残っている者だけでは突き止めきれないはず」という男性。

部下「もう一つの疑問ですが困屍陣を破れる者はいないはずでは?」

男性「そうだ。継承(?)が途絶えたからな……破られたのか?」

そうですと答えた部下に対し「それは変だ。藍忘機でも破れないはず」と。部下は藍忘機ではなく、莫玄羽という無名の輩が困屍陣を破ったと報告。

「莫玄羽だと?!」という謎の男性。どなたです?あなた様は、どなたなのです??

懐蒼山

藍忘機の弟子たちが亡骸をすべて調べましたが、”千瘡百孔(せんそうひゃっこう)”の痕や鬼腕の手がかりは見つかりませんでした。

”千瘡百孔”は第2話に出てきた言葉で、”初めはなんともないけれど、痛みを感じ始めると頭を除く全身の丸い痣ができて腸(はらわた)が腐って死ぬ残酷な呪い”なんだとか。

”千瘡百孔”の呪いをかけた張本人がその術を解くor張本人が死ねば、呪いをかけられた人の体からは痣が消えるそうです。

 

「手がかりなしか。そりゃ簡単にはいかないよなぁ。残念だが亡骸は全部切断されて問霊もできない(といいつつ、ウィンクしてる魏無羨)。だったらなんで、わざわざこんなところに俺たちを来させた」

木の陰から魏無羨たちを見ていたのは、麓にいた錯乱してしまった女性。でんでん太鼓を持って笑っています。彼女の近くには、こんもりと土が盛られ、上にはぬいぐるみと風車が。

魏無羨が風車を手にしようとすると、女性がいきなり手に噛み付いてきました。

よく見ると、土の間から人の手が見えます。

魏無羨と藍忘機は黙って頷きあうと(息ぴったり!)、魏無羨は女性を術でおとなしくさせ、藍忘機は中にいた亡骸を露出させます。

亡骸の首には霜華剣(そうかけん)の痕。持ち主は暁星塵(シャオ・シンチェン)といい、強い効力を持ち12年前に山を降りて霜華剣で名を轟かせたんだとか。”けんらくそうてん”という技を使って霜華剣の痕跡を残すそうで。

霜華剣で斬りつけられた人は、みんな凍ってしまってますねぇ。

世直しを志す高潔の士で、11年前に暁星塵が陰謀を阻止したのではないかという藍忘機。

暁星塵が修行した場所は不明だけれど、師匠は抱山散人と聞いて驚く魏無羨。抱山散人は魏無羨の母親の師匠でもあるのでした。

雲深不知処

鐘が鳴り止みません。鬼腕が暴れて、ついに逃げてしまいました。

信号を打ち上げる藍思追。

それを遠くで見ている、また先ほどとは別の謎の男性。

懐蒼山

藍景儀が怒っています「まったく鬼道ってのは悪の極みだな、こんな残虐な手を使って亡骸まで」。

「鬼道の修行者が困屍陣を編み出したんじゃない。数百年前の仙門の名士。陣も邪道じゃない。屍の動きを封じて人を助けるものだ」と答える魏無羨。

「剣は剣に過ぎない。救うも殺すも剣を使う者の心次第。善悪も心ひとつで決まるのだ」という藍忘機。

「善悪は心ひとつ。それじゃ、これを仕掛けた者はどうかな?」と魏無羨がいうと、屍の手に駆魂の印(くこんのしるし)が浮かび上がります。

手法から見て、鬼腕にあったものと同じようです。試しにやってみたのかもしれない、鬼腕のものより画数が少ない、という魏無羨。

「駆魂の印を解ける奴は、ごく僅かだ」という魏無羨に「恥ずかしげもなく自慢する奴なんて初めてみた」という藍景儀に笑う魏無羨。

そこへ、鬼腕が冥室(めいしつ・鬼腕が置いてあった場所)から逃げたという報告が入りました。

 

金鱗台

藍忘機の兄・藍曦臣と金光瑤 (ジン・グアンヤオ)のところにも、鬼腕が逃げた話は伝わりました。

三箇所の見張り櫓で異変をキャッチしたとのこと、おそらく鬼腕は清河だろうという藍曦臣。

 

懐蒼山

何かを読んでいた藍忘機。犠牲を食い止めたい、と部下に鬼腕を捕らえるよう命令を出しました。

どこを探せばいいのだろうという藍景儀に、風邪盤(ふうじゃばん)を取り出す魏無羨。風邪盤は妖者を指し示せるが、それが鬼腕とは限らないじゃないか、という藍景儀。

魏無羨は”れんけつじゅつ(連結術でいいのかな?)”を使って場所を探すようです。主が違っていながら鬼腕が首の方向を指したのも、れんけつじゅつだそうで。

そういえば、冥室で鬼腕は懐蒼山の方を指差したんでした。鬼腕は誰の手なのか現在不明ですが、その鬼腕が金子勲の首の方向(懐蒼山の方向)を指し示したんでしたね。

魏無羨は風邪盤に向かって乾坤袋を出すよう藍忘機にお願いします。袋から出てきたのは、金子勲の首。

「邪気が強いほど術は難しい。術をかけた者の鬼道の力はすさまじい」という魏無羨。夷陵老祖だった魏無羨がいうぐらいですから、相当な力の持ち主ってことですよね?何人か心当たりがあるのかしら…。

「その者がいる方角を示すのか?」という藍忘機に「そうだ」と答える魏無羨。

「ただ、れんけつじゅつは長くは持たない。効果が残ってるかなぁ」という魏無羨でしたが、風邪盤はピタリと、とある方向を指し示しました。

 

清河

部下に鬼将軍の居場所を聞く江澄(ジャン・チョン)。まだ居場所は分からないけれど、清河の領域に入ったという情報があるようです。

「確かなのか?」と江澄に聞かれ、口ごもる部下。「金凌は?」「仙子(シエンズ)が逃げたので追っています」と聞いて「もういい。清河に入るぞ」と。

魏無羨たちも清河へとやってきました。しかし、清河領域へ入ったところで術の効果が切れ、風邪盤が方向を示さなくなってしまったようです。

鬼腕は殺気が強いから動けば必ず痕跡が残る、という藍忘機に「他の手を試すしかないな」という魏無羨。半日歩いたから暑くて仕方ない魏無羨は、屋台のアイスに釘付け。

『魔道祖師』とコラボしているアイスのメーカー「可愛多」ですね!

 

かき氷の店だ!と煕ぶ魏無羨、さっそく飛びつく魏無羨。「相変わらず、これは美味しいなぁ。ほら含光君、食べてみろよ!」と。

そこへ「夷陵老祖が1枚5文、3枚で10文、さあさ買わなきゃ損するよ〜」と言いながら似顔絵売り?のおじさんがやってきました。

おじさんは魏無羨にぶつかると、「殺気が強く邪気も濃い。悪で悪を制し、毒で毒を攻める。へへへ、何枚かどうだい?」と、夷陵老祖のイラストを見せます。が、これが、ひどい。ふざけてるにもほどがあるぐらいの絵。

肩をがっくり落とす魏無羨。「魏無羨は世家若君の第4位だぞ!人からは(聞こえず)美男子って呼ばれてる!なのに、これは…」

そこへ前から金凌が全速力で走ってきて、全力でおじさんを殴りました。

「私の前で魏無羨の名前を出して殺されないだけマシだと思えよ。奴の名前を連呼するなんて、死にたいのか!」と。

「あああ、金凌」「おい痴れ者!まだいるのか。上等だ」「俺を掴まえ、叔父上に点数稼ぎする気か。大梵山では地面に押さえつけられてたくせにさぁ(前塵編 第2話)」

金凌は、はっと笑うと口笛を吹きました。

すると、犬の鳴き声がして大きな犬が魏無羨へ向かって飛びかかってきます。

「藍湛!助けて!!」と藍忘機の後ろに隠れる魏無羨、犬をジロリと睨んだだけで犬がシュンとなってしまいます。

「チッ」というと「仙子(シエンズ)行くぞ」と金凌はどこかへ行ってしまいました。

犬が怖くて、思わず藍忘機に抱きついていた魏無羨。そんな自分に気づき、慌てて地面におります。わー、藍忘機嬉しかっただろうなぁ。めっちゃ表情変わってないけど。兄上(藍曦臣)がいたら、すごい嬉しそうだなって見守ってくれるんだろうなぁ(妄想)。

「と、ところで、ところで含光君はなにか探り当てたのかなぁ〜」と誤魔化す魏無羨。「近くの行路嶺(こうろれい)で屍が突然暴れだして民を負傷させたようだ」と。

すると、先ほどのおじさんが現れて「待ってくれ!行路嶺には行かないほうがいい。あそこは別名”人食い嶺”と言われている。聞くところによると、あそこには石堂があるんだが、人を喰う怪物が住んでるって話だ。一度足を踏み入れたら骨のカスすら残らないらしいぞ」

「いつの話だ?」という魏無羨に「何年も前からだよ」「清河聶氏(せいがにえし)はどうした?」「ははは。清河聶氏だって?昔の宗主だったら絶対に見過ごすことはなかった。でも今の宗主は知っていても、知らなくても、怯えて語らない。人呼んで”知らぬ存ぜぬ。”蘭陵金氏と姑蘇藍氏の後ろ盾で宗主の座についているにすぎない」と。

”知らぬ存ぜぬ”こと、聶懐桑(ニエ・ホワイサン)は鳥かごの鳥と戯れています。部下が「宗主、行路嶺の対処はどうしますか?」と聞くと、「うーーーん、そうだなぁ」と。すると鳥が「知らないよ。私は知らない。本当に知らなーい」と代わりに答えてくれました。

清河 行路嶺

犬の仙子のあとを追って全力疾走している金凌。「なんだよ、仙子。肉でもあるのか?そんなに速く走るな」と息が上がっています。

魏無羨と藍忘機もやってきました。こんなところに人を喰う怪物が?という魏無羨。そこに仙子の吠え声が聞こえてきました。

またしても「犬だ!」と藍忘機の後ろに隠れる魏無羨。「犬が…怖いのか?」と聞く藍忘機に「嫌な思い出が…あって」

回想

雪が激しく降っています。道路にも建物にも雪が積もっています。

そこに野犬に囲まれた少年の姿。寒いのに擦り切れた着物、犬を追い払おうとしますがむしろもう一歩で襲われそうに…そのとき銀の鈴を腰から下げた男性が現れます。

「さぁ、もう大丈夫。怖くないから。ほら、うちに帰ろう」と手を差し伸べるのです。

江氏の前宗主・江楓眠(ジャン・フォンミエン)でした。

これが、江楓眠と魏無羨の最初の出会いなのかな?

 

清河 行路嶺

何かが背後で動く音がして、ちらりと後ろを見る藍忘機。

木陰には大きな扇子を広げた男性の姿。ただし顔は見えません。

 

この謎の男性、ドラマ『陳情令』に出てきた謎の男性と同じなのかしら??

懐蒼山に刺客を放った謎の男性も気になるし。

 

 

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です