邦画ドラマ

ドラマ『タリオー復讐代行の2人ー』第4話のネタバレ感想

ドラマ『タリオー復讐代行の2人ー』第4話のネタバレ感想です。

 

登場人物

役 名 役どころ
白沢 真実(まみ) 正義感の強い弁護士。いや、弁護士だった。
黒岩 賢介 あるときは経営コンサルタント、あるときは復讐代行。つまり詐欺師。(つまり?)
杉本 涼子 奨学金返済のためパパ活をしていた。相手に裏切られたので復讐したい。
芥川 涼子のパパ活の相手。本名は平山一良。フリーランス芸能ライター。
芥川 本当の芥川。本名は本村。ややこしいな。

 

第4話の内容

事務所

復讐代行の依頼人が来たようです。

涼子はパパ活をしていた相手に騙されたから復讐して欲しいとか。

パパ活とは、若い女性がお金をもらって年上の成功した男と食事とかすること。

真美は名前を変えた援助交際だ、許されない!と依頼人のいる前で叫んでます。

涼子は自分でも間違ったことだと分かっているがお金に困っていたのだ、と。奨学金の返済600万円があるんだそうで。

大学を無事に卒業し就職できたので給料から支払っていたが生活が苦しかった。パパ活で一番最初に会った人に恋愛感情を抱いてしまったと話す涼子。

しかし2週間前、一緒にご飯を食べ、自分がトイレへ行っている間に男性は消えてしまった。カバンに入っていたお財布も無くなっていたそうです。何度連絡しても電話は繋がらず、電話もメールもブロックされた、と。

黒岩は経営者というのも嘘だろうな、と。

真美は窃盗罪だから10年以上の懲役または50万円以下の罰金、一緒に警察へ行きましょう、と。行けるわけ無いだろう、という黒岩。おじさんとデートしてお金もらうつもりが、逆にお金を盗まれて警察に行けるわけがない、と。

「復讐したいんです。私の気持ちを弄んで裏切った、あの人が許せない」

黒岩は、報酬は払えるのか?と聞くと、もうすぐ大金が入るから支払いは大丈夫だ、という涼子。

マッチングアプリには男性3万人、女性は10万人を超える登録者数。学費を貯めたい、実家に仕送りがしたいなどプロフィールに書いてあります。

驚く真美。日本はいつからこんなに貧乏になったんだろうな、という黒岩。

お金がないならパパ活も仕方ない、というのは許されない。お金がない女性の弱みにつけ込んでいるだけで吐き気がする、という真美。

黒岩は真美にはパパ活の潜入捜査は無理だろうから、とSNSでパパ活やってる女性だけが入れるグループチャットがあるから、そこに潜入しろ、と。

パパにお金を盗まれた人はいませんか?被害状況を聞かせてください。1時間1万円です、と書き込みをしたところ反応多数。

そこで、3分前に騙された、という女性ホノカから話を聞くことに。

喫茶店

ホノカはケーキにぱくつきながら、涼子の相手の男性は見たことがない、と。ホノカは涼子の相手の男性の写真を「拡散希望。こいつドロボー。知っている人いる?」と投稿。

しかし残念ながら有力情報は得られませんでした。

ちなみにホノカ、今まで6回騙されているようです。

事務所

半年しか弁護士事務所に勤務していなかったため、失業保険ももらえず生活に困っている真美。

宝くじか、もしくは父が母に贈った指輪を売るしかないか…と。

翌朝、ご機嫌な黒岩。

勝手に真美をマッチングアプリに登録し、潜入捜査をするよう言います。涼子さんと似たような自己PRにすれば犯人が釣れるかもしれない、と。

すると、芥川という人物からすぐに誘いのメッセージが。

待ち合わせ当日、遠くから見た芥川は涼子の相手とは違う男性でした。

渋々、芥川に会いに行く真美。芥川はホテルの最上階のレストランを予約してある、と真美を誘います。

芥川は自分は出版社勤務だ、と。真美は、自分の知人が芥川という素敵な男性に会ったといっていたので、その芥川に会いたかったのだ、と写真を見せると、芥川の知り合いだったようです。

写真の男性は平山といい、芥川は本名が本村だそうです。

平山は本村と仕事の打ち合わせが終了し帰ろうとしたところ、本村がパパ活の相手に会おうとしていることを知ります。平山は、まだ涼子と会ったことがないなら自分が芥川として会いたい、と申し入れたようです。

それが2年前。

ツイッターらしきものを検索する黒岩。

平山一良という、フリーランスの芸能ライターを見つけました。芸術関連や芸能スキャンダルなど幅広くネタを扱っている、とプロフィールに書いてあります。

真美は、知り合って2年も経った相手からお金を盗むだろうか?と。その間に払ったパパ活費用もかなりのものだろうし、と。

「恋は人を狂わせるが金っていうのも人を狂わせるからな〜」という黒岩。

涼子の勤務先

芥川の本名、経歴、住所が分かったと涼子に報告する黒岩。復讐をするには、追加料金が必要だと話し始めると、真美が遮りました。

「芥川さんは地位も名誉もない、さえない男性でした。抹殺するほどの社会的な立場はありません。それでも復習しますか?」

調査報告書には平山一良(ひらやまかずよし)、1974年5月3月25日生まれ、あれ?!こんなに堂々と間違えた調査報告書?!

出身は栃木県大川市。現在、東京都調布市在住のようです。

「いえ、やめときます。これさえあれば十分です」

この2年間を振り返り、今はあのころの大切な思い出を大切にしたいと思うようになったのだ、と。

そして真美の指にしている指輪を褒める涼子。しかし石にヒビが入っているから質に出しても高く買ってもらえないかも、と。父との思い出なのに、とガッカリする真美。

だったら、と修理するお店を紹介してくれました。

 

涼子の自宅

調査報告書を見ている涼子。

立ち上がると、どこかへ出掛けていきます。向かった先は平山のアパート。

ピンポンを押そうとするも、結局は押せなかった涼子。

家のベランダ側に回り込みます。2人の男の子たちを寝かしつけようとしている平山の姿が見えました。

暗い自宅へ戻る涼子。

目には涙。

Majyodesu Kedo Nanika Monku Arukai

涼子が”情報量が多すぎると思うかもしれないけど”と紹介してくれたお店へ行く真美。

洋服、雑貨、食器、仏像、色んなものが並んでいます。

やっと奥から店主が出てきました。占いは8時から、ダンスレッスン?ボイストレーニング?と。店を間違えたと出ていこうとする真美に「Youは何しにきたのかな?」

って、それ他局!毎週月曜日!

真美が宝石を直して欲しいというと、自分は本業がジュエリー職人だと答える店主。涼子に聞いていたとおり情報量が多い、という真美にナイフを向ける店主。

「どこの週刊誌の人間?」とすごんできます。涼子からパパ活の男性について調べるよう頼まれていたことを話す真美。

しかし、相手の男性の写真を見た店主は笑いながら「涼子のパパのこと?お金盗まれた?そんなわけなーーー」と言いかけましたが、自分からはなんにも話せないと口をつぐんでしまいました。

 

事務所

真美は事務所へ戻り、涼子が自分たちを利用して平山の居場所を知りたかっただけだと話ます。

あと、もうすぐ大金が入る話。私達は涼子さんの気持ちを誤解していたのかも、という真美。

 

喫茶店

平山を呼び出した黒岩と真美。

杉本涼子を知っていますね?という真美に、どこの週刊誌だ?と聞き返す平山。

真美は、涼子はパパ活で知り合った相手に財布を取られたと主張している、と。それで復讐を依頼しに来たが直前になって依頼を取り下げた。しかし2年も仲良くしている相手の財布を盗むようなことはしないですよね?と。

しかし、自分はパパ活をやるような人間だし、涼子がそういってるならそれでいい、という平山。

真美は平山が涼子を守ろうとしているのではないか、と。

涼子を調べると、小説家志望でアマチュアが対象の新人コンクールで最終選考に残っているのだ、と。小説のタイトルは『めざめた夢のあとさき。』。

グランプリは賞金500万、表向きには発表されてないが内定したと涼子は聞いているから近々大金が入ると言っていたのだろう。だから、涼子の周囲にいる人はパパ活していたことがバレないように必死になっている。

なぜなら、去年グランプリをとった作家が過去に風俗店で勤務していたことが分かり大炎上したとか。ちなみに、小説家の名前は倉持冴子(24)。「その日かぎり」という作品でグランプリを受賞。會桄出版主催のようです。

平山は、自分とは会わないほうがいいと涼子に言ったが涼子が納得しなかったので仕方なく連絡がつかないようにしたのだ、と。

実は、涼子と血が繋がっているのではないか?という真美。

本当のことを話すから、あの子を守ってもらえないか、という平山。

平山の過去

大学時代、女性と授かり婚をした平山。

大学中退後、小説家を目指して就職もせず、育児もせず、1年もたたないうちに不仲となって離婚。

小説家にはなれず雑誌のフリーライターとして食いつないでいたところ、偶然、別れた奥さんのSNSのアカウントを発見。ちなみにFACENOTE。そこには離婚してから一度も会っていなかった涼子の写真。

毎日のように写真をチェックするのだけが楽しみだった平山。

2年前、偶然に涼子と出会ったが自分が実の父親とは言っていない、と。涼子には自分と比べようのないほど小説家の才能があった。

すぐに売れっ子作家となるだろうから、自分が側にいてはいけないという平山。会いたいけれど、会わせる顔がない、と。

授賞式

涼子が新人賞をとった授賞式へ向かう平山、黒岩、真美。

会場に到着した平山は、自分が父親だと名乗り出るつもりもないし、彼女の人生にもう関わらない、と黒岩たちにいうのです。

涼子のスピーチが始まります。

小学生のころから小説家を夢見ていたという涼子。自分の頭の中には、まだまだ書くべき題材があるから一刻も早く形にして多くの読者に届けたい、と。

感謝を誰に伝えないか?という質問に、「自分を大事に育ててくれた母に。あとは…パパにも。物語のすばらしさを教えてもらいました。たとえ相手が離れた場所にいても時空を超えて思いを伝えることができる。それが物語です。私はこれから物語を紡ぐことによって遠く離れても会えなくなっても感謝します。たとえ今回の受賞がなかったとしてもずっとずっと感謝し続けると思います」

思わず泣いてしまう平山。

授賞式終了後、真美たちにお礼をいう平山。そして、小説家の夢は諦め、読者として涼子を応援する、と去っていくのでした。

 

控室に涼子を訪ねる黒岩と真美。

平山が喜んで泣いていた、という真美。あと、小説家になる夢は諦めると、と言っていたことも。

すると、「そしたら…私とあの人が本当の親子だってこと多分お聞きになりましたよね?気づかないわけないがじゃないですか。だって血のつながった本当の親子ですよ。この2年、いつか本当のことを話してくれると思っていました。母と私を捨てたことを謝ってくれるんじゃないかって。心のどこかで期待してたんです。でもあの人は、最後まで何も言わなかった。離婚した時、私小さかったから父の顔を覚えてないとか思ったんでしょうね。バカにしないでほしいです」

「大体、実の娘がパパ活しているのを知ったら普通すぐに止めませんか?2年間もチャンスがあったのに、最後の最後まで何も言わず私の前から姿を消した。2度も私を捨てた、2度も私から逃げた。そんな最低な人間が小説家?ふざけないで欲しい。なれるわけがない」

では、なぜ平山に感謝していると会見で答えたのか?という真美。

「本当に感謝してると思います?あの男が母と私を捨ててまでなろうとしてなれなかった小説家に…私がなりました。それが私の…復讐です。彼の人生を否定できました」

そして、修理してもらった指輪をしている真美に「お父様の思い出、きれいに修理してもらったんですね。羨ましい」と呟くのでした。

 

すべては涼子の筋書き通りに動かされた真美たち。

真美は、最後の最後まで涼子も平山も本当のことを言わなかった。それが本当の親子の再会と言えるだろうか、と。

自分がもし父親と再会できたら、再会できた喜びとともに、なぜ自分を置いて姿を消したか怒りたい、と。本当の気持ちを全部伝えるために、そのためにまっすぐ生きて父と再会するのだ、と。

「いいねぇ、お前らしい。まっすぐな人だったんだろうな」

いつもの勝ち気な真美とは思えない複雑な表情をしているのを見て、「まあお前はまっすぐすぎる。ド直球でカチカチ山だ。とにかく、もっと世の中を学べ。お疲れ」そういうと事務所を出ていきました。

************************************************************************

杉本涼子役の穂志もえかさんの演技。特に最後の控室のシーン。ぞくぞくしました。

涼子は涼子なりに復讐を達成したけれど、本当はその前に父親が謝罪してくれて、自分と向き合ってくれることを望んでいたわけで。

父親は、自分にとって小説家をめざす気持ちに終止符が打てる決心がついたし、娘が自分に感謝してくれたこと、それをそのまま受け取って、今後は幸せに暮らしていく訳ですよね。だから、本当の意味では涼子の復讐は果たせてないというのが切ないとうか。

復讐代行が利用される、という筋書き。タリオのなかでは、一番この回が好きでした。好き、というか、内容は切ないんですけど。

 

《   》ドラマ『タリオー復讐代行の2人ー』第5話

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です