韓国ドラマ

韓国ドラマ『赤と黒』第10話あらすじとネタバレしつつ感想です

2010年に日韓共同制作されたドラマ『赤と黒』。第10話をネタバレしつつ感想を書きたいと思います。

2020年5月現在、Amazonプライム会員だと無料で見られるので興味のある方は見てみてくださいませ。

 

 

あらすじ

貧しいながらも両親の愛情を一身に受け育ってきたゴヌク。ある日突然、ヘシングループの後継者として育てるべく会長夫妻の元へと行くことに。大切に育てられるも、DNA鑑定で会長の子供ではなかったことが判明し、着の身着のまま追い出されてしまう。

数十年後。

会長の末娘モネは婚約をしているが、偶然会ったゴヌクに惹かれていき……。モネの姉・テラは最初からゴヌクを怪しみモネから遠ざけようとしていた。モネの父親はゴヌクに仕事を持ちかけ、息子ホン・テソンを日本から韓国に連れ戻したゴヌクの手腕に感心し社員としてヘシン建設に入社させる。

ゴヌクに代わりホン・テソンとして育てられたテソン。家族との関係性、特に母親との関係性に絶望を感じている。日本で知り合ったジェインに特別な感情を抱くように。

モネの美術の家庭教師をつとめたジェインは、ホン・テソンとの玉の輿結婚を狙っている。

 

主な登場人物

役  名 役どころ 俳優さん
ゴヌク 育ててくれた両親から引き剥がし、自分に酷い仕打ちをしたヘシングループ会長一族へ復讐をしようとしている キム・ナムギル
モネ ヘシングループ会長の末娘 チョン・ソミン
テラ ヘシングループ会長の長女 オ・ヨンス
テソン ヘシングループ会長の二男。ただし、正妻の子ではない キム・ジェウク
ジェイン モネの家庭教師をつとめたこともある。貧しい暮らしから抜け出す結婚を夢見ているところもある ハン・ガイン

 

第10話『モネの家出』ネタバレしつつ感想

シム・ゴヌク モネの父親から、モネとの交際を認める代わりにホン・テソンのお目付け役を言いつけられる。
ムン・ジェイン アートコンサルタント。貧しい暮らしから抜け出そうとホン・テソンとの結婚を狙っていたが…。
ホン・モネ ジェインと知り合い。ゴヌクのことが好き。
ホン・テラ モネの姉。妹を狙うゴヌクを警戒している。
ソダム モネの姪っ子ちゃん。ゴヌクを「天使のおじさん」と呼ぶ。
ホン・テソン モネの2番目の兄。ただし母親が違う。”ガラスの仮面”を横取りし義理の母親を困らせようとするも失敗。母親が自分を愛していないことを知るだけに。
ホン・ジョンス テラやモネの父親。ヘシングループ会長。
シン・ミョンオン テラやモネの母親。ギャラリーのオーナー。
ホン・テギュン テラやモネの兄。欧米出張から帰ってきます。
チェ・ソニョン ホン・テソンの恋人。ビルから飛び降り自殺?
クァク班長 ソニョンの死因を部下のイ刑事と捜査中。甘いものが好きみたい。
イ刑事 ソニョンの死因を捜査中。当初は捜査に熱の入らない様子でしたが、最近はやる気をだしています。
ムン・ウォニン ムン・ジェインの妹で高校生ながらにタバコもビールの味も知ってる子。ちょいちょいゴヌクと絡むも、ジェインの知り合いだとは知る由もなく。

 

班長、めっちゃカメラ目線で

ジェインの目撃証言もあり、背中に傷のある”追い出されたテソン”は生きていると確信する班長。めっちゃカメラ目線で。

でも、なにゆえシン会長夫人は彼が死んだと思いこんでいるのか?と。

 

テソンの自宅

酔いつぶれてしまったテソンを自宅へ送り届けるジェイン。その豪華な部屋に、きょろきょろ。

テソンにジュースを渡そうとしますがこぼされてしまいます。スカートが乾くまで、とテソンのシャツを借りるジェイン。あ、明らかに、狙っている。大胆ジェイン。

顔色が悪い、薬を買ってこようか、などとジェインが気遣うと「優しくするな傷つくだけだ。俺はそういう人間だ」。

「彼女を捨てた。守る自信がなかった」とソニョンのことを思い出すテソン。「どうせまた同じだ。終わりにしよう」と。そしてシャツ姿で追い出すテソン。仕方なく、その姿のままいるジェイン。あ、手には携帯。

うたた寝してるゴヌクに電話をします。急いで迎えに行くゴヌク。ジェインの姿にびっくり。そりゃそうだ。ジェインもなにか持ってきてと言っておけばよかったのに。

上着を脱ぎスカート代わりに、自分の靴をジェインに着せます。放心状態のジェイン。

途中でお店に入り、洋服を見立ててあげるゴヌク。なんでもできるな、ゴヌク。一緒にごはん屋へ入りますが、まだ放心状態のジェイン。

「もうやめる?つらくても飯だけは食えよ」

泣きそうになりつつ、ご飯を食べ始めるジェイン。ジェインのスプーンにキムチを乗せてあげるゴヌク。優しみ。

あー、これでまたゴヌクのテソンへの憎しみが……。

テソンの自宅

ようやく自分がシャツ1枚でジェインを帰したことに気づくテソン。自分も、そういう恥ずかしい目に合うがよい!!

ヨガしてるテラ

ヨガしながらもゴヌクのことが頭を離れないテラ。

テソンの職場

デパートの増築計画書をテソンに持ってきたと言うテラが部屋に入ってきます。テラはテソンがいないと知ると、ゴヌクをテソンの部屋に呼び出します。

モネは何をやっても続かない子なのに、ゴヌクのために一生懸命ハーモニカを練習している、と。ゴヌクから初めてもらったプレゼントがハーモニカだから、と。モネに本気じゃないなら離れて欲しい、と。

そこへゴヌクの机に花を届けに来たモネ。まぁ、花を持ってきたのは係の人なんだけど。で、姉とゴヌクが喋っているのを立ち聞きしてしまいます。

一瞬でもゴヌクに揺れた自分が許せない、というテラ。二度と会いたくない、とゴヌクの前を去ります。そして自分の机に置かれた花をみるゴヌク。モネは別の人の机の下に隠れています。

ゴヌクの自宅

ゴヌクの自宅前にいる、というジェインから電話がかかってきます。

あれ、ジェインってゴヌクの自宅知ってたか…あー!!アクション監督の部屋か!ゴヌクがホン・テソンと偽ってジェインをからかったときの。

そして、ここで初めてアクション監督の名前がチャン・スンさんだと分かるのでした。一生懸命、自分を大物に見せようとするスンさん。

結局はゴヌクの部屋じゃないことが分かり、部屋をでるジェイン。ゴヌクに外食しようとメールを送ります。そして自分の家の近くまで呼び出したゴヌクに急用だと断り、ゴヌクの後をつけるジェイン。

部屋の扉をノックせず開けてしまいます。

着替えていたゴヌクの背中を見てしまう、と思いきや。

誰か入ってくる気配を感じ服を着るゴヌク。

「なぜここに?」

そうか、ゴヌクともあろう人が気づいてなかったのか。

家の他に騙していることはないのか?と聞くジェイン。こんなに広い家に住めるなんて。ゴヌクの家は、元写真スタジオだそうです。

じゃあ、テソンではなく俺と付き合うか?って。

自分を騙したのだから、謝るべきだ、と言われ「お前は俺に関心なかっただろ。今までずっと」というゴヌク。

「あんたは何でもない存在だわ。だから謝らなくていい。でも私ったら感心もないくせに、なぜかここにいる」と言われハッとするゴヌク。

帰ろうとすると、自分と公園で撮った写真が飾られているのが目に入るジェイン。

あ。戻ってきた。

料理するつもりらしい。

「手料理でしょ」って。そんときのゴヌクの表情が可愛すぎて悶絶する。

料理するジェインを、遠くから見るゴヌク可愛すぎか。もじもじしつつ「俺を信じる?」といわれ「ウソつきをどう信じろと?」と笑って答えるジェイン。

ため息をついて「そうだ信じるな。信じちゃダメだ」

でも「信じる。あなたを信じる」ってジェインが言ってくれるんですよ(涙)。良かったね、ゴヌク。あ、ちょっと近づいてきた。

手を洗ってきて、とジェインに言われいそいそと手を洗うゴヌク氏。

そして着替えていたゴヌクの背中を、ここで、見てしまう、ジェイン。うわーーー。ちょっとーーー。この展開でしたか!

私を油断させといてからの、この展開。

傷のことを聞くジェイン。いつのことか?痛くないのか?と。

もう治ったけれど、怪我したときのことは思い出す、というけれど詳しくは語らないゴヌク。

そこへホン・テソンからの電話。でも出なかったら、家の前にいるから、とメールが来ます。そのメールが妹からだと嘘を付き帰ろうとするジェイン。

「ありがとう、いただくよ」と声をかけるゴヌク。置いてかないでぇえええ。ゴヌクを、置いてかないでぇえええ。

ジェインの自宅近く

テソンからのメールなんぞ見てない、という風を装うジェイン。

そうか、これはあれだ。ゴヌクが相手にを自分の色に染めろって、いった、あれを実践しようとしてるのかな。

結局2人は食事へ行くのですが、ジェインの頭を過るのはゴヌクのこと。

その頃、ゴヌクは泣きそうになりながら一人ご飯を食べています。辛いときも、ご飯だけはしっかり食べろ、を実践しようとしていますが。明らかに泣いている。

ご飯を食べ終わってテソンに送ってもらったところを妹に見られてしまったジェイン。でも、妹はゴヌクを姉の恋人にしようと企んでいるようです。

テラの自宅

そういえばテソンの仕事場でも咳してたテラ。どうやら熱が出ちゃったようです。そこへ母親から、モネが帰ってきていないという連絡が。

 

ゴヌクの自宅

「株価操作容疑はこれで十分いける。情報を流せ」と誰かに電話で指示をしています。

そこへテラからの電話。モネと一緒にいるか?とだけ聞かれます。

次はモネから。楊平の別荘へ来て、と。

モネの自宅にもモネが別荘にいる情報が入ります。咳をしながら車を運転するテラ。ゴヌクも車で別荘へ向かいます。

しかしゴヌクが到着した頃には、モネは会長の運転手に助け出されたあとでした。そしてゴヌクは自分がテソンの秘書でテラを待っている、と管理人さんへ言ったようです。堂々と別荘で待つゴヌク。

具合が悪そうだから心配だった、と。具合が悪いのに自分で運転して帰る、とテラに言って、また揉めるからの、ふらつき抱きとめ。

具合が悪いから別荘に泊まること、モネをよろしく、とテラを装い勝手に運転手へメールするゴヌク。テラの看病をします。あ、これは、まさかの、初めて看病した相手は、うんぬんですか??

なんだろう、サングリアかなー、なにかなー。

鳥の声で目を覚ましたテラ。ゴヌクがオレンジ入りのワインを持ってきました。本当はシナモンを入れるんですって。ほんと、なんでもできるなゴヌク。

熱も下がったので、結局ゴヌクに送られるテラ。

路肩に急に車を止めたゴヌクに「あの日、過ちじゃなかった。あの瞬間だけは、あの一瞬だけは」というテラ。ゴヌクに手を握られ、肩に頭を置くテラ。悪い顔してるゴヌク。

テラのマンション前まで送ったようです。これからは、じらし作戦?

そのまま出社したゴヌクに、記事が出たと連絡が入ります。

’Hグループ御曹司 株価操作疑惑’というタイトルをパソコンで確認するゴヌク。満足げです。

 

会長室

自分の長男が株価操作疑惑と報じられ、怒り狂う会長。呼びつけられる長男。

長男は会長秘書であるキム室長に、どんな手を使ってでも記事を抑え込めと命じますが、何年も前から狙われていたようだ、と言われてしまいます。

社内の片隅で寝ているゴヌクを発見したジェイン。ジェインの肩をかりて、ちょっとだけ眠らせてほしいというゴヌク。

ジェインはゴヌクに、今度は一緒に食事をしよう、と。ゴヌク、聞いてるかゴヌク(泣)

もう、このまま、終わりにして欲しい(涙)。

 

 

各話ごとの流れとネタバレしつつ感想を書いています。

第1話 天使の羽
第2話 復讐の始まり
第3話 恋病み(こいやみ)
第4話 日本へ
第5話 二人のテソン
第6話 ガラスの仮面
第7話 愛と憎しみ
第8話 墓前の誓い
第9話 仮装ゲーム
第10話 モネの家出
第11話 傷あと
第12話 亀裂
第13話 告白
第14話 DNA鑑定
第15話 ゴヌク遭難
第16話 明かされた真実
第17話 天国か 地獄か

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。