韓国ドラマ

韓国ドラマ『キミはロボット』第2話「死んだはずの男」ストーリーと感想

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

『キミはロボット』というドラマのあらすじを読んでみて、面白そうだったので1話ずつ話の流れと私の感想を混ぜ込んで書いていきたいと思います。

オープニングで流れる曲もカッコいいんですよね。

 

『キミはロボット』あらすじ

天才ロボット工学博士オ・ローラは韓国へ一時帰国し講演を行なった。講演後、突然夫が亡くなったことを知らされ、しかも自分の息子ナム・シンがさらわれてしまう。

息子をさらった相手は夫の父親。PKグループの会長である義父ナム・ゴンホはナム・シンを後継ぎにすると勝手に決めてしまったのだ。夫も息子もいなくなってしまったローラは息子にそっくりな人工知能ロボット、ナム・シンⅠを作り上げる。

その後、ナム・シンⅡ、ナム・シンⅢを完成させ人工知能ロボットを進化させるローラ。

現在、韓国で暮らす本物のナム・シンは好き放題やっており、挙げ句に突然会社を去るといいだす。母を捜しにチェコに向かったシンと、偶然出会うナム・シンⅢ。果たして彼らの運命はどうなるのか?

 

公式ホームページ

 

『キミはロボット』全18話のタイトル

各話のタイトルをクリックしていただくと、話の流れ&感想を書いた記事へジャンプします。

第1話 AIナム・シンの誕生
第2話 死んだはずの男 ⇐今回はこちら
第3話 炎の中のヒーロー
第4話 形見のネックレス
第5話 秘密の共犯者
第6話 証明のキス
第7話 嘘にまみれた中で
第8話 子分の解散
第9話 君は君のままで
第10話 初めての友達
第11話 最大のピンチ
第12話 ロボットへの嫉妬
第13話 本当に望むもの
第14話 会長の目的
第15話 操り人形
第16話 涙の温度
第17話 君だけのロボット
第18話 2人の息子

 

登場人物

ナム・シン PKグループ御曹司
オ・ローラ ナム・シンの母親。ロボット工学博士。
ナム・シンⅢ オ・ローラが自分の息子そっくりに作った人工知能ロボット
ナム・ジョンウ ローラの夫。シンの父親。
ナム・ゴンホ PKグループ会長。息子とローラの結婚を認めていなかったが息子の急逝によりナム・シンを後継者とすべく母親から引き離す。
ソ・ジョンギル PKグループ専務
ソ・イェナ 専務の娘であり、キム・シンの婚約者
チ・ヨンフン ナム・シンの秘書
カン・ソボン PKグループの元SP。ナム・シンを警護していた。チョ記者と組んでナム・シンの写真を売っていた。
チョ記者 ソボンと組んでナム・シンをパパラッチしていた。実はナム・シンに頼まれていたことだがソボンには言っていない。

 

秘書役のイ・ジュニョクさん、どこかで見たんだけど、どこかで、えーっと。そんなに韓国ドラマや映画見ているわけじゃないけど、どこかで……

ぁぁああああ。そうだ、そうだった。『神と共に』。なぜ、こんなにも人の顔が覚えられないのか私。

 

第2話『死んだはずの男』あらすじ

幼い頃に別れた母を捜しにチェコへ向かったナム・シン。

PKグループを乗っ取るためには手段を選ばないソ・ジョンギル専務はナム・シンの命を狙う。事故現場を目撃してしまった母親ローラの様子から、ナム・シンⅢは事故に遭った人物が本物のナム・シンであることを知る。

ナム・シンがいないのはソ専務にとって好都合でしかない。なんとか会社のためにも対策を練る必要があったナム・シンの秘書。ローラから、ある提案をされる。

 

第2話『死んだはずの男』話の流れ&感想

チェコの市場

ナム・シンⅢは、本物のナム・シンを46分42秒前に初めて見たという記録があるようです。

そして、市場で自分が花を見ていた時すぐ近くに本物のナム・シンがいたことには気づかなかったようです。そうか、ナム・シンⅢはお花を愛でることをもできる感性豊かな子なんですね。

しかしお花屋さんが「双子なのね。どっちがお兄さんなの?」と声をかけてきたことで、慌てて誰のことかを探します。

歩いていく後ろ姿のナム・シンを解析するナム・シンⅢ。

彼がナム・シンで、28歳で、PKグループ本部長であること、祖父がナム・ゴンホという情報を引き出します。

でも、自分と同じ名前だな、という感想しか持っていないナム・シンⅢ。そうか、お母さんは詳しいことはナム・シンⅢに教えてないのかな?まさか、自分に本当のモデルがいるとは知らないらしい。

ナム・シンのあとを尾行する男に気づくナム・シンⅢ。彼がズボンの後ろに拳銃を隠し持っているのを確認すると、”命は救うのがルール”ということでナム・シンのことを守ろうと行動を開始。

ナム・シンが着替えると、自分も着替え。尾行者を巻くため信号を突然赤にしたり。

そして道端で出会った本物のナム・シンとナム・シンⅢ。

無情にも起きる事故。それを遠くで見ていた母親とデービッド。お母さんは、すぐに分かったようです本物のナム・シンが事故に遭ったと。

駆け寄ると名前を呼び、目を覚ましてシン、と。

その姿を見て、キム・シンⅢは彼が本物の息子だと察したようです。なおも無表情に母親と倒れているキム・シンを見ているナム・シンⅢにデービッドが近づきます。

お母さんが泣いているから抱きしめる、というナム・シンⅢに「今はダメだ。お前は身を隠せ」とナム・シンⅢの手をひいて現場から立ち去ります。

ようやく救急車の音が聞こえてきました

裏道らしきところ

車でキム・シンをはねた男は、もうひとりのナム・シンⅢを見ていました。自分の見たことが信じられない様子の男は、「あいつにそっくりの男がいた」と言おうとして尾行者に射殺されてしまうのでした。

作戦が終了したことは、すぐに専務に報告されました。

 

秘書の車

チェコにあるローラの自宅へ秘書チ・ヨンフンが訪ねてきます。家にいたナム・シンⅢを疑いもなくナム・シン本人と思っている秘書は、彼を韓国へ連れ帰ろうとします。

自分はナム・シンだけど秘書の思っているナム・シンとは違うこと。自分は人間ではない、というナム・シンⅢ。

さすがに有能な秘書も?マーク。

そこへ救急車が到着。

担架に乗せられナム・シンが帰ってきます。秘書の姿を見て驚く母親にデービッドは「シンの秘書で親友だ」と言います。おや、なぜ知っているんだろう。

ナム・シンは出血が止まったけれど予断を許さない状況であること、いつ目を覚ますかも分からないとのこと。(よく病院から連れてこられたなぁ)

シンをひき逃げした犯人は殺されていた、とも。

ソ・ジョンギル専務は会社を乗っ取るために夫だけでなく息子にまで手をだしたのか、と憤る母親。シンの存在が必要な時に、という秘書。

そして、ナム・シンⅢが本物のナム・シンの代わりになることが決まりました。

準備

自宅へ戻ったシン。

ずらりと並ぶ使用人たちが車を降りたシンに一斉にお辞儀をします。

そして……彼らに向かってお辞儀をするキム・シンⅢにブー!

どうやら本物そっくりの状況を再現できる機械で、キム・シンになるための想定問題を解いているようです。

使用人たちに挨拶はしない

気難しい男だから睨みつけるように

自宅では会長を避けるように

ソ専務は敵だけれども婚約者の父親でもあるので挨拶はする

婚約者とのデートでは、妹のような存在なのでスキンシップ厳禁(って、そこまで知ってるの?!)

シャツのボタンは外して、斜めにポーズ

などなど、ようやく少しずつブー!からピンポーン!になってきたキム・シンⅢ。

おお、立ち姿も、唇の橋を上げるところもキム・シンだ!秘書も、本物のようだ、騙されそうだ、と太鼓判を押します。

 

病院

会長はアルツハイマー型認知症の初期段階だと診断されました。

だから、実の息子が20年前に死んだことが分からなくなってしまったのですね。

プレゼンをやりたいけれど、医者と娘から止められてしまう会長。

 

プレゼン会場

第1話でパパラッチとか書いてごめんなさい。名前が最後まで出なかったもので。今回は出ました、チョ記者。

第1話ではチョ記者とソボンが組んでナム・シンの私生活写真を売っていたわけですが。チョ記者は、ナム・シンが世間に自分をクズと思わせるためにナム・シン自身が仕組んだことだった、と告白します。

自分は利用された挙げ句、再就職もままならなくなたソボン。PKに殴り込む!と応援に2人の男性を呼び出しプレゼン会場の外で抗議のポスターを持って立つのでした。

男性のうち1名はインコじゃなくてインテという名前のようです。

 

プレゼン会場では、ソ専務が嬉しそうに自動運転車のプレゼン開始。

会場の奥から現れるMカー。自動運転なので、もちろん誰も運転席にはいません。そして後部座席にも……おっと。

ナム・シンが登場!本当はナム・シンⅢだけど。

死んだという報告を受けていたのに、ナム・シンが現れて驚く専務。

ナム・シンⅢが相手を認識する画面が映るのですが、ハングル語が読めないのでなんて書いてあるのか分からないのが残念。パーセンテージがでてるんだけど、これ何の数値なのかしら?ソ専務には1.1%って出てるな。

会長は10.6%、ナム・シンの姉は1.8%って出てるから、所有株式数の比率かな???????

そして、あとは自分が引き受けるからとソ専務を追い出すナム・シン。

ナム・シンは未来戦略室の本部長なんですって。

説明を終えたナム・シンにソ専務が質問します「危険な状況に陥った時、どう対処するのか?」と。

「難しい質問はやめて!」と抗議する姉。弟を心配するというより、答えられないと思ってるんでしょうね。

「記者に質問される前に先回りするんです」と、しれっと言う専務。ぐぬー、性悪め。

狭い道を走っていたらバイクが2台やってきた。一人はヘルメット着用、もうひとりはヘルメットなし。どちらかにぶつからなければいけない場合、Mカーはどうゆう判断をするのか?と。

難しいですね、いっそジャンケンで決めましょうか?と答え始めるナム・シンⅢ。

でも結局は決めなければいけないのは人間であること。人はあらゆる選択が可能で、偶然や神頼みの時代を卒業し自ら利益を選び取れるよう我々が手助けします、と。

PKが起こす神の奇跡、そのドラマの幕をMカーが開くのです。

そう言い切ったところに会長が立ち上がって拍手を送ります。なんだか、分かったようなわからないような、むにゃむにゃ。

そこへ「ナム・シンのくそったれー!」と言いながらソボンが乗り込んできました。

「??」という顔してるナム・シンⅢが可愛い。ソボンが近づいてきて、一歩後ずさっちゃうところも可愛い。

慌てて対処しようとする秘書。しかし、会長はナム・シン自身に対処させるよう言います。

「私にわざと隠し撮りをさせて殴ったそうね」と言い立てるソボン。ナム・シンⅢはニュース映像を検索して、彼女がナム・シンが殴ったSPであることを確認。

自分が写真を流していたことを反省し、再就職できなくても自分のせいだと我慢していた。でもナム・シンが仕組んだことと知り、従業員を使い捨てにして楽しいか、思い通りに動く自分を見物して楽しんでいたのか、と。感情が高ぶり泣いているソボン。

「泣いたら抱きしめる」と言ってソボンを抱きしめるナム・シンⅢ。どよめく会場。フラッシュが止まりません。

会場の外へつまみ出されたソボン。呼び出した男性2人を帰します。

ナム・シンは自分を利用してイメージアップを図るつもりだな!と怒り再燃のソボン。

 

ソ専務の部屋

ワインを壁に投げつけ、部下の腹を蹴り上げる専務。本当に悪代官のようだ。

専務は本部長に知られたくないことがある、としれっと部下が言ってるけど。それは、ナム・シンのお父さんのことのようです。コイツー、何したんだ一体。

ワインをラッパ飲みする専務。

 

レセプション会場

若い人たちがレセプション会場であるクラブへと入っていきます。そこへ入り込むセボンとチョ記者。本部長に直談判しようとしています。

ナム・シンの腕に自分の腕をからませる婚約者ソ・イェナ。それをナム・シンⅢが振りほどく様子を確認し、頷く秘書。

ナム・シンⅢの目は爆竹を持った女性たちを捉えています。お酒の先に爆竹がついているようで、それが危険だからと止めに行こうとするのですがイェナが自分が行く、と。

結局、爆竹に火をつけようとした女性を止めたのはソボンで。そこでイェナと遭遇します。

言い争う2人のもとへ、秘書とナム・シンがやってきます。秘書もチョ記者のことを知らなかったようで、あちらで話をと引っ張っていきます。

結局は爆竹に火は灯され、会場のカーテンに燃え移り……

ちょうどトイレにいたソボンとイェナがケンカを再開しようとすると、電気が落ちます。

火事だ!という声とともに、逃げ出すイェナ。手を拭く紙を取り出し、水に浸すソボン。

調理場で火を消さずに逃げたため、さらに火事が広まっていきます。しかし非常口が開かずソボンとイェナたちは別の出口を探すことに。

クラブの向かいの店でチョ記者から話を聞いていた秘書とナム・シン。クラブが火事であることを知ります。

ナム・シンⅢは躊躇せずクラブの中へ。秘書が危ないからと止めにはいりますが、思いっきり突き飛ばされます。

どうやら「緊急モード」という不要な情報を遮断して、人命救助にエネルギーを集中するモードに切り替わったようです。ローラが電話で秘書にそう説明していました。

ソボンが開けられなかった非常口を怪力で開け放ち、何名かを救助。

そのころ室内では、ソボンが建物の一部の下敷きになっていました。そこへ次の倒壊物が倒れてきて……危機一髪のところをナム・シンⅢが守ってくれました。

ナム・シンⅢに抱きかかえられ、激しくなるソボンの鼓動。

「誤解しないで。これはあなたの鼓動よ」というと、

「僕に心臓はない」と答えるナム・シンⅢ。

彼の背中側のシャツは破れ、機械が一部見えてしまっています。

韓国ドラマ『キミはロボット』第3話「炎の中のヒーロー」ストーリーと感想 『キミはロボット』というドラマのあらすじを読んでみて、面白そうだったので1話ずつ話の流れと私の感想を混ぜ込んで書いていきたいと思...
ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。