韓国ドラマ

韓国ドラマ『キミはロボット』第3話「炎の中のヒーロー」ストーリーと感想

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

『キミはロボット』というドラマのあらすじを読んでみて、面白そうだったので1話ずつ話の流れと私の感想を混ぜ込んで書いていきたいと思います。

オープニングで流れる曲もカッコいいんですよね。

 

『キミはロボット』あらすじ

天才ロボット工学博士オ・ローラは韓国へ一時帰国し講演を行なった。講演後、突然夫が亡くなったことを知らされ、しかも自分の息子ナム・シンがさらわれてしまう。

息子をさらった相手は夫の父親。PKグループの会長である義父ナム・ゴンホはナム・シンを後継ぎにすると勝手に決めてしまったのだ。夫も息子もいなくなってしまったローラは息子にそっくりな人工知能ロボット、ナム・シンⅠを作り上げる。

その後、ナム・シンⅡ、ナム・シンⅢを完成させ人工知能ロボットを進化させるローラ。

現在、韓国で暮らす本物のナム・シンは好き放題やっており、挙げ句に突然会社を去るといいだす。母を捜しにチェコに向かったシンと、偶然出会うナム・シンⅢ。果たして彼らの運命はどうなるのか?

 

公式ホームページ

 

『キミはロボット』全18話のタイトル

各話のタイトルをクリックしていただくと、話の流れ&感想を書いた記事へジャンプします。

第1話 AIナム・シンの誕生
第2話 死んだはずの男
第3話 炎の中のヒーロー ⇐今回は、こちら
第4話 形見のネックレス
第5話 秘密の共犯者
第6話 証明のキス
第7話 嘘にまみれた中で
第8話 子分の解散
第9話 君は君のままで
第10話 初めての友達
第11話 最大のピンチ
第12話 ロボットへの嫉妬
第13話 本当に望むもの
第14話 会長の目的
第15話 操り人形
第16話 涙の温度
第17話 君だけのロボット
第18話 2人の息子

 

登場人物

ナム・シン PKグループ御曹司
オ・ローラ ナム・シンの母親。ロボット工学博士。
ナム・シンⅢ オ・ローラが自分の息子そっくりに作った人工知能ロボット
ナム・ジョンウ ローラの夫。シンの父親。
ナム・ゴンホ PKグループ会長。息子とローラの結婚を認めていなかったが息子の急逝によりナム・シンを後継者とすべく母親から引き離す。
ソ・ジョンギル PKグループ専務
ソ・イェナ 専務の娘であり、キム・シンの婚約者
チ・ヨンフン ナム・シンの秘書
カン・ソボン PKグループの元SP。ナム・シンを警護していた。チョ記者と組んでナム・シンの写真を売っていた。
チョ記者 ソボンと組んでナム・シンをパパラッチしていた。実はナム・シンに頼まれていたことだがソボンには言っていない。

 

秘書役のイ・ジュニョクさん、どこかで見たんだけど、どこかで、えーっと。そんなに韓国ドラマや映画見ているわけじゃないけど、どこかで……

ぁぁああああ。そうだ、そうだった。『神と共に』。なぜ、こんなにも人の顔が覚えられないのか私。

 

第3話『炎の中のヒーロー』あらすじ

PKグループのレセプション会場で大規模な火災発生。キム・シンに直談判しようと会場に来ていた元SPのカン・ソボン。お客さんを避難させようとしているうちに自分が逃げ遅れてしまう。危機一髪でナム・シンⅢに救出されたソボン。

しかし、どうにもキム・シンの様子がおかしいと思ったソボンは…。

 

第3話『炎の中のヒーロー』話の流れ&感想

火災現場

このドラマは、前回起こったことを別の人の視点で受け継いでいくのが冒頭の流れなのかな。わくわく。面白い趣向だな。

火事現場で建物の下敷きになり身動きが取れなくなったソボン。私は貧乏くじを引く運命なのね、と自分の人生を振り返っています。

 

DFCという格闘技団体の名前でしょうか?

ソボンの選手紹介には165センチ、44Kg、チャンピオン、1991/7/29と書いてあります。え、44Kg?!そこじゃないところへ食いつく私。

リングの上で激しく戦う2人の女性。

ソボンは相手の女性に頭突きをくらい、目潰しまでされたのに審判は見ないふりをします。形勢不利になるソボン。

父親がタオルを投げようとしますが、それを止めるソボン。結局はやりたい放題やられ、タオルを投げる父親。

緊急搬送される前に審判のあとを追って部屋へ入るソボン。そこには、お金をもらう審判の姿。怒りのあまり、審判を殴り飛ばすソボン。父親たちも怒り炸裂。

結局は、審判への暴行で永久追放されてしまったソボン。

協会と審判がグルになっている、どうせお金の力には勝てない。足の怪我もあり、二度とリングに立てなくなってしまったソボン。

楽して稼げるなら何でもやる、とチョ記者の誘いにも乗ったようです。でも、この火事現場では人助けなんかして正義漢ぶったから痛い目に遭ってしまった…と自嘲するソボン。

また建物が倒れてきて、もはやこれまでと覚悟を決めたところでナム・シンⅢが助けてくれたようです。

クラブの外へ運び出されたソボン。

おっと。ナム・シンの緊急モード(詳しくは第2話へ)が解けたようです。「ここはどこ?なぜ僕の腕の中に?」とソボンに聞いちゃいます。からの、電池切れ。

助けを呼ぶソボンの声に気づいた秘書、形相をかえ、ダッシュでやってきます。

ナム・シンⅢの背中から機械が見えてしまっているのに気づき、自分の背広をかける秘書。できる。

そこへ、すかさず駆け寄ってくるパパラッチたち。さっきまで泥酔していたはずのチョ記者まで!というかチョ記者先頭に押し寄せてきました。

秘書はすぐにローラへ連絡を取り、誰にも触らせないよう言われます。だから救急車のなかで救急隊員がナム・シンの脈を取ろうとしても断固拒みます。

救急車

ナム・シンⅢと秘書を運ぶ救急車の前に、もう1台の救急車が割り込んできます。

どうやら、割り込んできたのは救急隊員の制服に身を包んだローラだったようです。急いで自分が乗ってきた救急車にナム・シンⅢを移します。

患者を強奪され、唖然とする救急隊員たち。

秘書が運転をし、後部でナム・シンⅢの修理を始めるローラ。

一方、ニュースではナム・シンが火事現場に飛び込んで人命救助したおかげで死人がでなかった、と英雄扱いされているそうです。

専務は、あの利己主義者が人助け?と不審がっています。

 

病院

チョ記者にナム・シンの様子が変だったと電話をしているソボン。元気そうだな。

そこへ婚約者のイェナが現れ、今度はナム・シンの様子が変だと吹聴して回るつもりか!と電話を取り上げられます。そこへ現れる専務。娘を心配しているけれど、どうなのかなぁ。

そして娘からナム・シンが病院へ運ばれてこないと聞き、部下に調べるよう命じます。

ソボンのところのもお父さんが迎えに来ますが、煤けてるだの、練炭でも運んでいたのか、だの散々言われた挙げ句、バシバシ叩かれるソボン。

 

救急車

まだナム・シンⅢの対応をしているローラ。

運転席にいる秘書に、専務から電話がかかってきてしまいます。患者を強奪したこともバレてます。

やけどで手術中だ、PK病院にいる、と答える秘書。

怪しんだ専務は、部下にPK病院へ確認させると「火傷の手術はない」と。やっぱりな、とPK病院の、しかも、手術室へ乗り込む専務。

おいおいおいおい、非常識過ぎる。

手術室には、ローラと、もう1人男性の医師が。

部外者立入禁止と言われてもナム・シンの背中の傷を見た専務。非常識過ぎる。

結局は、自分が悪かったと言って帰っていきました。

医師は秘書に頼まれ、手術の記録を残し、通院が必要だという診断書を書いてくれるようです。

ローラから緊急モードのことを聞いていなかった、という秘書。どうやら削除した機能が、なぜか起動したようなのです。深層神経網の動きは把握できてない、とのこと。

そして、ニュースを見ていた専務はソボンが電話していたことを思い出します。「まるで別人のようだった」と。聞かれていたのか。

そして、ソ専務はチョ記者とソボンに接近。

病院

退院する前にインタビューに答えているナム・シンⅢ。

そこへソボンがやってきて、命を救ってくれたお礼に個人SPにならせてくれと頼み込みます。

そこへチョ記者が、そもそもは本部長が仕組んだことだ。彼女を復職させる約束をしたはずだ、と援護します。

しかしソボンは、それとは別だ。お金につられて不正した自分を助けてくれた。だから自分が守りたい、雇ってください、と。

秘書は静かに首をふり、ナム・シンⅢも断るつもり…でしたが、ソボンの涙を見て、秘書が(あ!まずい)と思ったであろう次の瞬間、ナム・シンⅢはルール通りソボンを抱きしめてしまいます。

「命がけで守ります」という彼女の言葉を「嘘だ」と見抜くナム・シンⅢ。そう、ソボンはナム・シンの行動を見張るために専務に雇われたのでした。

会社

結局1ヶ月だけ雇われることになったソボン。

運転手もやってます。さっそく自宅へ到着し、まずは出迎えるお手伝いさんの数に驚きます。私も驚きます。13人はいるでしょうか。

どうやら本館と別館があるようですね。

別館1階に部屋をもらったソボン。2階は立入禁止だと秘書から言われます。

ソボンが部屋へ入った瞬間、ナム・シンからナム・シンⅢの顔になるのめっちゃ可愛い。

ソボンの目的が分かるまで気をつけて下さい、と言われ素直にうなずくナム・シンⅢ。

 

ソボンの部屋

さっそくチョ記者から電話が入ります。危険すぎるしバレたら大変なことになる、もうやめよう、と。

しかし止めないというソボン。ネックレスを触っています。

ナム・シンⅢと秘書が本館へ行ったすきに、2階へあがりこむソボン。

会長は、ナム・シンのことをジョンウと間違えているようです。腕にアザがない、と。先に部屋へ戻るよう言われるナム・シンⅢ。

部屋ではソボンが隠しカメラを取り付けている真っ最中。いよいよ、ナム・シンⅢが部屋に近づいてきます。

ソボンがベランダから逃げようとすると、秘書が帰ってくるのが見えました。仕方なく机の下に隠れるソボン。

その間に、ナム・シンⅢはお掃除ロボットと友達になります。ぐっ、可愛い。

ナム・シンⅢは部屋のあちこちの電気をつけたり消したり、おもちゃのロボットを動かして遊んでいます。そしてお掃除ロボットを呼び戻し部屋を出ていきました。そうか、部屋に誰かいるとか感知する機能はないんですね。必要ないものね普通は。

なんとかキム・シンの部屋を抜け出せたソボン。いや、それにしても2階からどうやって降りてきたんだろう。秘書がベランダで誰かと電話をしているのを盗み聞き。

「11時にPK病院で。もうすぐシンに会えますよ」と。電話の相手はローラでした。そうそう、今更だけどローラさんもソウルに来てるんですね。

ジム

ジムで鍛えている専務のところへソボンから報告が入ります。

チ室長(秘書)が誰かに会いに行った、と。それを聞いた専務は秘書の尾行をソボンへ依頼しました。

病院では秘書が、この間の医者にお願いをしています。とある患者(チョ・ミンジェ)のためにVIP室を準備して欲しい、と。医者として、そんなことは出来ないと渋るとローラが入ってきました。

本当は秘書が病院へ行っている間、シンと会っているはずだったのですが。秘書が医者を説得できないと踏んだようで、自ら乗り込んできました。そして、この間カルテを捏造したところからすでに共犯であり、自分はシンの母親としてお医者さんのことを脅すのも辞さない、と。

医者が決断をする間、待合所にいるローラと秘書。そこへデービッドから電話が入ります。「もうすぐ恋しい俺に会えるぞ。君の息子と一緒に向かってる」。

!!!

なるほど、チェコからデービッドと本物のナム・シンが来て、PK病院へ入院させるつもりなんですね。じゃあ、秘書がローラに「もうすぐシンに会えますよ」のシンは本物のシンのことだったのか。

秘書とローラが一緒にいるところを写真に撮るソボン。”金づる”さんに連絡しようとして、病院の外へ。

結局、秘書の友人らしきお医者さんがVIP室を準備してくれました。秘書と関わったときから腹をくくっていたから、脅しに屈したわけではない、と。

ちょうど外に出ていたソボン、救急車で運ばれてきたキム・シンの顔を見てしまい混乱。そこへ、キム・シンⅢがソボンの肩を叩きます。ますます混乱するソボン。

 

韓国ドラマ『キミはロボット』第4話「形見のネックレス」ストーリーと感想 『キミはロボット』というドラマのあらすじを読んでみて、面白そうだったので1話ずつ話の流れと私の感想を混ぜ込んで書いていきたいと思...
ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。