映画・ドラマ

韓国ドラマ『キミはロボット』第15話「操り人形」ストーリーと感想

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

『キミはロボット』というドラマのあらすじを読んでみて、面白そうだったので1話ずつ話の流れと私の感想を混ぜ込んで書いていきたいと思います。

ナム・シンⅢが、どんどん人間の感情に近づいているようで嬉しいような、ハラハラするような、切ないような日々です。

 

『キミはロボット』あらすじ

天才ロボット工学博士オ・ローラは韓国へ一時帰国し講演を行なった。講演後、突然夫が亡くなったことを知らされ、しかも自分の息子ナム・シンがさらわれてしまう。

息子をさらった相手は夫の父親。PKグループの会長である義父ナム・ゴンホはナム・シンを後継ぎにすると勝手に決めてしまったのだ。夫も息子もいなくなってしまったローラは息子にそっくりな人工知能ロボット、ナム・シンⅠを作り上げる。

その後、ナム・シンⅡ、ナム・シンⅢを完成させ人工知能ロボットを進化させるローラ。

現在、韓国で暮らす本物のナム・シンは好き放題やっており、挙げ句に突然会社を去るといいだす。母を捜しにチェコに向かったシンと、偶然出会うナム・シンⅢ。果たして彼らの運命はどうなるのか?

 

公式ホームページ

 

『キミはロボット』全18話のタイトル

各話のタイトルをクリックしていただくと、話の流れ&感想を書いた記事へジャンプします。

第1話 AIナム・シンの誕生
第2話 死んだはずの男
第3話 炎の中のヒーロー
第4話 形見のネックレス
第5話 秘密の共犯者
第6話 証明のキス
第7話 嘘にまみれた中で
第8話 子分の解散
第9話 君は君のままで
第10話 初めての友達
第11話 最大のピンチ
第12話 ロボットへの嫉妬
第13話 本当に望むもの
第14話 会長の目的
第15話 操り人形
第16話 涙の温度
第17話 君だけのロボット
第18話 2人の息子

 

 

登場人物

ナム・シン PKグループ御曹司。チェコで交通事故に遭い、意識不明だった。自分の身代わりをつとめているナム・シンⅢに居場所を奪われまいと敵意を抱いている。
オ・ローラ ナム・シンの母親。ロボット工学博士。実の息子と息子そっくりに作ったロボットのナムシンⅢの間で板挟みに…
ナム・シンⅢ オ・ローラが自分の息子そっくりに作った人工知能ロボット
ナム・ジョンウ ローラの夫。シンの父親。
デービッド ナム・シンⅢのこともすべて知っているローラの知人。実はPKグループ会長からナム・シンⅢの開発資金を受け取っていることをローラたちには内緒にしていた。
ナム・ゴンホ PKグループ会長。息子とローラの結婚を認めていなかったが息子の急逝によりナム・シンを後継者とすべく母親から引き離す。認知症だと診断されてショックを受けている。
ナム・ホヨン PKグループ会長の娘。ナム・シンの叔母。
ノ・ヒドン 会長の娘ホヨンの子供。7歳の男の子。心臓病を患っている。
ソ・ジョンギル PKグループ専務。会長の椅子が欲しくてたまらない。
ソ・イェナ 専務の娘であり、キム・シンの婚約者。キム・シンのためなら何でもしたいと思っている。
チ・ヨンフン ナム・シンの秘書。ナム・シンⅢの人柄の良さに惹かれているも、本物のナム・シンの気持ちも分かり板挟みに。
カン・ソボン PKグループの元SP。ナム・シンⅢはロボットであると分かっていながらもその優しさに惚れている。
チョ記者 カン・ソボンの親友。

 

秘書役のイ・ジュニョクさん、どこかで見たんだけど、どこかで、えーっと。そんなに韓国ドラマや映画見ているわけじゃないけど、どこかで……

ぁぁああああ。そうだ、そうだった。『神と共に』。なぜ、こんなにも人の顔が覚えられないのか私。

 

 

第15話『操り人形』話の流れ&感想

会長の自宅

会長がチ室長に呼び出され「あのロボットが人間より優れていると考えたことは?」と聞かれたとき、一瞬ためらってしまいました。

暴力沙汰や賭博やクスリに手を出したナム・シンの代わりに殴られてきたチ室長。そんなとき、「ヨンフンさん(チ室長)を殴ることは俺を傷つけることと一緒だ」といって会長宅の絵画などを壊して会長に抗議したナム・シン。二度とチ室長を殴らないよう会長に言ったナム・シンを思い出しているチ室長。

会長に聞かれたとき、「ロボットと比較するなんてシンに失礼です。シンを信用しないなら僕は辞めます」とすぐに言うべきだったと後悔するチ室長。

迷わずお前の方を持つべきだったのに、と。

映画館

ソボンと映画を見ていたナム・シンⅢを呼び出したナム・シン。ナム・シンⅢの腕からバッテリーを抜き取り眠らせてしまいます。

ナム・シンに呼び出されたチ室長はバッテリーを返すようシンに言いますが、ナム・シンは会長がロボットの存在を最初から知っていたこと。それはロボットのほうが俺より大事だからだ、と。俺が本物の死んだと会長に思い知らせてやる!と息巻くナム・シン。

こんなやり方は、かえって信用をなくすぞとチ室長は忠告しますが、「ヨンフンさんも会長と同じか?俺の味方なら口を出さないでくれ」と。そしてナム・シンⅢのふりをして映画を見ているソボンのところへ行くのでした。

「ひと目でわかると言ったよな?」

激怒したソボンに「あいつが守ろうとしたのが、こんな人間だとは。あなたはあいつの足元にも及ばないわ」と言われるナム・シン。

養護病院

ナム・シンが持っていた名刺の件から、まだ病院のことを調べているチ室長。実は病院長がひた隠しにしていることがある、という証言を得ます。

20年前、PKグループの専務がこの病院で自殺した、と。

 

オ博士の自宅

会長がロボット開発に資金援助をしていたことを知ったオ博士。20年以上以上もこんな嘘つきを信用してきた、とデヴィッドを平手打ちするオ博士。

ナム・シンは母親にロボットの消し去り方を聞きます。手動モードならコントロールできるのか?とも。そして会長にロボットの弱さを見せつけるといいます。「おれよりあいつが大事?ずっと一緒に暮らしたから」と母親を責めるナム・シン。

そこへチ室長が、「やめろ。お前を守るためにしたことが、お前を傷つけてしまったようだ。気が済むのなら止めない。でも約束しろ。誰かを傷つけることはしないと」「ああ、約束する」。

いや、絶対、約束しないよね??

そして、手動モードの時計をナム・シンⅢへ装着。「俺のオモチャだ。普段どおりに行動しろ」と。

チャンピオン・ジム

ソボンはナム・シンⅢへ連絡すると、今日はそっちに帰れそうにない、と。

「後ろを振り向いて」

って、いるじゃないかー!ソボンを抱きしめるナム・シンⅢ。ソボンの持っていたマイボが邪魔だ、と。

ジムの仲間たちに喜んで迎えられるも、途中で手動モードが発動。男性の腕を締め上げてしまいます。ナム・シンⅢ本人も、何が起きたのか訳が分からないようです。「俺のオモチャだ」というナム・シンの言葉を思い出し、時計に触ろうとしますがアクセスできません。

 

サーバー室

会長がナム・シンⅢをサーバー室に呼び出します。

会社の発展のために、ロボット開発が必要になると思ったこと。メディカーの開発から、AIが完璧に統制する不滅の都市”Mシティー”が自分の夢だと語るのでした。「お前だけが、その夢を実現できる」

ナム・シンⅢの映像を盗み見ているナム・シン。

 

会社内のエレベーター

ナム・シンⅢのことを信用している、というソボンの映像を見て、思い知れというナム・シン。

手動モードになったナム・シンⅢがソボン首を締め始めます。

もとに戻り、自分のしたことに驚くナム・シンⅢ。力の加減が分からないの?とソボンに聞かれますが、ソボンはいつものロボウォッチと違うことにすぐに気づいたようです。さすがソボン。

ナム・シンⅢは、自分が何も出来ないようなるべく離れていてくれ、とソボンに言うのでした。

ソボンはチ室長からナム・シンが手動モードにしたことを話します。ナム・シンⅢはロボットの自分が人間を攻撃したことにショックを受けている、と。

二度とシンにこんなことをさせない、というチ室長に、「あなたもナム・シンと同罪です」と怒るソボン。チ室長はすぐにナム・シンへ連絡します。「エラーだったんだ」と嘘を付くナム・シン。

オ博士の自宅

デヴィッドは、開発資金が会長のお金だとは最初は知らなかったこと。会長と違って本気でナム・シンⅢが好きだとオ博士に言っています。だから君のこともナム・シンⅢのことも守る、と。

会社の屋上

チ室長がナム・シンを会社の屋上へ呼び出します。

そこへナム・シンⅢも登場。というか、ナム・シンⅢがここへ呼び出して欲しいと頼んだのでした。

ソボンを襲ったのは、まだ序の口でこれからまだまだしてもらう、というナム・シン。

「問題は人間同士で解決してください。会長に会長に腹を立ててるなら会長と闘うべきです。僕を利用するのは卑怯だ」と正当なことを言われるナム・シン。

「お前を操るのが楽しいだけだ。大切な物を壊してやるんだ」

まるで子ども……。

自分はナム・シンから何も奪うつもりはない、というナム・シンⅢ。自分は誰も傷つけたくない、どうして欲しいのか?と。

するとナム・シンは自分の前から消えろ!と。ナム・シンⅢは黙ってビルの端へ行くと、人偏を傷つける前に僕は消えます、といってビルから飛び降りようとするのでした。

慌てて手動モードにするナム・シン。「戻ってこい。分かったか?お前には消える自由もない」と勝ち誇るナム・シン。

「そうですね。僕はただの機械ですから。こんな時、人間は無力感を覚えるんですね」

図星過ぎて絶句するナム・シン。そのまま地下の駐車場へ向かいます。

駐車場では、ナム・シンⅢを心配するソボンが。ナム・シンを見つけると即座に殴り、「自分にそっくりな人間が現れて自分の父親を奪ったらどうするかと聞いたわよね」と。ありましたね、14話で。

「あの時は同情した。でも、そんな気持ちは吹っ飛んだわ。あいつを元に戻さないとあなたを殺すわよ」といって去っていくソボン。

納骨堂

ソ専務がナム・シンを呼び出しました。

ナム・シンの父親を会長の指示で病院へ閉じ込め、監視していたのは自分だという専務。そして自殺に偽装したのも会長の指示だ、と。

会長は自分の息子ジョンウ(ナム・シンの父親)と自分(専務)を競わせ、生き残ったのは自分だ。会長は、利益のためならあなたでなくロボットを選ぶであろう、的なことを焚き付けるのでした。

ジョンウは内部告発をしようとして、父親である会長に閉じ込められたようです。会社が自分の命だ、という会長。

歩道橋

ぼんやりしているナム・シンⅢ。ソボンから留守電が入っていることに気づきます。ナム・シンⅢが来るまで泣きながら待っている、と。

ソボンの元へ駆けつけるナム・シンⅢ。しかし、ソボンのすぐ手前で手動モードに。ほんと、性格が悪いぞナム・シン!!

そして車でナム・シンⅢを回収しに来るナム・シン。ナム・シン以外の人間を認識できなくなってしまったようです。くぅううう。

 

PKグループ

会長が専務を呼び出し、シンに何を話したのか問い詰めます。もし父親の真相をもらしたら、死ぬのはお前だ、と。

そこへナム・シンⅢが手動モードでやってきます。腕時計を見て、すぐに「シンではない」という会長。ナム・シンⅢは会長をビルの屋上から突き落とそうとします。それを、ほぅ!と見ているだけの専務。「シンが操縦しているのか」と。

ソボンが止めに入りますが、それでも止めないナム・シンⅢ。ソボンの首を持ち、片手で釣り上げていくナム・シンⅢ。

「お願い。帰ってきて。お願い」

そう言って泣くソボンの涙が、ナム・シンⅢの手に流れたところで思い出します。「泣いたら抱きしめる」そして、ソボンとの記憶を再生。

手動モードが解除され、ゆっくりとソボンを地面におろし抱きしめるナム・シンⅢ。戻ってきてくれた。

「ごめん。遅くなった」と。

うう、ナム・シンⅢは悪くないのに。

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。