韓国ドラマ

韓国ドラマ『キミはロボット』第13話「本当に望むもの」ストーリーと感想

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

『キミはロボット』というドラマのあらすじを読んでみて、面白そうだったので1話ずつ話の流れと私の感想を混ぜ込んで書いていきたいと思います。

ナム・シンⅢが、どんどん人間の感情に近づいているようで嬉しいような、ハラハラするような、切ないような日々です。

 

『キミはロボット』あらすじ

天才ロボット工学博士オ・ローラは韓国へ一時帰国し講演を行なった。講演後、突然夫が亡くなったことを知らされ、しかも自分の息子ナム・シンがさらわれてしまう。

息子をさらった相手は夫の父親。PKグループの会長である義父ナム・ゴンホはナム・シンを後継ぎにすると勝手に決めてしまったのだ。夫も息子もいなくなってしまったローラは息子にそっくりな人工知能ロボット、ナム・シンⅠを作り上げる。

その後、ナム・シンⅡ、ナム・シンⅢを完成させ人工知能ロボットを進化させるローラ。

現在、韓国で暮らす本物のナム・シンは好き放題やっており、挙げ句に突然会社を去るといいだす。母を捜しにチェコに向かったシンと、偶然出会うナム・シンⅢ。果たして彼らの運命はどうなるのか?

 

公式ホームページ

 

『キミはロボット』全18話のタイトル

各話のタイトルをクリックしていただくと、話の流れ&感想を書いた記事へジャンプします。

第1話 AIナム・シンの誕生
第2話 死んだはずの男
第3話 炎の中のヒーロー
第4話 形見のネックレス
第5話 秘密の共犯者
第6話 証明のキス
第7話 嘘にまみれた中で
第8話 子分の解散
第9話 君は君のままで
第10話 初めての友達
第11話 最大のピンチ
第12話 ロボットへの嫉妬
第13話 本当に望むもの
第14話 会長の目的
第15話 操り人形
第16話 涙の温度
第17話 君だけのロボット
第18話 2人の息子

 

登場人物

ナム・シン PKグループ御曹司。チェコで交通事故に遭い、意識不明だったが目を覚ます。
オ・ローラ ナム・シンの母親。ロボット工学博士。実の息子が目を覚まし、ナム・シンⅢとの関係性に悩んでいる。
ナム・シンⅢ オ・ローラが自分の息子そっくりに作った人工知能ロボット。カン・ソボンが好き。
ナム・ジョンウ ローラの夫。シンの父親。
デービッド ナム・シンⅢのこともすべて知っているローラの知人?詳しくは、不明。
ナム・ゴンホ PKグループ会長。息子とローラの結婚を認めていなかったが息子ネム・ジョンウの急逝によりナム・シンを後継者とすべく母親から引き離した。
ナム・ホヨン PKグループ会長の娘。ナム・シンの叔母。
ノ・ヒドン 会長の娘ホヨンの子供。7歳の男の子。心臓病を患っている。
ソ・ジョンギル PKグループ専務
ソ・イェナ 専務の娘であり、キム・シンの婚約者
チ・ヨンフン ナム・シンの秘書
カン・ソボン PKグループの元SP。ナム・シンⅢが好き。
チョ記者 カン・ソボンの親友。

 

秘書役のイ・ジュニョクさん、どこかで見たんだけど、どこかで、えーっと。そんなに韓国ドラマや映画見ているわけじゃないけど、どこかで……

ぁぁああああ。そうだ、そうだった。『神と共に』。なぜ、こんなにも人の顔が覚えられないのか私。

 

第13話『本当に望むもの』話の流れ&感想

車の中

ナム・シンⅢが本物のナム・シンの要望で、オ博士(ナム・シンとナム・シンⅢの生みの親)に会ったことを聞くソボン。

ナム・シンが「どっちの息子が大事か」と聞かせたのはナム・シンⅢを傷つけオ博士を困らせるためだと言うソボン。

「僕のことは気にするなと母さんに伝えたよ」と。「大丈夫?」とソボンに聞かれ「君がいるからね」と答えるナム・シンⅢ。可愛い。

ナム・シンの隠れ家

カン・ソボンにボディーガードを頼んだことに嫉妬してるナム・シンの婚約者・イェナ。

そこへ、ナム・シンⅢと会っていたオ博士が帰ってきます。「誰かと約束があったのか?」と聞くナム・シンに「散歩へ行っていただけだ」と答えるオ博士。

嘘つきな母親だと心のなかで怒るナム・シンは婚約者イェナの父親であるソ専務を呼び出すことに。

翌日、ソ専務と会うナム・シン。自分がソ専務の手先に殺されそうになったことを知っているといいますが、あくまでもとぼけるソ専務。

しかし、イェナがすべてを調べてくれた、と。「イェナは俺のためならなんでもしますから」と。

でも、そこで黙ってるソ専務ではありません。ナム・シンⅢが、いかにナム・シンの代わりに評価されているか。その代わりを務めるのは大変そうだ、と焚き付けて去るのでした。

ソ専務が来ていたことに驚くオ博士。自分にあうためにチェコへ来て事故にあった息子を助けたい、と言いますが。ナム・シンは、チェコへ行ったのは母親に会いに行ったわけではない。あいつ(ナム・シンⅢ)を見て、旅の目的も忘れた、と。後悔している、知らなきゃよかった、とまで言うのでした。

こじれてるなぁ。

PKグループ

シンの父親の死について、シンが気づいたようだというソ専務。

けれど、シンの父親の真相は会長と自分の秘密だから何を調べられても心配ない、というソ専務。脅してますね。

「私は会長の操り人形にすぎませんから」

その割には、ずいぶん好き勝手にやっているけど??

メディカー打ち合わせ

ナム・シンⅢがメディカー開発メンバーたちに、翻訳とまとめまで相当な量の資料をメールに添付して送ってきました。

先日の”ナム・シンは実はロボット?疑惑”について話しているメディカー開発部の社員たち。

そこへナム・シンⅢが現れます。ちょっと疑惑の目で見られています。

打ち合わせが終了し、全員でランチへ行くことに。

ちょうど出社してきたオ博士も合流することになりました。ランチへ遅れてきたナム・シンⅢは母親に頭痛薬を渡すとチームメンバーから互いを思いやる素敵な親子だと褒められます。

またチームメンバーからは、昔の本部長(ナム・シン)とは変わったこと。昔のような態度に戻らないでほしい、と言われます。人間は変わるし、変わったしてもオ博士の指示に従えば問題ないから、と言って約束があるからと去っていくのでした。

本物のナム・シンが戻ってくることを十分分かっているナム・シンⅢ。優しすぎる。

レストラン「うまい」

会長に呼び出されたチ室長。いつシンに会長の座を譲るべきか相談されて驚きます。

そこへナム・シンが登場。会長は、すぐにでも会長の座を譲るというのでした。

ナム・シンとチ室長を置いて部屋を出た会長。ナム・シンの腕に時計がなかったことを思い出します。「まさか、あいつか?」

あいつ、とはナム・シン本人のことですね。

チ室長と残されたナム・シン。ぐいぐいお酒を飲んでいます。そして、チ室長も腕時計がないことで本人だと気づきました。

戻ってきた会長はナム・シンと2人きりで話をしたい、と切り出します。

そして欲しいものは何かとナム・シンに問う会長。

「俺はPKグループが欲しい。小分けにして売り飛ばす」と。すぐに「冗談だ」と言いますが、渋い顔の会長。

店を出てくると、そこは日本のお城のような建物だったことが分かります。のれんには「うまい」の文字。このお店、本当にあるのかしら?!

会長を見送ると、シンとチ室長が2人で話をします。みんな、シンを守るために必死で戦ってきた、と。しかしシンは「俺が会長になりたいと言ったことがあったか?本当は自分が権力を手に入れるためじゃないのか?」と。

「やめろ」と、つい大声を出すチ室長。あらゆる手を使って、お前を守ってきたのにロボット以下のたわ言など聞きたくない、と反論。

言い過ぎたと思い「悪かった」とあやまるチ室長。室長は悪くないのに!!

店を出たナム・シンが歩いていると、自分の前にソボンが歩いているのに気づきました。近づこうとすると、前からナム・シンⅢの姿が。

会長と会うから、とナム・シンⅢを車の中で待機させていたようなのです。しかし、ソボンに近づくのを感知したから車から出てソボンのところへ行こうとしていたナム・シンⅢ。

それを見てしまう婚約者のイェナ。ソボンをSPから外すようナム・シンへ言うのでした。

ナム・シンの自宅

ナム・シンとの会話を思い出しているソ室長。

いつの間にか、ナム・シンⅢが横にいることに気づき驚きます。

「いつここに?」「3分47秒前です」

思わず笑ってしまうチ室長は「正確ですね」と。

「シンと入れ替わりましたね」「どこまで頼みを聞くべきですか?悪いことを命令されても、彼のためならすべきですか?」と真っ直ぐな瞳で聞いてくるナム・シンⅢ。

「いいえ。どんな立場でも悪いことは悪いことです。あなたが悪いことだと思うならシンのためにも拒否を」と即答するチ室長。

「信じてくれて感謝します」と。

会長に「お前が欲しいものはなんだ?」と聞かれるナム・シンⅢ。

「ありません」

「もともとお前は欲のない男だからな」

「違います。欲しがるのは手に入れる力のない証拠。僕は知識も体力も情報力も備えてます」

「その気になれば手に入るからあえて望まないということか」

「要らない物に力は使いません」

バッサリ。今まで、会長があらゆる手を尽くして手に入れてきたものをバッサリ。

でも、会長はナム・シンⅢが本当の孫だったら、と思い始めているようです。

チャンピオン・ジム

ソボンは実家でSPを首になったことを思い出して悲しそうな顔をしています。

ナム・シンを守るために、みんな頑張ってるのに、頑張った相手がああじゃ、報われませんよねぇ…。なまじナム・シンⅢと同じ顔だけにムカつくわー。って、いや、そもそもナム・シンⅢはナム・シンの身代わりなんですけども。

酔っ払ってリングの上で寝ている父親に毛布をかけてあげるソボン。でも、お父さんは狸寝入り?していたようです。

こんなときだけ優しくする親不孝者め、的なことを言われるソボン。

でも、ナム・シンⅢへの想いを押さえきれない娘から味方になってほしい、と涙ながらに言われ「(交際を)止めもしないが、応援もしない。その代わり、自分が傷つくようなマネだけはするな。お前を傷つけたら、この手であいつを壊してやる」と泣きながら抱きしめるのでした。

会長の家

会長に呼び出されたチ室長。

会長は、自分のいなくなったあとの会社が心配なようです。

「お前が信用しているのは、どちらのシンだ。昔のシンか、今のシンか」と。そして、トップにふさわしいのは、誰だ?と。チ室長ではないのか、と。

「自信も意欲もあります。でも実現しようとは思いません。会長と違うからです。欲を満たすために息子や孫さえも遠ざけ、すべての人間を疑う。それが幸せですか?僕には会長がとても不幸に見えます。そうなりたくない」

バッサリ。またもバッサリ斬られてます。

「孤独に生きてきたシンを傷つけたくもありません。誰かに出し抜かれるかと会長は常に不安でしかたないでしょう?そんな孤独な生き方は嫌なんです」

ダメ押し。バッサリのダメ押し。

「シンと会長を支え幸せに暮らします」

これには「愚か者め」と苦笑いするしかない会長。

一礼して去ろうとする室長に「あいつはどういう存在だ?」と会長がききます。「シンそっくりのロボットだ」

必死に守ってきた秘密を、あっさり会長に口にされちゃうチ室長。

 

ナム・シンの隠れ家

ソボンがSPをを辞めさせられたことに納得がいかないナム・シンⅢ。

口論となり、工具でナム・シンに殴りかかられます。中の機械が見えてしまうナム・シンⅢ。それでもソボンに心配をかけないよう、微笑むのでした。

 

ナム・シンⅢはロボットだから痛くはないんだろうけれど、見てる人間からするとめっちゃ痛々しいです……どうなるんだろう、人間ナム・シン。誰にも認めてもらえない、この状況。

 

 

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。