アニメ

アニメ『魔道祖師』羨雲編 第7話「不夜天の悲劇」ネタバレ感想

前々から気になっていた、金子軒と江厭離はどうして亡くなってしまったのだろう?と。

それが一気に解明されていきます。ううう。

 

 

公式ホームページ、公式ツイッター

 

 

どこで見られるのか?

Amazonプライム・ビデオのほかには、TOKYO MX、BS11、WOWWOW、ABEMAなどなど

オリジナル版と放送版があるらしい

 

 

個人的に、この情報を頭に入れたいと思います

相関図など

公式ホームページにはPDF版のスターターブックも用意されていました。

用語

自分が今まで見ていて分からなかった用語をまとめました。あくまで、個人調べなので間違っているかもしれません。五十音順です。

献舍(けんしゃ) 血で陣を描き、自分の命と引き換えに邪神などを再び世に復活させる禁術。それによって召喚された者は、召喚者の願いを叶えないと呪いに身体を蝕まれて転生できない。魏無羨は、莫玄羽によって献舎で蘇った。
五大世家(ごだいせいか) 仙門のなかでも優れている5つの仙門
・雲夢江氏(うんむジャンし)
・姑蘇藍氏(こそランし)
・蘭陵金氏(らんりょうジンし)
・清河聶氏(せいがニエし)
・岐山温氏(きざんウェンし)
邪祟(じゃすい) 妖魔のこと??
紫電(しでん) 江澄のムチ。奪舎した者を紫電で打つと魂を取り出せる。江澄は母親から譲り受けた。
仙門(せんもん) 妖魔などを退治する仙師(せんし)たちが属する。仙師たちは、それぞれ属する仙門があるらしい。
縛仙網(ばくせんもう) 人や妖魔を捕まえられる網らしい。お値段が高いらしい。
抹額(まっこう) 姑蘇藍氏の仙師たちが額にまいている細い鉢巻。
問霊(もんれい) 琴で屍から生前に抱いていた恨みなどを聞き出すらしい。藍忘機の技量は群を抜いているらしい。
夜狩り(よかり) 妖魔は夜に出ることが多いことから、そう呼ばれるらしい。
乱葬崗(らんそうこう) 夷陵にある無縁墓地

 

 

五大世家(ごだいせいか)

ホームグラウンド 家  紋
雲夢江氏(うんむジャンし) 雲夢・蓮花塢 蓮の花
姑蘇藍氏(こそランし) 姑蘇・雲深不知処 雲紋
蘭陵金氏(らんりょうジンし) 蘭陵・金麟台 牡丹・金星雪浪
清河聶氏(せいがニエし) 清河・不浄世 獣頭
岐山温氏(きざんウェンし) 岐山・不夜天 太陽

 

 

『魔道祖師』前塵編について

アニメ『魔道祖師』第1話「禁断の召喚」
アニメ『魔道祖師』第2話「運命の再会」
アニメ『魔道祖師』第3話「出逢い」
アニメ『魔道祖師』第4話「不穏な湖」
アニメ『魔道祖師』第5話「邪の道」
アニメ『魔道祖師』第6話「帰着」
アニメ『魔道祖師』第7話「清談会の競い」
アニメ『魔道祖師』第8話「温氏君臨」
アニメ『魔道祖師』第9話「同舟の二人」
アニメ『魔道祖師』第10話「双傑の約束」
アニメ『魔道祖師』第11話「悲しき別れ」
アニメ『魔道祖師』第12話「温家の姉弟」
アニメ『魔道祖師』第13話「死地へ」
アニメ『魔道祖師』第14話「闇に響く笛の音」
アニメ『魔道祖師』第15話「老祖誕生」

 

『魔道祖師』羨雲編について

アニメ『魔道祖師』羨雲編 第1話「連携」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第2話「呪いの印」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第3話「人食い石堂」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第4話「忘れ形見」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第5話「不退転の覚悟」ネタバレ感想
アニメ『魔道祖師』羨雲編 第6話「進むべき道」ネタバレ感想

 

中国ドラマ『陳情令』について

ついに手を出してしまいました…ネタバレ感想、どこまで書けるか分かりませんが、まずは中国ドラマ『陳情令』第1話「目覚め」ネタバレとか用語とか感想とかを書きました。

 

羨雲編 第7話あらすじ

 

羨雲編 第7話の登場人物

魏無羨(ウェイ・ウーシエン) 江氏前宗主・江楓眠の旧友の子供で、息子同然に扱われていた。死んだはずだったが莫玄羽によって魂が蘇り、体は莫玄羽になっている。
江澄(ジャン・チョン) 江氏宗主。江氏前宗主・江楓眠と虞紫鴛の息子。魏無羨とは義兄弟。
江厭離(ジャン・イエンリー) 江澄の姉。金凌の母親。
藍忘機(ラン・ワンジー) 藍啓仁(ラン・チーレン)の自慢の弟子。兄と共に藍氏双璧と呼ばれている。藍湛(ラン・ジャン)、またの名を含光君(がんこうくん)。琴が武器。
藍曦臣(ラン・シーチェン) 藍忘機の兄。
金光善(ジン・グアンシャン) 金氏の前宗主。金子軒、金光瑤、莫玄羽の父でもある。
金光瑤 (ジン・グアンヤオ) 金氏の宗主。聶明玦、藍曦臣とは義兄弟の仲。「三尊」と呼ばれる。
金子軒(ジン・ズーシュエン) 蘭陵金氏の前宗主・金光善の嫡男。魏無羨を”献舎の術”で蘇らせた莫玄羽とは異母兄弟。
金子勲(ジン・ズーシュン) 金子軒の従兄弟。
聶懐桑(ニエ・ホワイサン) 聶氏宗主。人呼んで”知らぬ存ぜぬ”。決断力がないようです。

 

 

羨雲編 第7話「不夜天の悲劇」の流れ

窮奇道(きゅうきどう)

江厭離と金子軒の息子が誕生一月(ひとつき)を迎え、その宴に招かれた魏無羨。

温寧と一緒に向かっていると、金子勲が率いる蘭陵金氏に襲われてしまいます。

持っていた陰虎符が、いつの間にか怨念を吸っていたため温寧の動きが制御できず温寧は金子軒を殺してしまいました。

 

「阿離が…お前を…ずっと待っている」そう言って倒れる金子軒。

魏無羨も気を失って倒れてしまいます。

洞窟

長老でしょうか、魏の若様の容態は?と聞く声がします。温情は衝撃で意識が朦朧としている、と答えました。

(自信を持っていただろう、全部制御できるって思ってた。何も問題はない、決して間違いは起きないって)と思いながら起き上がる魏無羨。温寧が「若様、目が覚め…」と声を掛けたところを殴りかかります。

「誰を殺したのか、温寧お前分かっているのか!誰を殺してもいい、でもなんで金子軒なんだ!奴を殺したら姉さんはどうなる!姉さんの息子(金凌)はどうなるんだ!俺はどうすればいい!!一体どうすれば…」

跪き謝る温寧「す、すみません、お詫びします。僕が悪かった…」

泣き笑いする魏無羨。

「阿羨、もうすぐ私嫁ぐの。花嫁衣装よ!」そう言って、くるくる回ってみせる姉の姿。

 

「金如蘭(ジン・ルーラン)、いい字(あざな)ね」と子供と夫と微笑む姉の姿。

「教えてくれよ、俺は一体どうすればいいんだ」

温情は「方法なら、あるわよ」というと、魏無羨に鍼をうちました。あれですかね、江澄の動きを止めたことがありましたが(前塵編 第12話)、あんな感じでしょうか。

「これから3日間、ここで大人しくしてて。長老たちが面倒を見る」「一体、どうするつもりだ?何をしようっていうんだ」

 

魏無羨が気を失っている間に、蘭陵金氏の使いが来て鬼将軍(温寧)を含む温氏残党の頭領2人を差し出せば千瘡百孔(せんそうひゃっこう)と窮奇道(きゅうきどう)の件は不問に付すと言ったんだそうです。

温寧と姉は話し合い、金隣台ヘ行って謝罪をすると決めたようです。

 

金子勳(ジン・ズーチェン)がかけられた千瘡百孔(せんそうひゃっこう)というのは、

初めはなんともないけれど、痛みを感じ始めると頭を除く全身に丸い痣ができて腸(はらわた)が腐って死ぬ残酷な呪い、だと羨雲編 第2話で説明がありましたね。

そして呪われた者の体は腐らず、痣が残るんですって。ただし、呪いをかけた人がその術を解くor死ねば別なんだとか。

魏無羨は、自分は金子勳に呪いをかけていないし、呪いをかければ痕跡が残るから自分ではないということのようです。

しかし温情は「誰が(呪いを)かけたかは重要じゃない。重要なのは阿寧が窮奇道で大勢の人と金子軒を殺したということ」「温寧は俺の手中にある刀。手を下したのは俺だ。謝罪するなら俺が行くべきだ」「温寧は一本の刀よ。仙門が恐れ、そしてあなたの弱みでもある刀。その刀がなければ彼らの口実も無くなりこの件は終わるはず」

「なんでこうなる……こんなはずじゃ」という魏無羨に「悔やまなくていい。あなたのおかげで、私達はここまで生き延びられた」「そうじゃない!」という魏無羨にデコピンする温情。

「そろそろ行くわ。これでお別れね」「待てよ!」「あなたに伝えてなかった言葉がある。今日この場で伝えておかないとこの先その機会もなくなる。ごめんね、そして…ありがとう」

そして去っていく2人。

魏無羨は、なんとか鍼を抜き彼らを追いかけようとします。町では鬼将軍と温情がお尋ね者として手配されているようです。

 

岐山 不夜天

岐山温氏の本拠地だった不夜天(ふやてん)に、蘭陵金氏、清河聶氏、姑蘇藍氏、そして雲夢江氏の人たちが集まっています。

金光善(ジン・グアンシャン)の「我らは仙門百家を率い、ここに捧ぐ。一族や仙門の隔てはない。一献!命を落とした英雄たちよ」と掛け声をかけると

清河聶氏の宗主・聶明玦「魂が永久に」

姑蘇藍氏の宗主・藍曦臣「安息を得られるよう」

全員で「今、ここに捧ぐ!」

そして金光善は、今夜は英霊を祀るだけでないと話し始めます。

数日前に仙門の師弟多数、そして自分の息子・金子軒が窮奇道で殺されたこと。殺したのは魏無羨と温氏の残党であり、鬼将軍・温寧は自分たちが捕らえたこと(というか、自首してきたところを捕まえちゃっただけなんでしょ。ぷんぷん)。

温氏の残党である温情は火炙りにされたようで、その灰をぶちまける金光善。

温情も温寧も、もう殺されることを覚悟した上で魏無羨に話をしてましたものね…残念ながら、それが当たってしまった……。

それを見て「姉上」とうなだれる温寧。

「今、灰となって散ったのは温氏残党の頭領である。そして明日は残った温氏の犬どもの番だ。それと、夷陵老祖・魏無羨だ!」という金光善の言葉に驚く江澄と藍忘機。

「邪を討つぞ!すべて滅ぼせ!」と声を上げる仙門の人たち。藍忘機が金光善の前に進み出て、「宗主がた、私が思うにこの件は…」と言いかけたところで魏無羨登場。

「へっ。さすがは正義の名門。威勢よく、邪を討って滅ぼせ、とはな。仙門の宗主ともあろうものが、約束を守らないつもりか?」

「魏無羨、よくも来られたものだな!」という金光善に「俺が怯むと思うか?金光善、温氏の姉弟が謝罪すれば不問に付す、そう言っていたのに乱葬崗の何の罪もない人たちまで殺そうというわけか!」「罪のない?窮奇道にいた多くの仙師たちこそ何の罪もない!」「では尋ねるが、窮奇道で俺たちの行く手を阻み殺そうとしたのは誰だ!先に仕掛けようとしたのは、どこのどいつだ!」そうだ、そうだ、金子勳(ジン・ズーチェン)がいけないんだぞ!

「なんだと、言いがかりはやめろ。我らに非があるというのか。あくどいやつだ、新たな仙門の開祖になれる人物だと尊敬していたのに、とんでもない、あいつは邪悪な存在だ!」と吠える金光善。

「いいだろう……残った温情の一族を苦しめなければ責めは俺が全部負ってやる。ただし、千瘡百孔(せんそうひゃっこう)の真相は必ず明らかにする」

すると突然爆発が起こり、鬼将軍が暴れだしたぞ!という声がします。

しかし、実際の鬼将軍は、自分を封じ込めていた御札が取れてただ地面に座っていただけでした。

鬼将軍に斬りかかる聶明玦、「陣を敷け、鬼将軍を生きてここから逃がすな!」と命じる金光善。上空に赤い陣が敷かれます。

その頃、魏無羨の胸元に入っていた陰虎符に大量の怨念が流れ込んでいました。頭を押さえる魏無羨。

温氏の屍が一斉に仙門の人たちへ襲いかかります。

「魏無羨、何を錯乱している!」という江澄。

魏無羨が笛を吹こうとすると「魏嬰、手を引け」と藍忘機が言います。「藍湛、お前は知ってるはずだ。俺に精神論(??)は効かない。聞いたところで無駄だ。さっさとここを立ち去るがいい」

なんとか力づくで止めようとする藍忘機と、逃げる魏無羨。「いいだろう、いつかこうしてお前と殺し合う日が来ると思っていた」「魏嬰!」「容赦はしない、恨むな!」「止めるんだ!常軌を逸してるぞ!」「俺のことを最初から気に食わなかったはずだ!」

そこへ「阿羨!」という声が聞こえます。

「姉上!姉上、どこにいる。どこにいるんだ!」と叫ぶ江澄。

戦いの最中、「阿羨!」と何度も呼ぶ姉上。魏無羨は「おいどけ!お前ら姉さんに触れるんじゃない!」といって助けに行こうとする魏無羨。

しかし誰かに斬られてしまう姉上。

「魏無羨、お前(屍を)制御できるって言ってたよな!」という江澄。まだ姉が斬られたことに気づいてないのかな。

「魏嬰、屍を止めろ!」と叫ぶ藍忘機。

魏無羨は倒れた姉を抱き起こすと、姉からは血が流れ出ていました。

「阿羨」「姉さん、ここにいる」「阿羨、あんまり早く居なくなるから。一目顔を見ることも出来なかった」

これは、姉上が夫・金子軒の棺の前に座っていたときの話かしら?魏無羨も行ったけれど、声がかけられずすぐ立ち去ったシーンがチョロっとありました。

「やめろ姉さん、もう喋るな。一緒にすぐここを離れよう」「それよりも先に戦いをやめさせて。これ以上、もう誰も…」「ああ、分かった。止めさせるよ」そういって笛で屍を停止される魏無羨。

「姉さん、止めさせたよ!」

姉上は魏無羨の頬に手をあてて「ええ、いい子だわ。あ!危ない!」そう言って最後の力をふりしぼり魏無羨を突き飛ばします。

だれかの刀が姉上の身体を貫きます。

「金の若様は素敵。でも私が求めるのは心が通じ合う人。互いを愛おしみ、添い遂げられる人」という姉上の姿を思い出す魏無羨。前塵編 第6話ですね。

「阿羨は弟です。弟を辱められて黙ってはいられません」と庇ってくれた姉上を思い出す魏無羨。羨雲編 第4話ですね。

倒れる姉上。

その姿を見て悲しみのあまり、すっかり鬼道パワー全開になってしまった魏無羨。

現在

「魏嬰、魏嬰」と呼びかける藍忘機。

魏無羨が目を覚ますと、藍忘機が「悪詛痕(あくそこん)は厄介だ。完全に消すには金凌が遭遇した邪物を探さないと。今は体が弱っている。まず先に食事を取れ」と。

「ああ、ありがとう」そして藍忘機の手に清心鈴(せいしんのすず)が握られていることに気づく魏無羨。藍忘機は夷陵の麓で拾ったので返そうと思っていたのだと答えます。

前塵編 第13話で、魏無羨が温晁(ウェン・チャオ)に捕らえられたしまったときに落とした鈴ですね。そうだった、藍忘機があとで拾ってたんでした。

って、そのときに回想シーンで、蓮花塢で姉上から鈴をもらう魏無羨を見ている藍忘機が出てきたんですよね。はて、そんなシーンあったっけな。前にも鈴を拾ってあげたことあったんだっけ???

「へへへ。含光君は、やっぱり善人だな。俺が失くしたものを見つけてくれる。この鈴は含光君が持っててくれ。お礼の印にさ、食おう」という魏無羨。

「あれ?藍湛、精進料理しかないぞ?!」「弱っているからな。辛いものと酒はだめ」「(くんくん料理のにおいをかぎ)ああ、そうだな。お前の言う通りだよ。藍湛、大梵山で俺だと気づいてたのか?」「うん」

って、この会話で、ようやく外見は莫玄羽なのに中身は魏無羨であると藍忘機が気づいていたと魏無羨が分かるシーンだったことが分かりました。って、私の文章が分かりにくい。

いままで、藍忘機は一度も魏無羨のことを莫玄羽とも、魏無羨とも呼びませんでしたよね。それが前回、悪詛痕で具合が悪くなってしまった魏無羨を見つけた藍忘機が「魏嬰!」って呼びながら来たんでした。

そして、今も「魏嬰」って言いながら起こした、と。だから、実は自分が魏無羨であると藍忘機にはバレていたんだな、って自覚したんですね魏無羨が。

「なんで分かった。俺が温寧を召喚したから?あ。温寧は?」「(自分が廃屋へ)着いたときには、お前だけだった」「悪詛痕がうずいたときに、色んな夢を見た」「悪詛痕は幻想を見せる。気に病むことはない」「気にしてない。どんなに悔やんだとしても過去の過ちは消えないし、死んだ人も蘇らない。前世の因縁は死んで断ち切った。生き返ったことだし、前を向くさ」

「確か言っていたな、不夜天の幻想で何かがうっすら見えたと」「幻覚だろう。あのときは朦朧としてた」「幻覚で、なかったとしたら?」「あっ…」

食事の豆で、あの不夜天での夜に見えた陣を机の上に再現してみせる魏無羨。

「一種の不完全な陣のようだな」「召陰陣。なぜ現れたんだ?」「お前はこう言っていた。怨念を吸いすぎた陰虎符が人を惑わすのだと」「ああ、でも陰虎符は封印の陣で浄化してた。十分に怨念は吸えないはずだ」

「封印の陣の破り方を私以外に知っている者は?」「温情と長老たち、江澄が。それがどうした?」「あの年、仙門百家が攻めたあと乱葬崗に足を運んだ」「陣に古い血の跡があった?」「ごく僅かで、分かりづらかったが」「彼らがやるわけがない!」「彼らなら、お前の血を簡単に手に入れられる」「ありえない。それに僅かな血痕なら陰虎符が吸う怨念の量も少ないはずだ。俺が不夜天へ行くまでの数ヶ月で吸いすぎるなんてありえない」

しかし、何かに気づいたような魏無羨。

「そう、召陰陣だ。乱葬崗の怨念と、怨念を呼ぶ召陰陣があればいくらお前の効力が強くても陰虎符に影響されて理性を失う」「つまり窮奇道や不夜天での殺戮、金子軒、それから姉さんの死も」「決してお前が制御できなかった訳ではない。誰かが故意に仕掛けた罠だ」

すると、何かが吠えるような声がしてロウソクの火が消えました。

「誰だ!」という魏無羨。

 

ああ。そうだったのか。金子軒と姉上の死は、誰かに仕組まれたことだったんですね。一体、魏無羨と同じぐらい鬼道に詳しいのは一体誰だったのか??

蓮花塢

エンディング曲のあとに続きがあるのを知ったのは、このツイートでした。

ん??このシーン見覚えないけど??となりまして。それでエンディング曲のあとに続きがあったのか!と。実は羨雲編4話と6話にもあったようなんです。ひー。

恐らく、サンザシ飴を食べている魏無羨。

姉上は「羨羨、あなたはいくつ?」と聞くと「3歳だよ」と言って姉上を笑わせる魏無羨。

「そんなに大きくない。1歳だわ」と魏無羨のほっぺを突っつく姉上。

湖面には花嫁道具を載せた舟が通っていきます。

「姉さん、嫁ぐときにはこーーーんな大きな船で俺が盛大に送り出すから。もし夫にいじめられた時は、俺がボコボコに殴り返す。姉さんに沢山子供が生まれたら俺が遊びに連れてって、蓮花塢で雉をつかまえる!」と言って、またも姉を笑わせる魏無羨。

そこへ江澄がやってきて魏無羨を突き飛ばし「お前がいると甥や姪によくない!」と言われてしまいます。

「大丈夫だよ」「2人とも先走りすぎよ」と笑う姉上。

うっ。切ない。

 

ドラマ『陳情令』を見終わったら原作を読もうかなぁ。

そして今日もエンディング曲をリピートしているのでした。

ABOUT ME
うさかめ
私が実際に見たり、行ったり、食べたりして良かった!おすすめしたい!というものを紹介していくブログです。